資金繰りの最近のブログ記事


 お彼岸です。朝から先祖の墓と母方の祖母ちゃんの兄弟の墓参りに行かせてもらいました。なんとも暖かく、若干伸びてきた草取りに春を感じる。朝から市営霊園は車で大混雑だ。

この10日間で妹の第一子の誕生と私のいっこ上の親戚の通夜と葬式、その亡くなった親戚の妹の挙式と・・・・
人生で一番感情の起伏が激しい時を過ごした。

妹の挙式の前日に亡くなってしまった兄貴の葬式がこの木金で執り行われた。どういった感覚で弔問すればよいのか。奥さんと中学生になる息子と小学生の女の子を置いて天国へ旅立った。

朝まで呑んで酔っ払ってホームから落ちてしまったところに回送電車が入ってきてしまった。体はボロボロだ。

41年間自分を支えてきた両足は無い。  なんとも痛々しく、残念だ。 こういった朝まで呑んでしまう習慣は前々からあったらしい。

連絡を取り合う中ではなかったけれど、自宅のアルバムを見るとこいつと二人で写っている幼少期の写真の量に驚かされる。

息子さんと娘さんは気丈であり、泣くことはなかった。


正直、亡くなった男の母親を自分自身が遠ざけていた感はある。気が強く思ったことをズケズケとモノ言う性格は私の母親も嫌いだった。それと同時に私も嫌いになり、母親が病気で死んだのもこの女のせいだと考えていた。

蛇年のてんびん座である私は執念深く、時としてその天秤が完全にバランスを崩す時がある。

3月9日に亡くなり、その日の朝は亡くなった男の母親への憎しみで目が覚めた。なんでだろうか?

朝っぱらからこの人の顔が頭に浮かぶ。

いつだったろうか、実家に帰るとこの人が遊びに来ていて、間一髪私に「ごめんなさい、あなたが食べるようなものは何もないの」との一言に完全に怒りが頂点に達した。

自分の弟の息子である俺にそんなことを言うか?

そんなつもりはなかったのだと信じたいが、その言葉に俺は完全にブちぎれた。

私がかなり神経質になりすぎていた感があったのかも。 その数時間後に叔母から電話が入り、息子さんの死を知る。 息子である男が水に流してくれと最後のお願いに来てくれたことにしてしまおう。

もういい。 くだらない拘りは身を縮めるだけだ。 嫌いな親戚については会わなければ会わないほどに蟠りが生まれる。微妙に冠婚葬祭だけ付き合うならば、すべて付き合うか又は完全に断ち切ることだ。

微妙なポジションが身を亡ぼす。

亡くなった男の実家に二泊させてもらった。手厚いもてなしを受けた、もうそれでいいと思った。
私の母親も天国で許してくれている。

正直、母方の親戚としか付き合ってこなかった。それは間違いだと今、気づく。知る。感じる。


一生付き合うのならば、やはり定期的に合わないとバランスが崩れる。それも四十にして初めて知る。

遅すぎたか、恥ずかしながら人の絆と温もりを知った二日間だった。

人生観がこうやって変わった。残念なのはあいつがもうこの世にいないことだ。 

今日はこの辺で

代表取締役 野呂一哉


 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 

知人の紹介で千葉市内で飲食店を3店ほど経営している経営者の方とお会いした。7年前に脱サラで日本蕎麦屋をオープンさせた方だ。日本蕎麦屋と言っても蕎麦やカツ丼、鍋焼きうどんなどメニューが豊富にある昭和の日本蕎麦屋ではなくザルそばを自分の好みと量で食せるランチと飲んだ後のお客さんをメインとしたお店だ。

一店舗目はビギナーズラックか、毎日適度にお客さんが入り商売繁盛、徐々に資金繰りが楽になっていき更なる広告宣伝に経費を使えるようになっていった。売り上げの維持も申し分ない。2店舗目の出店を考えたのはお子さんが生まれるタイミング、誰だって子供のためにがんばろうと考える。金融機関は一店舗目の経営が安定していることから二つ返事で融資を承認した。

