不動産の最近のブログ記事


 

 朝と夜は寒くなってきた。今年の春から始めた毎朝の1時間半程度でのウォーキングも板に付いてきた。ただ単に早歩きをすればいいと言うものではなくて、手をグーにして力強く腕を振らないと足が前に出ない。

 

家を出て自宅付近の千葉城の前を通過する。ヒンヤリとした風と暖かい日差しを横目に散歩されている近所の方々を抜き去る。

 

昔ながらの住宅街を抜けて、5キロ先の青葉の森公園の外周をグルット回って折り返して自宅まで。

 

汗だくだが、なんとも気持ちがいい。運動を定期的にしているのは中学生以来です。

 

しっかりと手をグーにして力強く腕を振っているご老人に抜き去られるのはまだまだ腕の振りが足りない証拠だ。

 

頑張ろう。続けよう。歩きながら、ふと頭にひらめくことがある。


会社の人材は必要であり探せばいる。給与を吊り上げればもっと増える。


ただ、その人間の業をフルに発揮してくれる社員は何人集まるだろうか?


これは残念ながら金では買えない。私の欲望は金で買えないものをどれだけ集められる男になるかどうかだ。


腐ったトップ、野心に満ち溢れたトップの下で働く誠実な人材ほど苦しむことは周知の事実。私もその社員としての経験をうんざりするほどしてきた。


うんざりした後にその会社を退社して、その会社がドンドンと上に上がっていくのであれば私の負けだったと判断できるのだが。それも大変残念でそういったトップが経営している会社は100%無くなる。


勝ったとは思わないが辞めてよかったと思うのだ。プラスして裁判で訴えられて敗訴し今は廃人同様の生活を送っている腐ったトップの結末も事実。もう嫌だ。


反対に、トップは常にギブ&ギブンの精神で無私であることに徹底し、その雨上がりの森林の空気の如くよき優秀な人材を引き込む事に尽力すべきではないかと考えるのです。邪心に満ちた偽物に対しては無関心という最強の武器で戦い、人格者ある器の大きい社長さんの企業再生に私も一生を捧げようと誓うのです。


今日のこの辺で。


株式会社アセットアシストコンサルタント 

代表取締役 野呂一哉





 

この数年間で不動産投資で買いすぎた社長さんからの悲鳴にも聞こえるSOSが顕著だ。やはり今回の不動産バブルでも被害者が続出している。

誰だって大家になれる!などと安っぽい本に騙されて皆買う。ローンが出るからほぼほぼフルレバレッジで購入する。

あっという間に一棟マンションの大家になれる、しかしながらTV取材されているサラリーマン投資家の顔は笑っていない笑。

そう、どこにでもあるようなアパートやマンションを買って、もしくは新築しても儲からないのだと3件目を購入した際に初めてわかる。 夢であってほしいと。 不動産投資は自己資金80%から始めましょうね。笑


さて、長年付き合っている不動産投資家との新年会で聞いたお話です。 株価は年末までには3万円を超えるという。ほんまかいや。

しかしながら不動産に関しては在庫が膨れ上がって、総合的に価格が下がるとの見解も。

2018年は銀行も大不況の始まりだと唱えるアナリストもいる。

だからこそ、資金潤沢に買い占めるチャンスだと思う人は5万といるが、物件に巡り合える人はスズメの涙程度だから世の中面白い。



もう駄目だと感じるとき、それは人間として最強の恐怖である。資金繰りが厳しくて夜逃げした某振袖屋さんも同じ心境だろう。しかしながら、成人式前日の夜逃げは見事だった。根性あるが根性の使い場所が違う。


もう駄目だと感じだ時は以下の10か条を思い出してください。



1.支払うより支払わない方法を考える (逃げるための術ではない)

2.今月支払わなかったらモノを必ず一覧にまとめて、翌月には支払える順に電話を入れる。
この電話は必ず社長が行う

3.ヒト、モノ、カネの順に支払うこと。翌月の月中の運転資金を確保して月初繰り越しをする

4.支払えなかったら、を考えるより、何回に分けて支払えるかを考える

5.朝昼晩、必ず食事をとること コンビニのおにぎりで充分だ。

6.支払うことの使命感はとっとと捨てる。MUSTは捨てる!WILLを増やす

7.人生は平等ではない、その不条理を今、打ち破れ

8.親父が作った会社だろうが、あなたが一代で築きあげた会社だろうが、そこでその事業で飯食ってきた、
今まで飯食えた分、カネがない時くらい頭を下げよう。 頭下げるのに金はとられない

