2018年7月アーカイブ


 ボブディランさんがフジロックにやってきたニュースをみて感激した。あまりにも忙しく今年は出演アーティストを拝見する暇がなかった。私が最後に行ったのはイエモンが出てボコボコにされたときの回だ笑

FACEBOOKで私の中学時代の友人がさっそく現地の様子をアップしている、うらやましい。最近はライブにも行っていないなあ、最後に行ったのは長渕剛さんの富士山ライブだった、あれもあれですばらしい感動だった。

来年の夏はフジロックに行きたい。

昨日は車のエアコン修理に出している茨城の支援先へ車を取りに出かけた。買ってから何回壊れただろうか、最初は首都高を走行中にバーストしてタイヤ交換。その次は消耗品以外のパーツ交換が無料で2年間は可能な保険に入っていたので、保険期限が切れる前にエアコンの内部修理。そして今回のまさかの真夏の冷風が出ない修理と。 思い起こせば回数は大したことないか、それでも今回の出費は痛かった。

日曜なのに最近仲の良い銀行員さんから電話があった。港区内のマンションの取引に力を貸してほしいと。断る理由はないが、銀行から案件をもらうだなんて、偉くなったもんだ。

9末までに決済をしないといけない案件がこれでまた増えた。今年はお盆休みもないかな笑 失笑

当社の支援先に絶えず、前だけを見る社長さんがいる。何があっても動じない鉄のハートを持つ社長さんだ。常に周りに目を配りつつ、自分の仕事もこなす。 社員の仕事にも関心がある。

資金繰りは大変だが、この社長さんには常にラッキーが付いて回る。資金繰りが苦しい時に、びっくりするような受注をとってくる。又は社員が獲得してくる。 数多くの裏切りにもあった時期もあるという。

腐らない、不貞腐れずに仕事に没頭するその姿勢は見習うところがある。 俺なら腐る笑

生き方を曲げない、人格こそ全てなのか。 それにしても根性ありすぎだ。


既に契約は解除しているが、かつてこんな社長がいた。 社員を平気で裏切る社長。
信頼はゼロ。株主100%の権力を振りかざし、気に入らない社員は即刻クビだ。取引先の社長さんと打ち合わせをしているときも、社員の悪口をベラベラと話して、いかに担当社員が仕事ができないかをアピールする。

こんな奴がいるのかと思ったが、実際に存在した。

こういった事を吹き込まれた社長さんはもうこの社員を相手にしない、そうですよね?なんのためにこういった事をするのか? 答えは簡単だ。

自分が何もできずに取り残されることが怖い。蚊帳の外に置かれるのが怖い人物だ。どうしようもない。
そして人を信じることができない。 社長さんとしての欠格事由が満載だ。

私だって過去に同じようなことをされたことがある。 辛いが我慢するしかなかった。

悪党と薄汚いドブネズミの策略にはまって、生き方を変えるわけにはいかない。

この社長さんは後に金に困って車ごと電信柱に衝突して昨晩に亡くなったようだ。数年前に我慢できずに私から一方的に支援契約を打ち切らせてもらった。

鼻で笑われたが、今度は私が笑ってやる代わりにお悔やみ申しあげよう。

自分の事ばかり考えている人間は落ちるしかないのです、これでわかったよね?


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。



 西日本方面は復旧中なのにまた豪雨が続いているという。私が住む千葉市は昨晩は大雨だったが大した被害もなく、今は晴天。皮肉なものです。東側から西に移動していく台風は珍しくて、ここまで思いっきり西に進む台風は観測史上初だとか。

昨日は台風が近づく中、横浜市内の収益物件の契約を無事に終わらせることができた。銀行案件ですが、神奈川県内に収益モノをいくつも所有するオーナーさんの契約で無事に終了。それにしても、本物の収益モノのオーナーさんは考え方がすばらしい。

まずカネ!カネ!カネ!転売益は?と素人同然の考え方をもっていない。自分の足で調査して一年後、数年後の利回りを弾いて決心して投資を始める。 土地だけの評価と将来性はもちろん、近隣の幼稚園保育園の児童数まで調査する。失敗することもあるだろうがここまで考えて投資しいている人に出会えるのは、珍しいものだ。

本当の投資家とはこういう方を言うのだろう。間違っても100%ローンで買わない笑

ここのところは静岡県、山梨県方面の支援先の不動産処理と神奈川県内の銀行案件の処理に追われている。ここまで忙しいと暑ささえ感じない、自分の一番やりたかったことに没頭できていることに感謝だ。

久々に電車にのって叔母の生まれ故郷である横浜まで、気になったのは天気の悪さ笑。電車に乗ると自分の地元の駅前にドンドンと新しいビルが立ち並んでくるのが一目でわかる。