二店舗目はどちらかと言えば洋風蕎麦屋さん、女性中心に来店してもらいたいという奥様の考案で夜でもお酒と蕎麦をアレンジしたおつまみを出して好調の道に乗った。ここまで聞くと申し分ないのだが、問題はこの先。

2店舗目の綺麗なお店で披露宴をあげて、友人知人、関係者に祝福されてここまでのスタートには申し分ない。誰もがうまくいくと思った。

この社長が次に抱いた野望、それはお店の宣伝もあるのだが自分をタレント化することだった。事業とカネが手に入ると人間は最後に名誉が欲しくなる。

テレビ出演やSNSでのお店の宣伝目的なのだが、いつのまにかお店の事は後回し、店舗の拡大とタレント化を目指した先にあったものは従業員から見放された何もできないオーナーさんだった。


それに痛感して私のところへやってきたのだが、さてどうなるだろうか。


タレント化を目指そうとする気持ちは決して否定できない。事業と金を手に入れた人間は絶対にそこを目指す。俺が選んでやってきた道って間違いないよね?っと世間に確認するための作業だ。私だって同様。手に入れたものを失うのは怖いのだ。恐怖です。

私だって自分で経営を始めてから半年ぐらいは大好きなたばこ一箱買えない時があった、誰だって怖いし、ファミレスで大騒ぎしている若者を見て、今の俺はこいつらより金が無いのだと涙が出たときだってある。

カネが無い時を知っているからこそ、カネを得ようとするとそこで満足してしまうというか・・・・・外壁のペンキが剥げたから持っているペンキで塗りたくって綺麗に見せようという気持ちは普通であるが、それを塗るのは誰なんだい? これを考えたことがあるかどうかです。

塗るのはあなた自身であり、従業員ではない、カネを払った先の外壁塗装屋でもない。ここのところのワビサビ、にほいとずれなんだと私は考える。

にほいとずれがわからない方は必死にネット検索してください、わかるかも笑


中堅大手になろうが大手になろうが、会社を引っ張りあげるのは社長。社長は苦手なことをやらないほうが会社はうまくいく?それは経営ではない、社長ごっこだ。

本物のBOSSは従業員を引っ張る、偽物BOSSは一番最後尾から的外れな指示を出す。これ意外と当たっている。


経営って難しいけど社長がその気になればやれるんだよね。だけど義務教育で会社の経営を教えていないので、皆が皆、社会人になってから経営を学ぶ。


私が今、日本全国の義務教育の非常勤講師になれるとしたら何を小中学生に教えるか?


自分の素手で会社のトイレを毎朝洗うことのノウハウを教える。

今日はこの辺で。


代表取締役 野呂一哉



ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

「借金の返済ができず、経営が厳しい」

 

 

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

おはようございます。さわやかな朝ですね。今日は茨城県の支援先の訪問に伺います。


弊社にご相談に来られた大半の中小企業の経営者様は、
自社の資金繰りが悪化している状況を刻々とお話されます。


実際に財務収支の箇所を精査すると、
いわゆる「借金返済のために借金を繰り返している」、
負のスパイラルに陥っている様子が伺えます。


このように資金繰りが悪化し始めると、必ず滞納している項目が存在してきます。
とりわけ目立つのは「税金と社会保険料」の滞納です。


上述のケースで、相談者様にアドバイスすることは、
「支払い順序」の優先順位になります。

まず、銀行の借金返済はスケジュール通り行なっているのに、
税金と社会保険料は滞納していることは否であることをお話しております。

 


納税は国民の義務ですから、借金返済よりも優先順位は上になります。
また「納税せず、返済して下さい」という銀行の担当者もおりません。
もし、そのような担当者がおりましたら弊社までご連絡下さい。

 