9.税金と社保を舐めるな! 分納可能だが日本国に対して差し出した支払誓約書の怖さは
差押を食らって初めて知ることになる。 計画的な資金繰りを始めよう。

10.本物の中小企業の社長になれ!今更、一部上場はできないし売上高を倍にするなどは夢のまた夢。
だったら会社が下降線をたどり始めても生きていけるように、資金繰りに強い会社を作りましょう。
会社の経営は船の航海と同じ。 優秀な船長と船員と最新鋭の船で航海したって転覆するときは転覆する。

本当に必要なのは3か月先の大津波を察知できる羅針盤(資金繰りの徹底)だ!





今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


昨日は妹が生まれたての子供を連れて私の家を訪ねてくれた。涼しい公園からの風と、家の中を吹き抜ける夕風がなんとも心地よかった。子供も風を感じてあまり泣かない、うちの親父も嬉しそうだ。


ここのところ多忙で先祖の墓参りに行けなかったので、久々に行きたいと考えた。ざっと半月ほど行っていないので恐る恐る行ってみたが、完ぺきなほどのどくだみ草の天国で手で全部引っこ抜いた。

大事な植木が植えてあるので除草剤は使えない、一つ一つ汗だくになりなが引っこ抜く。霊園は珍しく人が多く、静かに梅雨時の風が流れる。


もうだめだと考えたことは誰でもあることだと思います。私だって経験があります。


ただ、もうだめだと思った時に終活をした時点で負けだと私は考えるのです。実行に移すかどうか。


終活に向けての第一歩はやらなくていい。もう一度だけ自分をからかってみましょう。ただの擦り傷事故だと。

年齢関係ありません。 長く生きてりゃいろいろあります。才能ある人間ほど周りからいじめられるといいます。

それは人から出会ったり物理的であったりと。


人を恨む体力はもったいない、自分がさらに強くなりましょう。強くなったらそんな糞な奴はくたばってますから。

代表取締役 野呂一哉

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


おはようございます。

  

さて、昨日は当社支援先で唯一、私が経理業務を担当させて頂いている会社さんのリスケ条件変更の承認がおりました。全部で5つの銀行と付き合いのあるこの支援先。4月からひとつひとつ丁寧にやりとげて、最後の金融機関から承認をえることができました。

 

新規面談のご予約が非常に顕著だ。ようやく資金繰りの厳しい社長さんたちが動いてきている実感が沸く。

 

資金繰りが間に合わないと、電話越しに訴える方が多いのは事実だ。ただ、考え方を変えていただきたい。資金繰りは間に合う、間に合わないではない。

 

間に合う資金繰りをしている会社さんは、既にもう危ない。資金繰りは事前に予測を立てることが肝心であること。そして、中小企業の資金繰りで一番ぶれてはいけないのが、払うか払わないかだ。

 

間に合わせている時点でそれはもう資金繰りとは言わない。久しぶりにヒト、モノ、カネの話をしよう。

 

会社の経営に必要不可欠となるヒト、モノ、カネ。どれも大事だ。今日からこの3つのうち、どれか一つしか選択できないとなったら、あなたはどれを選ぶ?カネやモノと答えたあなたは社長さんには向いていない。その会社はとっとと畳んだほうがいい。

 

そう、大事なのはマンパワーだ。人が全てであり、人を大事にしない人間はそのうち滅びるのだ。

 

しかし、会社の資金繰りで大事なのはカネ、モノ、ヒトの順序となる。矛盾しているか?いや、矛盾はしていない。この順序は資金繰りを整えて再生する際に一時的に支払いを止める、もしくは減額する際の順序だ。

 

カネは銀行や税金、モノは買掛先(取引先)、ヒトは社長さんを含めた従業員さん、個人外注さんだ。

 

この順序で資金繰りを組みなす際に必要なのは、たったひとつ、度胸だ。怖いなんて言ってたら会社は無くなる。いや、亡くなる。

 

もちろん、返済しないとか納税しないことを推奨するコンサルタント会社ではない。あくまでも一時的に資金繰りを組み直すためのスキームであるのだ。

 

合法的に組み直して、当社の支援先の社長さんや奥様、従業員さんは一生懸命に仕事をされている。当社がコンサルで入って倒産した会社はない。

 

