不動産の最近のブログ記事


 冬に備えての色んな準備にワクワクさせている時期かと思います。消費税増税が本格的に決まったらしい。これだから会社経営をしたことのない人間に日本の会社に関わる法律を決めさせてはいけない。本格的な大不況がやってくるか。 

8月でもうひとつの会社を神田で登記した。立派な事業再生会社である。会社単位で不動産の購入と売却も行う。この会社の目標は日本中の中小企業に痛み止めを放つこと、そして金で困ったら金の勉強を一緒にしようというスローガンの元、立ち上げた会社だ。

事業再生コンサルタントは一匹オオカミ的な人材が多い。やっていることもバラバラ、スキルにも差がありすぎて酷いと決算書すら読み解けない輩がいる。

人を蹴落とし、言葉で潰し、人より前に前に出て仕事できますアピールをする輩も多い。しかしながら、それは人生の終焉と私は説こう。 それはアピールではなくて、恐怖に打ち勝てないただの臆病者だ。

きっと支援先の社長は思っている。どれだけ腐ってんだって。

私も人であり、人に対して怒りをあらわにすることは多々ある。人間ですからね。 数多くの同業他社の事業再生コンサルタントを見てきて、この人会社は活気ありそうだなと感じるのは、まず常に未来を話すことが多いこと。

将来はこういう会社でとか、あと3年でここまでのポジションになりたいなど、常に前を見ている。

ダメなコンサルタントの典型は常に汚い言葉で相手を蹴落とそうとする笑、なにかやってもらいた時に気持ちの入っていない優しさで相手の顔色を見る。 まるでカメレオン並みの仮面を持つ。3回同じことを聞いて3回とも回答が違うなど苦笑

そうではなくてさ。

もっともっと精度の高い確実な実務力で事業再生に貢献したいと考えた。叔母も応援してくれている。

人を使おうとするとどうしたって、上目目線になる人が多い。これは典型的な勘違い野郎。その人のスキルを最大限に発揮してもらい、その人の人格とスキルで支援先社長と中小企業に貢献してもらいたい。

ここまで新会社のための基礎体力は充分に鍛え上げてきた。


あとは結果を出すのみ。 新しく迎え入れた社員3名と今宵、酒を酌み交わす。スキルも高く人格も気高い。

それだけで充分だ。

私は人を使わない、その人の人格とスキルを判断し、支援先企業に送り込む。

責任は私が取る。 仕事は大変だがいい仲間がそろった、初陣だ。

アセットアシストはそのうち不動産管理業にしてしまおう。ここまでいい勉強になった。




代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 

 朝と夜は寒くなってきた。今年の春から始めた毎朝の1時間半程度でのウォーキングも板に付いてきた。ただ単に早歩きをすればいいと言うものではなくて、手をグーにして力強く腕を振らないと足が前に出ない。

 

家を出て自宅付近の千葉城の前を通過する。ヒンヤリとした風と暖かい日差しを横目に散歩されている近所の方々を抜き去る。

 

昔ながらの住宅街を抜けて、5キロ先の青葉の森公園の外周をグルット回って折り返して自宅まで。

 

汗だくだが、なんとも気持ちがいい。運動を定期的にしているのは中学生以来です。

 

しっかりと手をグーにして力強く腕を振っているご老人に抜き去られるのはまだまだ腕の振りが足りない証拠だ。

 

頑張ろう。続けよう。歩きながら、ふと頭にひらめくことがある。


会社の人材は必要であり探せばいる。給与を吊り上げればもっと増える。


ただ、その人間の業をフルに発揮してくれる社員は何人集まるだろうか?