資金繰りにおいて納税が厳しい場合でも、先方に分割払いを申請することが可能です。延納による追加分は発生しますが、払えない事情を説明する誠実さが大切になります。

 

つい銀行の視線が気になり、支払いの優先順位を間違われる方がいらっしゃいます。是非、本ブログを機会に支払い順序の見直しを行なって頂ければと思います。

先日、友人と食事をしていた際に、
「会社経営に必要な最低限の知識って何?」
という素朴な質問を受けました。

 

なぜなら、この友人の実家は江戸時代から続く老舗和菓子店を経営して
おり、近い将来に本人が家業を継ぐとのことでした。

 

現在、彼は他社で和菓子職人として、それなりのキャリアを積んでいる模様
ですが、「経営」に関しては全くの素人ですので、
私は上述の質問に対してなるべくシンプルに回答するよう心掛けました。

 

 

私見になりますが、会社経営に必要な知識は
次のような事項が挙がると考えられます。

 

1 自身が置かれたビジネス環境(市場)の把握
2 経理・財務の基本的な知識

 

極端ではございますが、以上の2点から会社を経営することは可能です。
とりわけ、2の経理・財務の基本的な知識に関して
「資金繰り表をきちんと作成できる」ことに注力するようアドバイスしました。

 

重ねて、資金繰り表とは「会社版家計簿」であることを理解してもらいました。
彼は家業を継ぐまでの間に十分な準備をするとのことでした。

 

ある意味、会計分野に関しては経理担当者や顧問税理士に一任されても結構ですが、資金繰りについては、経営者が管理しなければなりません。

 

中小企業経営で課題とされている、「後継者問題」が近年クローズアップされております。
会社の業績が右肩上がりの時に、バトンタッチできれば結構なのですが、
家業を継いだ時には赤字経営で、右往左往されるケースを頻繁に耳にします。

 

ですから、事業を承継される場合、後継者の方は上述したポイントを加味して頂き、
家業を継ぐまでの間に十分な準備に努めて頂ければ幸甚です。

 

 

 

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル

資金繰り悪化の原因とは

 

各会社によって、資金繰りが悪化する原因は異なりますが、
主に次のような事項が該当すると思います。

 


・売上高の減少
・売掛金の回収が遅れている
・無駄な在庫を抱えている
・費用対効果に合わない設備投資
・借入金の返済

 


また売上高が順調に推移されていても、
資金繰りに困窮している会社は数多く存在します。
つまり「勘定合って銭足らず」の状態を意味します。


よく拝見するパターンで、
資金繰りが悪化している際に、その補填として新たに借入れを
起こしてしまう傾向がございます。

 

これは一時的な処置であって、
残念ながら根本にある問題解決には至っておりません。
この方法を繰り返すと、利息の支払が重ねて発生するため、
更に悪化を助長させることとなってしまいます。

 

中小企業の資金繰りが悪化する原因は、
上述のような間違った財務施策によるところが非常に多いという点です。

そして、共通して「計画性」に欠如している経営をされていることが、
売掛金の回収スケジュールや在庫管理等の様々な面から伺えます。

 


毎度のことになりますが、お客様と金融機関に同行した際も、
担当者の方から
「実行可能な経営計画について細心の注意を払うよう」
と指摘されるお姿を幾度も目にしております。

 

どうか、この機会に自社の資金繰りを見直して頂き、
現在抱えている問題を一つずつクリアするよう努めて下さい。

 

資金繰りは会社が稼動している以上、止まることはございません。
何かしら常にお金は動いておりますので、計画的に迅速な対応を
心掛けて頂ければと存じます。

 

 

 

 

 

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル

中小企業の資金繰り 現預金残高にこだわる

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

 

学生時代、MBAのテキストを読んでいる時だったと思います。かなり記憶は曖昧ですが、現預金を溜め込んでいる企業は、
「企業価値が低い」といった記述にアンダーラインを引いた覚えがあります。

 