ここ数年で私の地元である千葉駅周辺からはPARCOが消えて三越が消えた。

同時にJR千葉駅が改装をほぼ終えて、駅周辺にあった店舗がエキナカに入る現象に歯止めがかからない。

便利さと売上の維持を計測するとなると仕方がないのだが、これが千葉市の役人と市民のツケの後払いのようにも感じる。いやそうなのだろう。

調子のいい時にやるべきこをやらなかった結果、足元をきちんと見ていなかった結果がこうだ。

地盤が緩んでもがこうと思った時にはもう遅い。 まるで会社経営の資金繰りと一緒だ。

私だってそう、今は自分の支援先が増えている状況で銀行からの案件も豊富で、購入してくれるVIPからの信頼もあり徐々に購入層のネットワークもできている。

しかしながら、この調子のいい時に次の一手を打たないと、私の地盤だって緩んでくるのだ。


だから毎日動く、毎日足元を見る、見るだけじゃだめで血が出てるなら治療と血が出ないための術を打たなければならない。

今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 本当に涼しく、真夏の中休みです。水不足の解消を狙いたいが、各種夏のイベントに影響が出ているのが残念です。天気予報って真夏の時は本当に難しい。


極度の暑さで真夏を商売にしている人たちは大盛況のようだ。
ソフトドリンクにビール、海の家にエアコン屋さんなど。私も30手前で失業した時に一時的に親父のエアコン屋のバイトをしていた。あのときの劣等感と今の人生を変えていきたい!という思いで必死でやった。

初めて親父の背中を見た瞬間でしょうか。病に倒れた母親のために必死に真夏に働く親父の姿を見ていた。重たい室外機をエレベーターの無い団地の五階まで上げるときは何回か気を失いそうになったけど笑。

いい思い出であり、人生の糧かもしれません。

いよいよ、私の個人プロジェクトが動き出す。もう一つ会社を作って今までにない不動産会社の歴史を作っていこうと思う。私を支えてくれるメンバーも非常に強力だ。

ここには書けないが、かなりのビッグプロジェクトとなる。地道に23歳から不動産仲介業に身を置き、電鉄系、信託銀行系とキャリアを積んで中小企業の事業再生事業に関わる任意売却と出会い、今ここに金字塔を打ち立てて誰にも倒せない企業を作りたいと考える。

今からでもワクワクしており、日本中の不動産を自分の目で見て判断したいと考える。内容はここへは書きません笑


地道に一歩一歩進んで時には奈落の底へ突き落され、時には裏切りにもあったこの20年間。けど、ようやく信頼できる仲間が4人できて、これからは新会社のために生きようと考える。

今のアセットアシストはいつの間にか自分の好きなことがやれない状況になっており、ひょっとすると今期で解散してしまおうかと思う。

新たに作る新会社でももちろん事業再生会社と任意売却は実行するつもりですが、こちらの分野は私より優秀な他の3人に任せて、私は日本中の売却中の一棟マンションを視察する業務で今後は多忙になりそうだ。

顧客のために生きる、そして稼ぐ、うまいビールを飲む、鮭の切り身とみそ汁で飯を食べる。

これだけあればいい。

ブログももちろん続けますよ。引退するわけではない笑。精度の高い事業再生事業と任意売却事業そして新たに生まれる事業の3本柱で夢を叶えようと本気で考える今日の夜。


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

 ここのところは銀行筋から入ってくる不動産案件の処理が顕著であり、自分の新会社のためのホームページの原稿書き、ジム通いと資格の勉強と・・・・・人生で初めて充実した時間を送っていることに気づかされる。

時間を有効に利用することがエリートの証だと教わってきたが、正直20代、30代の時には俺には関係のない話だと思っていた。もっともっと早く気付くべきだった。 食わず嫌いならぬやらず嫌いに陥っていた。

シェアハウスのオーナー被害者たちが続出しているらしいが、あれが典型的ななんちゃって不動産投資であることを理解してもらいたい。 月に70万円の入金があり、そのうち50万円を支払って20万円が自分のものという子供のような投資話。

イメージ的には逆でないと投資とは言わない。70万円の入金があって20万円を銀行に返済して50万円を固定資産税や修繕のための費用として別で投資する。残りを利益として考えなければならない。

それでも失敗する人はいる。不動産の見立てだけは素人にはできないからだ。だからこそ100%ローンでの不動産投資は投資とは言わない。ただ買っただけだ。

シェアハウスオーナーさんに入金されるお金を払うのは誰か。シェハウス会社と答えた人は絶対に不動産投資に向かない。 入居するエンドユーザーさんだ。 このエンドユーザーさんとの絡みを業者任せにしている時点で終わりなのだ。

これは持論だがシェアハウスは日本には浸透しない。笑。私はそう思う。

誰に必要とされるか?