これは残念ながら金では買えない。私の欲望は金で買えないものをどれだけ集められる男になるかどうかだ。


腐ったトップ、野心に満ち溢れたトップの下で働く誠実な人材ほど苦しむことは周知の事実。私もその社員としての経験をうんざりするほどしてきた。


うんざりした後にその会社を退社して、その会社がドンドンと上に上がっていくのであれば私の負けだったと判断できるのだが。それも大変残念でそういったトップが経営している会社は100%無くなる。


勝ったとは思わないが辞めてよかったと思うのだ。プラスして裁判で訴えられて敗訴し今は廃人同様の生活を送っている腐ったトップの結末も事実。もう嫌だ。


反対に、トップは常にギブ&ギブンの精神で無私であることに徹底し、その雨上がりの森林の空気の如くよき優秀な人材を引き込む事に尽力すべきではないかと考えるのです。邪心に満ちた偽物に対しては無関心という最強の武器で戦い、人格者ある器の大きい社長さんの企業再生に私も一生を捧げようと誓うのです。


今日のこの辺で。


株式会社アセットアシストコンサルタント 

代表取締役 野呂一哉







ここのところリースバック案件が顕著だ。何としてでも住み続けたい、手放したくないという方々だ。不動産仲介会社の交渉によって所有権を一時的に不動産投資会社へ移転する。

移転した時点で自分のものではなくなるから、賃料を払って住み続ける。数年後に身内で買い戻してめでたしめでたしという話なのだが。


リースバックを依頼する前の極意とチェック項目をここに書きます。

1.リースバックは賃料を支払い続ければ済み続けられるという考え方ですが、投資家に対して新たに物件価格+購入諸費用+購入の仲介をする不動産会社に支払う仲介手数料の3つについて新たに借金をすることの認識が必要。

2.その借金全額に対して10%~15%の高利での借金となること

3.賃料の支払いは投資家が捻出した物件価格+購入諸費用+仲介会社に支払った仲介手数料の総合計金額×10%÷12か月が毎月の支払額。これに固定資産税の年額の1/12、マンションであれば管理費修繕費が乗ってくる。 毎月の支払いは決して安くない。

4.基本的には投資家さんへ所有権移転をする際に必ず、買い戻す際の特約付きで契約をする。ここは要チェックです。ここで買い戻しの特約を付けずに手放すと投資家さんの言いなりになるしかない笑

手放す際に誰で買い戻すのかを計画しておくこと。 可能であれば不動産業者に所有権移転をすることは避ける。業者は会社であり、会社の経営は船と同じだ。順調な時にはリースバックでお金を増やすことを模索するが雨と嵐がやってきたときにはその大事な資産を売り払われしまうかもしれない。

5.リースバックを依頼する不動産仲介業者はできれば資産処分を得意とする不動産仲介業者には任せてはいけない。対象物件が自宅などではなく事業用の工場や店舗、倉庫などなどであれば尚更です。
会社の中身を見てくれて、何年後に買い戻せるのかそのエビデンスを示してくれる会社がベターです。

本当にそのリースバックが必要なのか?ただ住み続けたいで始められるほど生易しいものではなないのです。

リースバック後に無理な賃料設定をして二次破綻を引き起こしたサラリーマン世帯や企業経営者をなんども見てきた。投資家や投資業者、不動産業者に一度所有権移転をしてしまえば、もうあなたのものではなくなるのです。

不動産仲介業者の売り上げは仲介手数料がメインです。そのあとも会社の経営状況を見ながらアドバイスをくれる仲介業者にリースバックは任せるべきだ。

慎重にいきましょう。 今日はこの辺で。



今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 もう暑くなることはないらしい、素敵な季節だ笑


 

スーパーボランティアとして一躍有名になった尾畠春夫さんの記事が興味深く感銘を受けた。以下、興味あればご覧になって頂きたい。週刊現代さんの記事です。

 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57170

 

嬉しかったのは座右の銘が私と同じだったこと。

 

刻石流水

 

母方の婆ちゃんに私が小さい頃から教えられた言葉だ。

 

言葉の意味は調べてみてください。この真逆をやる人間が多く、私の周りにも何気に多い。笑。スーパーヒーローが常に勝つマンガは大嫌いだが、あしたのジョーや北斗の拳、jingiなどの漫画は大好きだ。

 

負けたことを潔く認めるジョーや、負けたって必ず勝ち越すケンシロウ、薄汚い輩にドン底に落とされても這い上がる仁と義郎は私のバイブルでもある。うん!男なら絶対読んでもらいたい!