この理由ですが、資産を有効的に運用していない事を指摘したものであり、あくまで株主目線での解釈だと考えられます。一方で非上場の中小企業は、現預金を可能な限りストックすべきです。

 

外貨預金、金融デリバティブといった「財テク」から、資産増を狙うことは非常にハイリスクです。昨今のような、不安定な経済状況下を踏まえても、地道な経営活動から、1円でも多く現預金を蓄える体質にすべきかと存じます。

 

「現預金残高にこだわる」とタイトルにもございますが、理由は非常にシンプルです。現預金を多く保有していれば、資金ショートを防げるからです。莫大な設備、大量の金融資産があっても瞬時に現金化されなければ、突然襲ってくるリスクに対応することは出来ません。

 

ですから、売上高に執着するのではなく、中小企業は現預金残高に焦点を置いた経営を実践することで、健全性を保つことが可能になります。そのためには、再三お伝えしている通り、資金繰り表の作成が必要不可欠です。

 

「数字は過去に起きたもの」と認識されがちですが、資金繰りの醍醐味は「近い将来の見込み」を立てることにあります。一例になりますが、資金繰りを構築する上で、「今月の現預金残高は先月と比べて、いくら増えたか?」

 

「2ヶ月後の現預金残高は、○○円と見込んでいます」というように、財務・経理部の方々と議論される機会を設けて頂ければと存じます。

 

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

本 表紙12.jpg

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

事業再生の現場から~安心を手に入れろ!~お金なんかに殺させない! 

本日のテーマ;会社経営を考える営業収支・投資収支・財務収支

 

この3つのキーワードは所謂キャシュフロー経営、現金出入りの確認を意識する経営の根幹を表すキーワードですね。

 

私は、経験上このキャッシュフローを意識した経営が実務的に使いやすいく理解しやすいと考えています。

余談ですが、経験からいうと他に代表的なところで2つ

 

 

1.バランスシートを重点的指標として経営戦略を立てる。

会社が安定した利益を確保しつつある中で、次にどう拡大して行くかを考える時に有効だと感じていますし、そのタイミングで重点指標として使っています。

 

2.損益計算書(PL)を基に日常的な売上目標や予算を立てる。

 

現状維持、若しくは、会社の状況を維持する事に全力を注ぎたい時に有効だと感じています。しかし、このPL重視の経営は危険がいっぱいな気がしているのも実感です。

 

危険とは、変化に対応しにくい体質や、改善または変革に後ろ向きな現状執着体質を根付かせてしまうと思っているからです。

 

会社経営、経営戦略は経営陣が方針を明確にする時に、どの指標を重点的に考えるかで、その会社の色が出ます。いろんな経営指針の指標やマネジメント方法、経営戦略の立て方がありますが、

 

基本はバランスシート(貸借対照表)PLシート(損益計算書)キャッシュフローシート(現金の出入りを示す)の財務3表と呼ばれる3シートを一体化して考える事に変わりはありません。

 

ここで話たいのは、 "どの指標を重点指標として経営に活かすか!" その為に "どんな経営管理の表やグラフを作り、判断資料を経営陣が使うか!" ということ。

 

実務的に絶対必要だと私は思っているのが、"資金繰り表"です。出来れば、日々の現金の出し入れをいつでも見ることが出来て、当月まででなく、3か月先までの資金計画が立てやすい"日繰り表"がベストだと思っています。3か月以上になると確定度が怪しくなりますよね。

 

取引額や件数、現金出納上の現金の出入りが多い日が月にどのくらいあるのかによって、日繰り表といっても各会社でフォーマットは変わって来るのは当然です。自社にカスタマイズされた管理シートを作成してあるといいですよ。

 

財務3表は、日々の現金の流れが成績表のように集計されているだけなのです。

 

基礎データ部分に当たるので、その仕訳や入力を、作業のように思う人も多いですが、この基礎データ部分を有効に経営に活かしていく事が今回の話のポイント。

 

残高試算表や、決算の為に総勘定元帳を会計ソフトを使って入力管理しているだけでは、勿体ないと私は思っています。

 

 

興味がある方は、ご連絡くださいませ。 

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

事業再生の現場から~安心を手に入れろ!~お金なんかに殺させない! 