私はもっともっと得意分野を磨き上げて、不得意な分野が無いように必死に食らいつき、日本中の社長さんに必要とされたい。

人間だってそうです。オレオレがと先頭に立って全て奪う人間は意外と何もできずに全てを失っていることが多い、もっと恐ろしいのはそういう人格を持つ人間は、何にも気づいていいないのだ。

目指すのは誰に必要とされるか。


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉



<a href="//blog.with2.net/link/?1284371"><img title="人気ブログランキング" src="https://blog.with2.net/img/banner/banner_23.gif"></a><br><a style="font-size: 0.9em;" href="//blog.with2.net/link/?1284371">人気ブログランキング</a>

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 

 

おはようございます。今日も元気にいきましょう。暑い毎日です、今日は板橋区内の支援先へ定期訪問と夕方は社内にて溜まるにたまった事務作業です。

 

さて、時折、お付き合いのある業者さんや数多くの不動産業者と付き合いのある司法書士さんから聞かれることがある。任意売却専門業者と普通の不動産業者の違いって何ですか?普通の業者でも任意売却はできるでしょう?と聞かれることが多いです。

 

その通りだ。違いは何もないです。任売業者であっても普通の業者でも一緒だ。同じ不動産業者に変わりはない。

 

任意売却だけを扱うか、街中の地域密着型の不動産業者であるかの違いだけだ。

 

契約をしてお引渡しをして成功報酬を得ル仲介手数料がこれらの会社の売上となる。つまり、契約して買主様に所有権を移転できないとお金はもらえない。成功報酬ですからね。

 

任意売却専門業者のホームページには普通の資産処分を得意とする不動産業者を批判する内容が多い。誹謗中傷ととれるような文句を記載している業者もある。


しかしながら嘘が書かれている時もあるから残念な気持ちになる時もある。

資産処分を得意とする業者(TVCMでおなじみの大手仲介業者から街中の不動産業者までがこの部類に入る)では任意売却はできない・・・・・失礼な話であり、これは大ウソだ。

 

集客するためのひとつの謳い文句ととって構わないが、大手の仲介業者でも任意売却は可能だ。

 

もちろん、経験の差はあるだろうが任意売却に必要なのは経験ではない。

 

絶対に金融機関の言いなりにならない鉄のハートだ。喧嘩する度胸があるかどうかの違い。つまり、仲介手数料目当ての任意売却業者に債務者(お客さんである売主)のための任意売却活動はできない。やれたとしても住宅ローン案件が精一杯。

 

中小企業の再生を中心としたスキームの中で不動産の動きというのは切っても切れないので、当社は宅建免許を取得している。債権者との交渉にも充分に時間をかけて、どのスキームが一番当社の支援先にとってベターかを常に考えて実行する。


例えば債務者が高齢で短期間での引っ越し作業等が困難な場合には、任意売却を断念して競売開始決定がされても競売開札されるまで住み続けて、その後は安い公団へ移りましょうとご提案させて頂くときもある。(地域によっては競売で自宅を失った方のために優先で入居ができる仕組みをもつ公団がある) だから、私は担当させて頂く物件のエリアにどのような公団があるか常に調査をする。

 

自分の営業数字を視野に入れた任意売却活動は私にとってみれば非常に恐ろしいことだ。

 

私が債務者だったら住宅ローンの任意売却は大手の仲介屋さんに任せる。コンプライアンスもきちんとしているし、安心して任せられるからだ。


しかしながら企業所有や社長さん所有の不動産の売却となるとこうはいかない。売却して終わりではなく、売却して事業再生というスキームが始まることが多い。売却して、会社の資産状況を再確認して銀行担当者とのやり取りが開始される。毎月の試算表のチェックと当社で作成させて頂いた入出金ベースの資金繰り表を照らし合わせながら社長さんと経理担当者さん、税理士さんと打ち合わせをする。


正直言ってここが一番大事な時である。決算目標までにやらなければいけないことを毎月確認して実行に移せるものからやり始める。

地道な作業です。


私も10年前は数字を知らない不動産屋だった。この事業再生と言う仕事に出会い数字を知らないと何もできないことを痛感し体で覚えた。


うちの会社もこの8月で7期目となり、まだまだ破産する企業さんが後を絶たない、今年は例年にも増して相談件数が上がっている。


日経平均株価ってアテにならない今日の現実。


今日はこの辺で。


代表取締役 野呂一哉


国書店にて、好評発売中

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

本 表紙12.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
企業ほど、経営コンサルタントをうまく活用してほしいと思います。


昨日は妹が生まれたての子供を連れて私の家を訪ねてくれた。涼しい公園からの風と、家の中を吹き抜ける夕風がなんとも心地よかった。子供も風を感じてあまり泣かない、うちの親父も嬉しそうだ。


ここのところ多忙で先祖の墓参りに行けなかったので、久々に行きたいと考えた。ざっと半月ほど行っていないので恐る恐る行ってみたが、完ぺきなほどのどくだみ草の天国で手で全部引っこ抜いた。