 

恩は忘れない、なんとしたってお返しする、実際に無理であってもその心はあの世まで持つ。

逆に自分が対価なくやって差し上げたことに対して何かの要求をしてはならない。やってあげて当然だと心に刻む。

 

私の生き方はこうだ。

 

だから、思春期の頃から今日までクソみたいな輩にはいいようにされてきた。

 

その度に私は思う、輩はヤスリで私は光輝こうとするダイヤの原石。

いずれ私はダイヤモンドとなって市場価値が上がる。ヤスリは使い古されて捨てられるのだ。

 

こういった私の思想が現実に起こり得る事を実際に体験し、今の私がある。

 

毎日、自宅の仏壇に向かって題目をあげる習慣があります。題目とは、お経だと思ってください。婆ちゃん世代から私は完全なる仏教徒です。

 

仏壇のある和室の母親と婆ちゃんの遺影は毎日、綺麗なタオルで拭きあげます。

 

おはようと私は挨拶をする。

 

まだまだ夢は遠いがコツコツ積み上げろと背中を押される。

 

私は悪党を倒さない、倒さなくても潰れて行く事実を知っている。悪党は相手にしない。

 

夢は見るもんじゃない、叶えてこそ夢だ。夢はデカく持つほどイバラの道だ。

 

だから、夢デカい奴ほど苦労するのは当たり前。

 

汚ったなく成り上がるより綺麗に潰れる潔さ、綺麗に成り上がった奴が天下を取る!

 

私が山口県の行方不明になった幼児を探しても見つけられなかったでしょうね。

 

 

まだまだ、私は夢叶える途中です。

 

 

代表取締役 野呂一哉


 

この数年間で不動産投資で買いすぎた社長さんからの悲鳴にも聞こえるSOSが顕著だ。やはり今回の不動産バブルでも被害者が続出している。

誰だって大家になれる!などと安っぽい本に騙されて皆買う。ローンが出るからほぼほぼフルレバレッジで購入する。

あっという間に一棟マンションの大家になれる、しかしながらTV取材されているサラリーマン投資家の顔は笑っていない笑。

そう、どこにでもあるようなアパートやマンションを買って、もしくは新築しても儲からないのだと3件目を購入した際に初めてわかる。 夢であってほしいと。 不動産投資は自己資金80%から始めましょうね。笑


さて、長年付き合っている不動産投資家との新年会で聞いたお話です。 株価は年末までには3万円を超えるという。ほんまかいや。

しかしながら不動産に関しては在庫が膨れ上がって、総合的に価格が下がるとの見解も。

2018年は銀行も大不況の始まりだと唱えるアナリストもいる。

だからこそ、資金潤沢に買い占めるチャンスだと思う人は5万といるが、物件に巡り合える人はスズメの涙程度だから世の中面白い。



もう駄目だと感じるとき、それは人間として最強の恐怖である。資金繰りが厳しくて夜逃げした某振袖屋さんも同じ心境だろう。しかしながら、成人式前日の夜逃げは見事だった。根性あるが根性の使い場所が違う。


もう駄目だと感じだ時は以下の10か条を思い出してください。



1.支払うより支払わない方法を考える (逃げるための術ではない)

2.今月支払わなかったらモノを必ず一覧にまとめて、翌月には支払える順に電話を入れる。
この電話は必ず社長が行う

3.ヒト、モノ、カネの順に支払うこと。翌月の月中の運転資金を確保して月初繰り越しをする

4.支払えなかったら、を考えるより、何回に分けて支払えるかを考える

5.朝昼晩、必ず食事をとること コンビニのおにぎりで充分だ。

6.支払うことの使命感はとっとと捨てる。MUSTは捨てる!WILLを増やす

7.人生は平等ではない、その不条理を今、打ち破れ

8.親父が作った会社だろうが、あなたが一代で築きあげた会社だろうが、そこでその事業で飯食ってきた、
今まで飯食えた分、カネがない時くらい頭を下げよう。 頭下げるのに金はとられない

9.税金と社保を舐めるな! 分納可能だが日本国に対して差し出した支払誓約書の怖さは
差押を食らって初めて知ることになる。 計画的な資金繰りを始めよう。

10.本物の中小企業の社長になれ!今更、一部上場はできないし売上高を倍にするなどは夢のまた夢。
だったら会社が下降線をたどり始めても生きていけるように、資金繰りに強い会社を作りましょう。
会社の経営は船の航海と同じ。 優秀な船長と船員と最新鋭の船で航海したって転覆するときは転覆する。

本当に必要なのは3か月先の大津波を察知できる羅針盤(資金繰りの徹底)だ!