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 

任意売却事業再生ブログ 従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル

中小企業、零細企業だからこそ財務戦略を大切に


会社の経営を原点から考えてみましょう。起業当時は、世の中の需要を見込んで、供給する側として事業化を考えます。

 

その事業に利益を得るという期待を込めて資本金として発起人である人や出資会社がいます。初めの資金です。創業支援の助成金の獲得にトライしてみるという事もあります。ともかく初めは、利益を出すために、売上を見込んで資本として用意したお金を使って行きます。


使い道は、イニシャルコストとして仕事に必要な場所の確保や、備品を購入し、商品や、原材料の仕入れ、時には人を原価として使っていきます。


次にランニングコストの固定費である家賃や自分を含めた社員の人件費、それから新規の顧客獲得のためのホームページの作成や、広告宣伝費、開発が必要な業種では開発費の投資コストに使って行きます。


その事業が本当に世の中の需要が見込める商品や、サービスであれば、時間を経て売上が入金されていきます。


やがて売上の中から、イニシャルコストの原価を払う事が出来るようになり、ランニングコストの販売管理費が払えるようになり、投資資金が拡大出来て、利益を積み増し、資産が増える。


そして、この資金の流れをぐるぐると規模を拡大させながら、資産が増えていく。


教科書に出てくるような好循環の会社の経営です。


しかし、そうはうまくいかない事が当たり前なのは、実際に会社経営をしている経営者なら実感している事でしょう。


売上見込みは絶対確実で永続的な訳ではなく、売上の入金日前に、原価の支払い日が到来してしまったり、売上入金の少ない時に仕入れ代金の支払いが多額に重なったり、売上の入金額が毎月一定でないのに、固定費の支払いは決まっている。


そして、その入出金の時期のズレ、入出金サイトと言いますが、この入出金サイトを埋めるために銀行等に運転資金として借入を行う。


そうすると、必然的に固定の支払いが額が増えることになります。その借入返済のためにも、売上を伸ばそうと営業の人を増やす、広告、開発費を増やす設備を増やそうとする。

の為にまた資金も借り入れる。そしてまた、固定の支払い金額が増えていく。この延長線上に借り入れ返済のために、さらに借り入れるといった最悪の悪循環があります。


売上重視、売上最優先の経営方針では、この悪循環に陥る可能性が高いのです。


そうならないためには、経理・財務の会社のポジションを軽視しないことが最も、最も、最も大事なのです。


会社内では、直接的に稼ぐ営業や、商品を企画する部署などが注目を浴びがちですが、資金の管理あってこその経営管理ですから、売上向上のためのマーケティングや戦略、業務効率改善のためのプロセス管理以上に財務戦略が重要ではないのかと思っています。


今いくらの現金があるのか、事業継続していくために運転資金として常時いくらを現金としてある状態にしておかなければならないのか、いくらを投資資金として使えるのかを戦略として立てられる経理・財務担当が必要なのです。


日々の経理処理をルーティン業務として行う人も必要ですが、その経理処理から出てくるデータを資料として、経営戦略に活かせる人材がいないと、売上至上主義になりがちな経営者や経営陣であれば、なおさら、財務からの経営戦略を立てられる人材を確保しないとバランスの悪い経営となり悪循環に陥ることになりやすくなってしまします。


中小企業、零細企業では、そんな人材を確保出来ない、そんな人材を抱える人件費が捻出出来ないと思われがちです。そんな事はないのです。


中小企業・零細企業であっても、新卒社員一人分、若しくはパートの人件費程度で財務戦略を立てられる人を確保出来ます。


どこに、そんな人がいるのかといえば、アセットアシストコンサルタントがあります。私達に外注することで、最大効率の財務戦略が実現出来ます。どうぞお役立て下さい。

事業再生の現場から~安心を手に入れろ!お金なんかに殺させない~

中小企業経営 数字に強い組織作りとは

 