大事な植木が植えてあるので除草剤は使えない、一つ一つ汗だくになりなが引っこ抜く。霊園は珍しく人が多く、静かに梅雨時の風が流れる。


もうだめだと考えたことは誰でもあることだと思います。私だって経験があります。


ただ、もうだめだと思った時に終活をした時点で負けだと私は考えるのです。実行に移すかどうか。


終活に向けての第一歩はやらなくていい。もう一度だけ自分をからかってみましょう。ただの擦り傷事故だと。

年齢関係ありません。 長く生きてりゃいろいろあります。才能ある人間ほど周りからいじめられるといいます。

それは人から出会ったり物理的であったりと。


人を恨む体力はもったいない、自分がさらに強くなりましょう。強くなったらそんな糞な奴はくたばってますから。

代表取締役 野呂一哉

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。



 これが温暖化の恐怖と結末なのか。私に限っては毎年の夏は常に汗をかいているので何とも言えないが、体調を崩す方と亡くなる方が多すぎる。コンビニに行ってもミネラルウオーターの在庫がほぼ無い時もある。異常だ。アスファルトとコンクリートの増加がこういった結末を招いているという結論もあるが・・・・・ビルやマンションの屋上に緑などの植栽を植えなければならい程度の条例では解決できそうにないですね。

昨日は依頼を受けている佐倉市の一戸建てのご案内をさせて頂いたあとに無事にお申し込みを頂いて、有意義な土曜日となった。それからジムに行って筋トレ(かなり真面目にいってます)、暑い中だったが母親の眠る墓掃除に出向いた。

約一か月ぶりに訪問したけれども、霊園内に居るのは私だけ。酷暑と言われる中で草取りはフラフラだったがやっぱり気持ちいですね。今年は梅雨明けが早かったせいか、草があまり伸びていない。

たっぷりと水をかけてあげて、植木にもこれでもかと水をあげた。ようやくこの8月で会社の七期目も終わり、いよいよ大事な8期目に入る。この8期目にはやりたいことがたくさんある。

ここまでは本当に大変だった。会社の設立当初は満足に給与はもらえなかったし、支援先も少なかった。
一緒に仕事をしていて信頼していた人間にも裏切られたことだってある。本気でこいつを殺そうと夜中に自宅の前までいったことだってある笑。

それでもそれは私にとっての試練だと全てを飲み込んだ。 なんてったって才能ある人間には苦悩がつきものです。笑 相手に裏切られたり傷つけられたりしたときは、相手のことを紙やすりだと思えばいい。

紙やすりでこすられたら痛いですよね?でもこっちはピカピカになる、相手は使い物にならなくなる。


この原理です。ここまで考えるには時間がかかったけれども、この原理が実際に起こりえることであり現実なのだと実感した時からこういった考え方が私に備わった。

偽物は相手にしない。 偽物は相手にしない経営をしてから運もついたし金運もついた。何より信頼のできるビジネスパートナーと仲間が増えた。 これだけで幸せです。

ここまでは簡単ではなかったけど、この先も簡単ではないでしょう。一つはこの会社を日本一有名な事業再生会社にするための手段の構築と実行、そして結果を出すこと。

一生消えない記憶はたくさんあります。会社設立の時はお金が無くて宅建免許すらなかった。支援先の社長さんに笑われた時もあるし、不動産業者に失笑されたこともある。悔しさですね。

悔しさはどういう方向にも対処できます。その場で言い返すこともできるし、睨みつけることもできる。
脅迫することだって笑。

俺はしない。クソのような人間を相手にしないのだ。すべては信念です。信念で自分を成長させ、信念で迫力をつける、最後は実力で相手を倒す。これでいい。

その場その場で罵倒してくる人間は自信がなくて恐怖が溜まりすぎて、言葉で相手を潰すしかないのだ。

私は先に行きたい、いや行く。 

暑い夏ですが涼しい風が吹く秋の収穫祭に向けて今は我慢です、私は毎日が我慢です。あなと一緒です。

勝ちましょう!


代表取締役 野呂一哉

 ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

本当の事業再生を目指す。夏の陣酷暑の夕方に読む

 

暑いです。夏ですから。笑。風鈴の音色すら今年はいらない。熱波が心地よい。

 

私の事業再生の支援先が今は神田小川町、小田原、館山、静岡の清水市、横浜と海老名市に1社ずつ任されている。

 

車での移動が殆どだが、ステアリングを握る両手にあたるエアコンの風が妙に生暖かいなと思っていたら、ガス漏れで冷却が鈍っていた。

 

新車を買おうが迷うとこだが、我慢。

車は治しながら乗るのが面白いんだと20歳頃に整備工の父親に教わった。笑

もうちょっと付き合おう。その通りだと思う。

 

予定を急変更で、茨城の当社支援先の車屋さんへ預けに行きました。

壊れるから愛車は可愛い。

 

熱中症対策で公立小中高にエアコン設置を検討ですと。羨ましい!