今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 秋深まり、夕方の公園にそそがれる西陽の澄んだオレンジ色が本当にきれいだ。部屋に入る西陽も暖かい。今年は塩害で紅葉が心配されているが自宅前の公園の木々も部分が塩害によって枯れてきてしまっている。桜が開花してしまった地域もあるとか。

キャンペーンで当選したエスプレッソマシーンが届いた。エスプレッソが作れるならコーヒーも作れるだろうと安易な考えで応募したものだったが、到着して気づいたのはコーヒーは作れないということ。悲。

友達みんなに聞いて回ったが欲しいという奴はいなかった。笑。2万円相当のモノだからいいものだと思うが、私を含めて友達にもエスプレッソコーヒーをわざわざ自分で作るやつはいない笑。ということ当選してから気づいた。 他の商品にしておけばよかったなあ。

来年度の不動産購入に向けての融資予算が来週の銀行との打ち合わせで確定する模様だ。実績を積み上げてきたから、かなりの融資枠を頂ける模様。 転売としての不動産購入ではなくて、あくまでも企業保有として。 来年は達成しなければならないこと、始めなければならないことがたくさんあるためその補助としての意味合いもある。

雇った社員を成長させることもある。採用したからには最低限の役目が私にある。

私が週2回ほど会計をやらせて頂いている支援企業の資金繰りが今月、来月と最底辺であり非常に厳しい状況である。今までもこういったことはあったが、今月は初めて私も顔から笑顔が消えた。 改めて資金繰りの厳しさを実感する。

カネがないとはここまで気持ちが暗くなるのか。皆がんばっているのに販管費の支払いでギャラや給与が払えない。これは本当に深刻だ。 日繰り対応の資金繰り表を使ってもここまで攻めてくる資金繰りさんにあっぱれだ。

月末の支払いに対する繰り延べ依頼も今月末までに2か月分を熟さなければならない。これは一歩間違えば完全なる資金ショートだ。実際に繰り延べの依頼をする社長さんに今月はこの金額まで繰り延べをお願いしますと、簡単には言えなくなってきた。

それでもその社長さんは嫌な顔一つせず、私に愚痴をこぼすことなく、じっくりと受け止める。私もその社長さんの姿を見てこういった本物を目指そうと実感するのだ。 私が経営する会社だっていつ窮地に立たされるかわからない。

カネが無いと嘆いた時点でその社長は終わりだと考えるのだ。

幸いにも番組制作の企画はまだまだ通せてるので、これが全て実ればまた収穫祭を迎えられる。

ただただその収穫祭を目指して、ひたすらに番組制作の困難さと資金繰りの悪さにじっと耐えている社長さんの姿は勉強になる。ガタガタと口に何でもだす輩とは訳が違うのだ。

そういった姿をスタッフ全員が見て認めているからこそ、この会社のスタッフに腐った奴はいない。これもこれで勉強になる。

人間に対してどう感じるか、どう気づいてあげるかで自分の宿命っていくらでも変えることができるのだと私も自信で湧いてくるのだ。


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


おはようございます。

  

さて、昨日は当社支援先で唯一、私が経理業務を担当させて頂いている会社さんのリスケ条件変更の承認がおりました。全部で5つの銀行と付き合いのあるこの支援先。4月からひとつひとつ丁寧にやりとげて、最後の金融機関から承認をえることができました。

 

新規面談のご予約が非常に顕著だ。ようやく資金繰りの厳しい社長さんたちが動いてきている実感が沸く。

 

資金繰りが間に合わないと、電話越しに訴える方が多いのは事実だ。ただ、考え方を変えていただきたい。資金繰りは間に合う、間に合わないではない。

 

間に合う資金繰りをしている会社さんは、既にもう危ない。資金繰りは事前に予測を立てることが肝心であること。そして、中小企業の資金繰りで一番ぶれてはいけないのが、払うか払わないかだ。

 

間に合わせている時点でそれはもう資金繰りとは言わない。久しぶりにヒト、モノ、カネの話をしよう。

 