ビジネスという場における表現技法として、具体的な数字へ落し込んだ説明は基本的な技術です。勿論、ただの数字の羅列では全く意味はございませんが、意図している事象を数字に表すことでリアリティーが生まれ、更に利害関係者への理解度が一層深まると思います。

 

上述を踏まえて、今回は「数字に強い組織作り」に関して考えてみたいと思います。

 

私見になりますが、一般的に言われる「数字に強い組織」という表現よりも、「常に数字を意識している組織」といった方が正しいのかも知れません。


つまり、会社全体における予算管理の徹底であったり、社員ひとり一人が費用対効果を考えて業務に向かっているのか、というマインドの高さが優劣のポイントになると考えられます。

従って、決して会計の知識に富むことが「数字に強い」というわけではないと思います。

 

なぜ、このような話題を紹介したかと言いますと、先日の通勤途中の電車内での出来事になりますが、若い男性社員(おそらく今年の4月の新卒さん)の方々が、社内研修で数字に強くなるよう指導されたことをお話されていました。


(盗み聴きしたわけではありませんが...)

 

一見、数字を扱った業務は『財務や経理』といった専門性を兼ね備えた職種と考えられがちですが、職種に関係なく誰もが知識を身に付けといて損はございません。

 

とりわけ、中小企業の経営者の方々は、「もう少し数字を使った表現をして欲しい」という場面がございます。
また、社内全体で数字に対する意識を強めた習慣作りに努めて頂ければ幸いです。

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

事業再生の現場から~安心を手に入れろ!お金なんかに殺させない~

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル

中小企業における銀行との付き合い方

 

多くの企業が銀行から資金調達(融資)を行ない、財務施策を実行されていると存じます。

稀に「無借金経営」を実現されている企業様も拝見致しますが、現実問題として、自己資本だけでは足りない部分を間接金融という手段によって補填されているパターンが一般的ではないでしょうか。

 

銀行からお金を借りる場合、最も重要なポイントが「資金使途」になります。
その用途が明確でない限り、先方から融資を引き出すことは難しく、ましては希望する金額を満額調達することは一筋縄にはいきません。

 

上述を踏まえて、銀行から融資を受ける場合に必要なポイントを紹介したいと思います。
単に決算書を提出するだけではなく、以下の事項を考えて頂ければと存じます。

 

まずは「有意義なお付き合い」をする為にも、日頃からの情報開示が必要です。
既に実行されているかと存じますが、毎月の試算表の提出は最低ラインであり、これに加えて月次レポートを添付することで、実直な経営をしていることを先方にアピールします。

独自で作成した月次レポートを見る、見ないは先方の判断によりますが、このような誠意ある対応が一番肝心だと考えており、とりわけ中小企業であれば、こういった経営努力が後々になって有利に展開するかもしれません。
また、試算表・月次レポートを郵送後、先方にお電話することも大切だと思います。

 

そして、大本命となるのが「事業計画書」の作成・提出です。
先述した資金使途についても、ポジティブで実行可能な計画があって、初めて資金調達が実行できることから、この事業計画の作成に関しては緻密に行なう必要がございます。

一方で、現在リスケジュールを実行されている企業も、事業計画と経営改善計画は生命線となりますので、進捗状況の確認も含めて、「自社の立ち位置」を客観的に把握するようにして下さい。

最後に、これらの作業が整いましたら先方に書面で提出し、意見やアドバイスを受けることでコミュニケーションの醸成に努めて下さい。

日頃からの誠実な対応と情報開示が、銀行とのお付き合いではポイントになります。これを機会に、再度見直しや修正に着手して頂ければ幸いです。

 

全国書店にて発売中。

本 表紙12.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。