昔は熱中症で倒れる人なんていなかったけどな。

 

という事でスポ根理論丸出しの事業再生会社社長です。

 

本当の事業再生をやりたい。ごまかしきかない、悪党は相手にしない、橋折らないやつ。笑

 

 

本当に再生できるやつ。どこもかしこも経営は今のところ厳しい。この夏、どれだけの企業が秋を迎えられるか。

 

 

ごまかしと失敗が許されない事業、それが私がやっている中小企業再生、任意売却事業です。

 

だから、支援する会社の社長さんの人格を見ます。

 

何かに挑戦したら

確実に報われるのであれば、

誰でも必ず挑戦するだろう。

 

報われないかもしれないところで、

同じ情熱、気力、モチベーションをもって

継続しているのは非常に大変なことであり、

私は、それこそが

才能だと思っている。

 

 

いつだって忘れない、陰と陽の使い方。にほいとズレは男の魅力。

色気ある男になるためには、慈悲である事。

 

私は必ず実現して、日本一の事業再生会社の社長になる!

 

暑いから若干、辛口です。

 

代表取締役 野呂一哉


凡人はひとのせいにする。幼いころから祖母に教えられてきた。

四流は顔に出る。30歳を迎えてようやくこの言葉の意味がわかった気がする。これも祖母に教えられてきたことだ。

四流ほど汚い野心が顔に出るの意味である。そして四流ほど相手が気づいていないと過信するという。


今、40歳になって祖母の言葉の偉大さを痛感する。俺は顔に出ていないかと。



中小企業にはお金が回っていない。景気のせいにするのはもうやめた方がいいという結論だとも思う。

景気が悪いなら、知恵を絞る。そうじゃないとこの先はちょっと厳しいかもしれない。


景気が悪い、政治が悪い、会社が悪い、上司が悪い・・・・誰だって人のせいにしたがる。でも、そうさせているのは自分のなのだと気づく人が今の日本にどれだけいるだろうか?

私は景気という言葉が大嫌いだ。 所詮、金の回り方などを一度も心配したことのない人たちが作っている市場の一つの指標に過ぎないから。

こんな世の中でも、稼いでいる人は稼いでいる現実。 これだから日本って恐ろしい。


バブル期以降の高値を記録したのなら、今度は下がってくると思うと考えている甘ちゃん投資家が続々と増えているらしい。これだから一部の人間がさらに儲かる笑 本当の話。


勝つ奴、負ける奴、それぞれが均等にいる。


それでも勝つ奴はこのタイミングを見計らって動き出して勝っている。だから今から動こうとする人は、負けるのだ。

一仕事を終えた勝ち組の使用済みの机と椅子で、実現しない夢を語るのだ。




 

代表取締役 野呂一哉



ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 おはようございます。今日は久々に不動産の話。

相変わらず住宅ローンを対象とした任意売却業者さんのネット広告の多さには頭が下がる。少ない分母を全国の任意売却業者さんで取り合っている状況だ。
その中でも面白いのは不動産の査定額をどこよりも高く出しますよと言う広告です。

これに釣られて皆さん問い合わせするのか笑、なるほど面白い商売している。

A社の査定額2,900万円、B社3,100万円、当社3,250万円という見出しを大々的に出して当社はどこよりもだ査定額が高いことをアピールする。何も知らない不動産オーナーさんは当然に当社さんへ問い合わせするわけだ。

しかしながらこれには裏があり、当社さんは3,250万円で売却を始めてくれるがこれは相場の3割増しくらいの高値なのでこの金額では買主は現れない。

しかしながら担当営業マンは、こうなる結果は百も承知!ひどいと高い時には広告すらやらないし市場公開もしない笑

高いから広告の決済が所長さんから降りないとかね

だから諦めさせて、金額を落とさなきゃいけないなと売主に刷り込ませる。恐ろしいですね不動産屋って


結局はA社さんが査定した金額まで公開価格を下げて、当社さんは手数料を頂ける笑。こんなやり方する業者たくさんいます、はい。

あくまでも査定であって買取価格ではないことに注意してもらいたいです。当社さんが3,250万円で買取するのなら結構ですが、そんな夢のような話はないのでご用心。

あとは、最近では不動産業者も各種不動産団体から監視されている状況です。悪意を持って市場公開しないことは極力難しくなっており、基本的には市場公開することが原則。

つまり不動産の売却はどこの不動産業者に出しても同じだということ。担当のスキルの違いはありますが、大手に依頼しようと商店街の不動産業者に依頼しようと、そのエリア内で汗水たらして動いている不動産担当者の目に必ず触れるような仕組みとなっております。

可能であればアセットアシスト野呂へご依頼を笑


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 西日本の皆様には、我慢するしかありませんという言葉しか見つかりません。不眠不休でやっているのでしょうけれどもライフラインの復旧だけは急いでもらいたい。