今日はこのへんで。

 

代表取締役 野呂一哉

 ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
resize.jpg


 今年は早々に数多くの出来事が起こる。自分の気持ちにも変化が訪れていて、先に先に未来の話と共に進んでいきたいと考えてしまう。

先週は高校時代の仲間4人と酒を酌み交わした。結婚する奴がいて、毎日汗だくになって工場で働いている奴がいて、子供のために必死に毎日頑張っている奴がいて、私がいる。

夢を夢のまま終わらせるのではなくて、叶えたいから前へ進む。私はそう思うのだ。

大凶だった12月が終わり今月は大吉らしい、あまりこういった占いは信じないけれどもいい時だけは信じよう笑

何かが背中を押しているような気がするものだ。

電車に乗っていても参考書を必死に読み漁る学生が増えた、受験に向けての最後の追い込み。それにしても電車の中で立ちながら歩きながら勉強している学生は頭がよく見える。

同級生の息子も無事に高校進学が決定したと朗報が入る。私も高校と大学の合格発表が届いた時には奇声をあげて喜んだものだ。

学生の就活も解禁され各説明会が大盛況のようだ、それでも有名企業に入るには至難の技であり、大企業に関しては売り手市場ではないらしい。 誰だって入りたいよね。

こういったときにすぐに就活を始められる学生は優秀な証、前へ倣いで始められる学生もギリギリセーフ。
こういった学生を横目で見ながらヤバイ!と思いつつも行動にできなかった私はその後絶対に苦労する笑

人生好きに生きてほしい。

進むことが全てじゃないが、人間は進まなければならない時が必ず来る。そういった夢列車に普通に乗ってこなかった私は、今年いよいよ前へ進まなければならなくなりそうだ。

どこへでもなく、何時にでもなく、ただただ目標に向かって進む時期が来たみたいである。

今年が楽しみだ。

今日はこの辺で。


代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 真実が明るみに晒されるとき、悪党は死ぬ。



最近は不動産案件と事業再生を交互に対応させていただいている。1月からは毎月出張が出てくる予定で年末に向けての資金繰りの対応と来年に向けての事業計画の作成とで忙しい年末となりそうだ。

会社の設立から8年が経過して、無事に毎日を過ごせている。それだけで私は充分だと感じる。

しかしながら新しく集まってくれている社員と顧客のため、やはりもう一つ上のステップに行きたい野望がある。経済的な面もそうだ。 今のままでは10年経過しても変わらないと予想する。

もっともっと会社全体でのスキルを上げなければならないし、やる気のある社員を雇いたい。お金に苦しむ社長さんにもっと野呂に会いにきてもらいたい。


そのためには七難八苦を金で買ってでも私に与えてもらいたいものだ。今まではグシャグシャの7年間を終えて、ようやく自分のやりたいようにやれるようになってきた。

自分の利益のことしか考えない、クソみたいな嘘つきコンサルも外に追いやった笑。

すべて乗り切った。自分の努力と周りの方々の助けのおかげで乗り切れることができた。感謝です。

七難八苦どころじゃ今の時代は生ぬるいかもしれないが、まだまだやれる。日本一の事業再生コンサルタントとなり、王道を行く。

夢の実現には必ず敵がいる。物理的に相手会社のライバルの上をいかなければならないなどの目に見える敵。そして敵はもう一つ自分の心の中にいることが殆どでもある。

10の希望を望む叶えるには同じ数だけ敵が潜む。一つ一つ相手にして10回買ったら夢が実現するのであれば誰だって夢をかなえられる。

そうじゃない、敵はいつどこから自分を奇襲してくるかわからない。 その外部に居る敵と己の中にいる敵とひとつひとつ向き合うことが今の私の七難八苦であると考える。


明日でもまだ間に合いますので、お墓参りがご無沙汰の方はお墓参りのために外出してみるのもいいかもしれません。心のストレスが解放されます。

代表取締役 野呂一哉

 街中がクリスマスモード一色となりつつあり、走る車の量も増えてきた、年末だ。オリンピックに向けたホテルの建築ラッシュも目立つ、ビルの建築も。お金はあるところにはあるものだ。 それにしてもここのところの東京は寒い、冬だから仕方ないけれどもうちょっと段階踏んで寒くなってほしい笑。