会社の経営に必要不可欠となるヒト、モノ、カネ。どれも大事だ。今日からこの3つのうち、どれか一つしか選択できないとなったら、あなたはどれを選ぶ?カネやモノと答えたあなたは社長さんには向いていない。その会社はとっとと畳んだほうがいい。

 

そう、大事なのはマンパワーだ。人が全てであり、人を大事にしない人間はそのうち滅びるのだ。

 

しかし、会社の資金繰りで大事なのはカネ、モノ、ヒトの順序となる。矛盾しているか?いや、矛盾はしていない。この順序は資金繰りを整えて再生する際に一時的に支払いを止める、もしくは減額する際の順序だ。

 

カネは銀行や税金、モノは買掛先(取引先)、ヒトは社長さんを含めた従業員さん、個人外注さんだ。

 

この順序で資金繰りを組みなす際に必要なのは、たったひとつ、度胸だ。怖いなんて言ってたら会社は無くなる。いや、亡くなる。

 

もちろん、返済しないとか納税しないことを推奨するコンサルタント会社ではない。あくまでも一時的に資金繰りを組み直すためのスキームであるのだ。

 

合法的に組み直して、当社の支援先の社長さんや奥様、従業員さんは一生懸命に仕事をされている。当社がコンサルで入って倒産した会社はない。

 

今日はこのへんで。

 

代表取締役 野呂一哉

 ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
resize.jpg


 おはようございます。当社の本の出版にもご尽力頂いた株式会社ジン・ネットの代表を務める高世仁さんが朝からNHKのニュース番組に出演され、拘束を解かれた安田純平氏の件について現在の情勢のお話された。長年のお知り合いだそうで、無事が確認され何よりだ。知り合いがNHKの生放送に出るとびっくりしてしまう。

夜は寒くなりました、長袖一枚だと寒いくらい、不思議ですね2週間前までは外を歩くと汗かいていたのに寒くなるとあったかい汁ものが飲みたくなる。笑

最近は5月の国家資格の取得に向けてちょこんちょこんと勉強している笑、41歳となってようやく精神年齢が25歳くらいになった悲。 それにしても勉強よりも肌で仕事を覚えてきたこの41年間。結果としてもったいない時間を過ごしてきたと感じる。

やはり中途半端にかっこつけて青春時代を過ごすものではない。学生は勉強すべきだ。今さら笑。目標を半年以上先に定めて勉強できる人間はそれだけで才能がある。早く気付きたかった。今の勢いなら早慶も夢ではないかも・・・・・しれない。

大人になって資格の勉強をするのも若い時とはまた違った集中力があるので非常に有意義だ。

この夏に神田で新しく会社を登記したが,採用した社員はすくすくと育っている。私の夢はこの会社を日本一実務力のある事業再生会社にすること。 その目標に賛同してくれた3人を先月までに採用した。一人は元銀行員の32歳、ちょっと堅物だが銀行に嫌気が指して本音で毎日を生きたいと語ってくれた男性だ。

二人目は不動産営業でほぼ毎年トップセールスだった女性の不動産の営業マン。目つきが嘘をついていないのと高卒で不動産業者に就職して死に物狂いで働いてきたが病で母親を亡くし、もっともっと幅広く生きていきたいとという理由で当社の採用面接を受けてくれた。 間違いなくできる女だ。 これぞ男勝り。

3人目は受け付け電話のプロ、兼、簿記1級で当社支援先の会計指導もできる女性。 それなりに俺好みのアクの強いのが集まった。笑。 これが私の夢のスタートライン。

3年後には社員10名が目標!既存のアセットアシストコンサルタントは資産家管理会社にしてしまおう笑。

夢を持った人間と話すのは楽しい、しかしながら目指している人は少ない。なぜか、叶えようとしていないからだ。 現実しか見ていない悲惨な人々だ。可哀そうだ


夢を目指す奴がいる、はたから見りゃバカだと言われる奴だ。 しかしながら今の時代GRAET CAZY!