いよいよ高校野球の県予選が始まり、今年は母校が一回戦負けとなった。私は野球部じゃないけれど笑。県予選が始まると夏が始まると体時計が一気に夏モードになるものだが梅雨明けが早かったせいか、いまごろ高校野球かと体が言っている。

それにしても暑い、水分補給が間に合わない。とんでもない気温だ。

昨日は当社の宅建免許の更新のための書類作成を一日かけて作成した。業界の方しかわからないかと思いますが不動産会社の宅建免許は5年ごとに更新します。

例えば東京都知事(1)第95881号が今の当社の免許番号、更新すると東京都知事(2)第95881号になります。括弧の中の数字が2になるだけですが、この2が大事。 信頼の2!笑 言いすぎかな、それでも作り立ての会社じゃないことだけはわかってもらえる。

融資を出す金融機関からの信頼も違うと聞きます。感無量です、非常にうれしく、自分たちのやっていたことがまた一つ細やかながら認められます。

法人専用の不動産サイトも来週にオープン予定。ご期待ください。

さて、当社の支援先の方々でも金があればこうしたい!ああしたい!と理想だけを打ち立てる方が多いのも事実です。金額はざっくばらんで3000万とか一億とか笑

でもそれってあまりにも春待ち症候群であり、現実味がないのです。バイクであればカスタムパーツを作って日本全国に売却したいとか、綺麗な店舗で写真を撮りたいなど。 夢を持つのは結構、ただそれだけでは経営者とは言わないし、間違いなく実現不可でしょう。

金があったら~~~~~なになに!では何も実現しないのだとまずは理解すること。あといくらあればこれができると考える。例えば頭の中にある新規事業を始めるには24,987,555円必要でそのうち15,000,000円は用意できると。

それを自分で書面で作成できれば、尚更いいと思います。

金が無い奴ほど理想と綺麗ごとを話します。話して終わりです、そのままでは。

実現するために金が必要不可欠ですが、頭の中の設計図を書面で起こす、手書きで結構。そして何より大事なのは金を得る前にできることは何か?考えて少なからず行動すること。

行動しない人ほど金だけに憧れる現実。明日あなたにお金が降ってきてもそれでは遊んで全てを使い果たすでしょう。


代表取締役 野呂一哉



ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 
 おはようございます。やはり熱くなると苦しくなりますね、外に出るのも嫌だが最近はジムに通って本格的に汗を流しているせいか汗が心地よく感じる。

同年代の男連中と酒を酌み交わすと仕事の話より糖尿の話を始めるやつが多くなった笑、いいおっさんだ。

当社の支援先については、ここへきて業種問わず売り上げダウンとなっている企業が目立つ。当社との付き合いとなり、最悪の売上高を記録している企業もある。何か本当に日本経済の一番裏にいるモンスターがいよいよ動き出した感がある。

業種問わずここまで低迷するわのは私も初めてだ。消費税の増税を来年に控えて本来であれば更に損益重視の売上アップを見込みたいところなのだが・・・・さて。

ここのところは私のサイトへ問い合わせしてきて下さる方が多いのだが、どうしても新規面談で吐き出せない方が多い。

吐き出せない人というのは、金払うんだから再生しろよ!みたいな態度の方が多くお話していてこっちのやる気さえも削ぐような態度の方が多いこと。

経理担当者を一緒に連れてきて、面談が始まったかと思えば社長さんが経理担当者を叱責する例もある。ここぞとばかりに私はそういった社長さんを叱責する笑。じゃないと企業再生ってできませんからね。

ひどいのは夫婦喧嘩を始める同族経営の方々・・・・・・悲

一つ一つの新規面談はおおよそ3時間程度、私は時間をかけます。それでも足りないくらいですが、これ以上やるとお互いに集中力がもたないので。その3時間で私が見破るのは、社長さんの人格です。 どんなに中堅どころといわれる企業であっても私は社長さんの人格で支援するかどうかを決定します。

高額のコンサルタント料を取れる可能性のある企業さんでも、私は断るときは断ります。よそにいってもらえますか?と。

そういった社長さんの会社は再生できずに終わることが殆どであり、支援契約をして悪知恵を利用する仲間にされるだけであり、結局私に怒鳴られて終了することになるからだ。

悪知恵を働かす社長さんの秘書にはなりませんよという話です。


人格を変えることは容易でないけど、変えようとしないといつまでたってもそのままです。人格が運命を変え、変わった運命が宿命を呼ぶ。

私はその通り祖母に教わり、今生きている。
代表取締役 野呂一哉



ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 

この数年間で不動産投資で買いすぎた社長さんからの悲鳴にも聞こえるSOSが顕著だ。やはり今回の不動産バブルでも被害者が続出している。

誰だって大家になれる!などと安っぽい本に騙されて皆買う。ローンが出るからほぼほぼフルレバレッジで購入する。

あっという間に一棟マンションの大家になれる、しかしながらTV取材されているサラリーマン投資家の顔は笑っていない笑。

そう、どこにでもあるようなアパートやマンションを買って、もしくは新築しても儲からないのだと3件目を購入した際に初めてわかる。 夢であってほしいと。 不動産投資は自己資金80%から始めましょうね。笑