自宅前の公園のイチョウの木が今年の塩害で大変なことになっている。毎年、年末年始には綺麗な黄色のイチョウの木も既にすべて枯れ落ちていて木と枝のみ。公園の内側の葉っぱだけ無くなっていて、外側の葉っぱは若干残っている模様。なんとも悲しい、今年の漢字は「災」。 その通りだ。

今年の2月に銀行筋から紹介された広島県内の私の顧客でもある会社の社長さんから今日昼頃に電話がかかってきた。

野呂社長、ブログの更新が止まってるけどどうしたの? 見てくれている人は見てくれている。

私の顧客でもある会社社長さんが裁判を控えているため、ここ数日は弁護士さんと社長さんと私で打ち合わせを繰り返しながらそのお手伝いに奔走している。 過去の相手方の不正を暴くため家電量販店やサーバー会社を幾度となく訪問してようやく証拠をつかむことができた。

それにしても戦いなれた百戦錬磨の弁護士は力強い。

できれば裁判などに巻き込まれないように私が誘導してあげなければならないのだが・・・・・

年末となって街行く人も足早に歩くことが目立つ、秋葉原界隈もクリスマスプレゼントや年末のお買い物などで人でごったかえしている。プラスして海外からの観光客の皆さんも多い。お国柄なのか寒く無いのかびっくりするほどの薄着の方もいらっしゃる。

12月に入ってから毎週金曜日と土曜日が友人との忘年会やお客さんの会社の忘年会に呼んで頂いて、多少飲みすぎだけれども。明日からが正念場、体を壊さないように飲みより話に徹する飲み会を覚えていこうと思います。

今年も大切な友人達と一緒に戦ってきた中小企業の社長さんや社員さんたち、来年に一緒に会社を再生していく方々と忘年会ができることに感謝です、何より今年も生かされていることに感謝だ。

さあ行こう、私にとって自ら舵をとる2019年へ。会社の再生事業こそが私の宿命だと感じる。今年も多くの方々にお会いし、多くのことに気付かせてくださった。

私は人を欺かない、蹴落とさない、嘘をつかない、嘘つきの依頼は受けない。だってそんなことしてたら数年後に全てを失いますからね。


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 
 

私の顧客で都内でラーメン屋を営むご夫婦がいる。昨年の12月の頃に当社へご来社されてご相談を受けた。

お話からして毎月の支援料を捻出するような余裕は無かったので電話相談という形で無料でご相談を受けるようにした。実際に私が手を下すことはないと判断し事業を継続していくという判断。

ところが、資金繰りの悪化が著しくプラスして借りている店舗の家賃も滞納気味に・・・・・

元々リスケはしている状況であったがそれでも厳しい。

店舗のオーナーが依頼した弁護士からは、滞納分を振り込めないのであればすぐに出て行けと
素人顔負けの通達も来ているし。苦笑

すったもんだがあって、まだまだやれると信じている旦那さんからホットラインが入ったのは金曜日の昼過ぎ。

あれだけラーメンの味に自信があると豪語していたのに、1週間前は絶対にやめないとお話ししていたが家族会議の結果、11月末で閉店したいとのことだった。

やはりぶれたか笑。 これが最後の決断だと信じたいのだが。


この数か月の間、辞めると言ったり継続すると言ったり4回くらいぶれたけどね。



発言するときはきちんと考えて発言しないと。 社員さんはたまりませんね。腰掛とは言わないが信念と使命感をもってやらないと商売とオーナー業って難しいみたい。

あれが儲かる、これが儲かる、あの人が設けているから私もやってみようでは難しい時代にこれから入っていく。

最初は自宅をリースバックで守りたいとの気持ちがあったご夫婦だがそれに対応する経済的な体力はないことを私は指摘させていただいた。二次破綻を防ぐためだ。

すでに年金をもらっているご夫婦なので、一応は食べていける。

けれども昭和の時代に購入した公団風味の分譲マンション。ここで息子2人を育て上げ、これだけは手放したくないと私に訴えたご夫婦の目は本気だった。

息子さん二人に協力してもらうことが絶対条件だとお話ししたが、息子さんお二人にもご家族があり
経済的な支援はほぼ難しかった。

けれども家族会議にて、長男さんは一緒に住もうと言ってくれたらしい。温かいですね。本当に。

今の自宅は手放さないといけないが、店舗のオーナーさんとの預けている保証金のイザコザがあるので
とてもじゃないが当社では介入できない。


当社の顧問弁護士に少額管財事件での自己破産での対応をお願いした。


殆どこういったケースはありませんが、こういったアドバイスもさせていただいております。


代表取締役 野呂一哉

 