人がやった後の道を歩いたってどこにも到着しない。 これ本当の現実。


代表取締役 野呂一哉




ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 秋深まる10月ですがすでに下旬に突入します。あっというまに秋から冬への様相を呈してきた東京です。各種国家試験が全国で執り行われているようですね。私ももう一つ、勉強を始めようか。
 
お金があることが人間の幸せか? 私はイエスだと思う。

お金が無くて、毎日お金を恋しく思うことは不幸せか? 私はイエスだと思う。

明日食べる米が無くて、自殺しようと思う人間をどう思うか? 私は自業自得だと思う。


どこに人間の幸せがあるか? 人それぞれだと私は思う。


例え明日死ぬとわかっていても、やり直せることはできるし。世間の目なんて何の指標にもならんし。


今日も、明日も、明後日も、順調に問題だらけ。これからも、新たな苦労が次々に生れてくるでしょう。

 これは、北海道浦河で精神障碍者たちの支援にあたる元看護師の向谷地(むかいやち)悦子さんの言葉だ。問題が出ても動じないのは、彼らと、苦労や弱さを取り除くのではなく共有し、「大切な苦労」の主役となって、自分で自分を助ける手だても講じられるようになったからだという。(『行き詰まりの先にあるもの』より、「折々のことば」朝日新聞2月7日)

 

 つらいことに直面したとき、自分などが想像できないほどつらい体験をくぐり抜けてきた人の言葉から学ぶことは多い。

 以前このブログで紹介した鴫原(しぎはら)良友さん。3.11後の原発事故で行政東電から翻弄された福島県飯舘村の中でも最も放射線量の高い「帰還困難区域」長泥(ながどろ)地区の区長である。住民は土地も仕事も失い、家族は離散し、高齢者は仮説住宅に引きこもって精神を病むという状態に陥り、鴫原さんは住民と行政の間に入って、何度も死にたくなるような苦しみを味わってきた。

 鴫原さんは私たちに生きる姿勢をこう語った。

《「忙しくてどうしようもない」「金がなくて困った」「仕事がうまくいかない」、こういうのが最高の幸せですよ。毎日、働いて生きるのがいいのです。みなさん、今の暮らしを大事にしてください。》

 さらに、

《辛いこと、嫌なことがやってくると、「それきた」と喜ぶようにしている。これも試練だろうと前向きに考える。》という。


生きることは辛いことが99%、残りの1パーセントを頼りに生きてください。それが人生です。


私の母親が亡くなる2日前に私にショートメールで送ってくれた最後の言葉です。


今、その通りだと実感します。




今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 徐々に秋へ移行するという。いい季節がやってきた。それにもまして、案件の流入が止まらない。今年も大みそかまで突っ走ろう。

一つ確実なのは筋トレやって両腕が太くなってきたことだ。しかしながら、今回の目的は体脂肪を落とすこと。真夏に食事をしても汗をかかない男になりたい笑。まだまだだ。

木曜日に小中学校時代の仲間と3人で秋葉原UDX内のレストランでランチタイムを過ごした。たった一時間だったが、40歳になると見栄えも考え方も変わるものだ。

中学高校時代とやんちゃしていた番長は子供が生まれてようやく気質になるようだ笑。それでも考え方はビッとしていて、頭もキレる。新御徒町で商売を始めたらしいが、うまくやってもらいたい。 それにしても食事をしていて俺は一人で汗をかいている笑。 ほかの二人はまったくかいていない。 この違いはやはり体脂肪か。

楽しい時間だった。それでも東京で真昼間に故郷の仲間と会うとホットするね。

悪いことがあればいいことも必ず起きる、昔の人はよくいったもんだ。実際にこうですね人生は。

トランプさんが北のトップに拉致問題解消を告げたと言えば、今日には拉致問題は解決済みだと仕掛けてくる。私もこのところ不動産取引が顕著でうまくいっているが、支援先社長から電話があって、消費税の納税ができないと告げられる。

そんなときは、それきた!やっぱりきた!と念じるしかない。良いことと悪いことは連れ立って目の前に現れる。これが人生。

消費税の増税もほぼ決まりか。8パーセントだって大変なのに笑。これもこれで人生。

ひとつ希望を言わせてもらえるのならば消費税の増税を決定する方々に一度、会社経営をしてもらいたい。

会社経営をしたことがない人々が消費税の増税を決定するこの矛盾さ。

これもこれで人生。 きたきた!やっぱりきた!笑

雨ですが思いっきり今日という日を楽しみましょう。




今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
アセットアシストコンサルタント
アセットアシストコンサルタント