さて、長年付き合っている不動産投資家との新年会で聞いたお話です。 株価は年末までには3万円を超えるという。ほんまかいや。

しかしながら不動産に関しては在庫が膨れ上がって、総合的に価格が下がるとの見解も。

2018年は銀行も大不況の始まりだと唱えるアナリストもいる。

だからこそ、資金潤沢に買い占めるチャンスだと思う人は5万といるが、物件に巡り合える人はスズメの涙程度だから世の中面白い。



もう駄目だと感じるとき、それは人間として最強の恐怖である。資金繰りが厳しくて夜逃げした某振袖屋さんも同じ心境だろう。しかしながら、成人式前日の夜逃げは見事だった。根性あるが根性の使い場所が違う。


もう駄目だと感じだ時は以下の10か条を思い出してください。



1.支払うより支払わない方法を考える (逃げるための術ではない)

2.今月支払わなかったらモノを必ず一覧にまとめて、翌月には支払える順に電話を入れる。
この電話は必ず社長が行う

3.ヒト、モノ、カネの順に支払うこと。翌月の月中の運転資金を確保して月初繰り越しをする

4.支払えなかったら、を考えるより、何回に分けて支払えるかを考える

5.朝昼晩、必ず食事をとること コンビニのおにぎりで充分だ。

6.支払うことの使命感はとっとと捨てる。MUSTは捨てる!WILLを増やす

7.人生は平等ではない、その不条理を今、打ち破れ

8.親父が作った会社だろうが、あなたが一代で築きあげた会社だろうが、そこでその事業で飯食ってきた、
今まで飯食えた分、カネがない時くらい頭を下げよう。 頭下げるのに金はとられない

9.税金と社保を舐めるな! 分納可能だが日本国に対して差し出した支払誓約書の怖さは
差押を食らって初めて知ることになる。 計画的な資金繰りを始めよう。

10.本物の中小企業の社長になれ!今更、一部上場はできないし売上高を倍にするなどは夢のまた夢。
だったら会社が下降線をたどり始めても生きていけるように、資金繰りに強い会社を作りましょう。
会社の経営は船の航海と同じ。 優秀な船長と船員と最新鋭の船で航海したって転覆するときは転覆する。

本当に必要なのは3か月先の大津波を察知できる羅針盤(資金繰りの徹底)だ!





今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 いよいよ西日本も梅雨明けとなり、大惨事となっている地域の皆さんに弱り目に祟り目となった。


私を含んで関東の人間kら見れば対岸の火事である。本当に無力だ。 

3.11の被災者の方で、我々が大変なときに多くの関西の方々が助けて下さったと新聞記事で拝見した。

阪神で大惨事があって、3.11があって、熊本地震があって各種大雨の被害で、
今度はいよいよ東京の番だと考えてもおかしくはない。
この西日本の災害で、実際に被害にあわれた方のコメントを現地のリポーターが読み上げていた。