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 ここのところは銀行筋から入ってくる不動産案件の処理が顕著であり、自分の新会社のためのホームページの原稿書き、ジム通いと資格の勉強と・・・・・人生で初めて充実した時間を送っていることに気づかされる。

時間を有効に利用することがエリートの証だと教わってきたが、正直20代、30代の時には俺には関係のない話だと思っていた。もっともっと早く気付くべきだった。 食わず嫌いならぬやらず嫌いに陥っていた。

シェアハウスのオーナー被害者たちが続出しているらしいが、あれが典型的ななんちゃって不動産投資であることを理解してもらいたい。 月に70万円の入金があり、そのうち50万円を支払って20万円が自分のものという子供のような投資話。

イメージ的には逆でないと投資とは言わない。70万円の入金があって20万円を銀行に返済して50万円を固定資産税や修繕のための費用として別で投資する。残りを利益として考えなければならない。

それでも失敗する人はいる。不動産の見立てだけは素人にはできないからだ。だからこそ100%ローンでの不動産投資は投資とは言わない。ただ買っただけだ。

シェアハウスオーナーさんに入金されるお金を払うのは誰か。シェハウス会社と答えた人は絶対に不動産投資に向かない。 入居するエンドユーザーさんだ。 このエンドユーザーさんとの絡みを業者任せにしている時点で終わりなのだ。

これは持論だがシェアハウスは日本には浸透しない。笑。私はそう思う。

誰に必要とされるか?

私はもっともっと得意分野を磨き上げて、不得意な分野が無いように必死に食らいつき、日本中の社長さんに必要とされたい。

人間だってそうです。オレオレがと先頭に立って全て奪う人間は意外と何もできずに全てを失っていることが多い、もっと恐ろしいのはそういう人格を持つ人間は、何にも気づいていいないのだ。

目指すのは誰に必要とされるか。


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
 
 昨日も今日も暖かい、昨日は茨城県牛久市内の支援先を訪問した。ここで買わせて頂いた私の愛車のオイル交換のための訪問でもある。資金繰りが大変だ大変だといつも騒いでいるけれども常に来店客が絶えない車の販売兼修理屋さんだ。おそらく牛久市内じゃ知らない人はいないだろう。

客が絶えないから潰れない、資金繰りは楽じゃないが潰れない。本当の実力ある会社とはこういう会社を言うのかもしれない。いつだって私の飲み物が切れていないかを気遣ってくれる社長さんと奥さんと事務員の女性。

これが本当のモテナシじゃないだろうか。 社長さんと一緒に日本一うまいと言われるラーメンショップに食事に行きたかったが社長さんを訪問されるお客さんが後を絶たないので16;00でタイムアップ。 一人でラーメン屋に行って食した。 本当にうまい味噌ネギチャーシュー麺だった。

熱意を持って新車の販売に社長さん自ら動いているからなのか、借金と買掛は常にあるけど会社内はアクティブで明るい。エンジニア担当の方も休む暇がない。 これが本当の事業再生なのかも。

元気の自家発電ができている社長さんの会社は元気だ。

私も元気の自家発電をできるように日々、精進している。何気にしんどい時もありますが笑

人間ですから365日を元気で今日もガッツで行こう!というわけにはいかない。これは本当の話。

会社の資金繰りが大変な社長さんからのSOSを100%バックアップする会社の代表だから元気がない姿で新規面談や会社訪問をするわけにはいかない。時には元気な社長さんから元気をもらうことが多々ある、人間ですからね。

そんな時には未来を考える。儚さが美しいのだと自分に言い聞かせる。実態を伴わずに夢を見るだけの人間になってしまうことだけは注意して、未来が美しいと自分に言い聞かせる。

儚さが美しいと自分の力でどこまででも歩ける。一度やってみてください。
どこまででも歩けます。 嫌なことだって忘れることはできないが、無関心として処理できる。


元気の自家発電。人間として一番大事なことであり、本やテレビによって受ける影響よりも現実的で何より自分で自分を動かすことができる。

常に未来を見据える熱意と自家発電。 お忘れなく。

代表取締役 野呂一哉
アセットアシストコンサルタント
アセットアシストコンサルタント