「骨折れずにがんばろうと思うが、さすがに今回は骨が折れました。」 

こういう時に諦めずにがんばってくださいと言う言葉は届かないと 持論


次はだれかの番、今回はたまたま我々の番だと念じるしかない。

いずれは私が住む千葉市だって大災害となろう。
それにしても阪神大震災や3.11並みの避難者がいることに驚くばかりです。

 一日でも早く物流の復活を願うばかりです。

この土曜日に叔母の紹介で小田原の会社さんと新規面談を行った。

資金繰りの悪化が自分の責任であると攻める社長さんに、下を俯いたままの経理担当の奥様。 


気持ちだけでいいです。 それよりも早く金融機関対策と税金対策、

何よりも急がねばならないのは日々の資金繰り対応です。

しばらくは千葉から小田原までの行き来が必須だが、

売上が下がっている訳ではないので大丈夫だろう。

助成金も利用して設備投資の足しにすることも必須。

未払金や買掛金や返済を期限内に実行することは必要なことです。

誰だって期限内に支払ってすっきりしたい。しかしながらそれを払うと次の入金までの一カ月が回らなくなる時って

中小企業だとよくあるのです。

この辺のバランスを保つ作業が日々の資金繰り。

いたずらに支払を遅らせるのではなくて、すべて社長さんの方から事前に連絡を入れて誠意を持って了解を得る。 


これが大事です。



ここへ来て私が秋葉原でやっている会社の支援先は非常に景気が悪く、

今までで一番といってもおかしくない。業種問わずだ。

中小企業はいつだって資金繰り難が背中合わせだ。背中合わせだからこそ、

背中のモンスターが叫び始めた時に動いたのでは遅いのです。

叫び始めるかなあ?と三か月前に気づいてあげる事、これが資金繰りのヒントです。

小田原の会社さんは自社工場や社員寮、社長さんの自宅など複数の不動産を所有する企業です。

やり方間違えれば全て吹っ飛びます。事業再生をお願いするコンサルタント会社を間違えれば不動産だけ売られて終わりです。

本当に不動産を売却しなければならないタイミングなのかをまず見極める。

事業で使用している工場は仮に所有者を変えて借りるとしたら月の賃料は想定いくらか

社員さんたちに自力でアパートなどを借りる資力があるか。会社負担賃料はどこまで伸ばせるか

金融機関はどこまで協力的か。



忙しく暑い、小田原での夏になりそうだ

 

今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 西日本を中心に大変な状況だ。過去にも豪雨で被害が出た地域であるにもかかわらず、今回も同じような被害が出ていることに疑問を感じる。亡くなられた方もでている。今、自分は無力だ。


何気に梅雨に舞い戻ったような気候が続く。降りすぎても困る。

私が住む自宅の最寄りの駅がJR千葉駅であり、駅ビルの中がほぼほぼ全面開業となった。もっと駅から離れているところにあったお店がそろって駅ビルに入ってしまい、駅から私の自宅方面はシャッター街の勢いが増す。

これを書いている時に久々に千葉県の緊急地震速報を聞く。久々に聞くとびびる。

西日本の大雨と地震、今夜だけは西日本に地震だけは来ないでくれ。

結果を人の責任にする人間は多い、それはそれで結構。凡人な行動だが世の中凡人が多いから仕方ない。
しかしながら、人の責任にするその先って何かあるのかと私は考える。

私も会社の人間がミスを犯したときに機嫌次第では頭に血が登る時がある。一瞬考える。

子供のようなミスを犯したときに私は容赦しない。今回のミスの原因を追究して二度と起こさない事を一緒に確認する。 それだけだ。次やったら抹殺だ笑

ダメな社長はミスを犯した人間を怒って終わるだけ。ひどいと仕事ができない奴だと口に出す。やる気がなくなるまで痛めつける。 次につながらない。

全てを人の責任にする人間がいる。顧客の前で私は間違っていないとカミングアウトする。責任をなすりつけられた人間は自分の責任だと感じるか、相手に噛みつく。

噛みつく癖をつけるとことは大事なことなのだが、状況によっては反省をしない人間を産むことが殆どだ。

大事なのはどうしてそう思うのか。なぜ私の責任なのかを互いに話し合うことなのだが、ここまで余裕のある人間はそういない。

だけれども、互いに対話することの重要性は、非常に大切であり経営者であるならば必須だ。


人の責任にすることに慣れてしまっている輩で会社経営がうまくいっている社長さんに出会ったことが無い。

私の意見はそう間違っていないと思う。

最後に九州、西日本の方々に辛抱という言葉を送りたい。あきらめない勇気はこの世で一番大変です。







今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 おはようございます。完全なる梅雨明けなのか?気持ちいいが、6月の梅雨明けを経験するとは笑

第一四半期が終わり、私も昨日は支援先企業での会計業務に没頭した。資金繰りは極めて厳しいが日々管理しているので慌てるわけでもなく、落胆するわけでもなく、年金事務所と税務署に今月納める保険料と税金の繰り延べをお願いする電話をしただけだ。

社長さんと社員さんには売上を上げるための作品の制作に集中してもらうために、カネがないことを皆にシェアはするが嘆かない。だって単に金が無いだけですからね。

この先の入金の予定を知っているから、こうできる。先の出金を常にカウントしてあるからこうできる。単純だが中身は複雑です。それでも管理すればやっていけるようになるものだ。

この会社は力強い、決して経営は楽じゃないが社長さん以下全社員が売上アップのために全員で集中している。

それにしても当社の支援先企業さんはここのところ売上が低迷している。

ひっきりなしに会社の経営状態の厳しさを嘆いてくる旦那さんがいる。いつも夫婦喧嘩している方ですが、残念ながら社長は奥さん。何も決裁権が無いので、可哀そうなのだが。

会社の中はバラバラだ。

社長のせいにしていつも私に文句を聞いてもらいたいと電話してくる。奥さんも会えば旦那さんの文句ばかり。挙句の果てには数年前の事項を話し始めてあのときこうすればよかったのに、あなたがこう言ったから今の悲惨な状況が生まれたといいはなつ。

気づかない、気づいていない。 人間は人の責任にした時点で負けだということを。

そのうち気づかせてあげよう。本来は自分がどう感じるかなのだが、感じない人も世の中にはいる。

できれば言葉でなく私の行動と振る舞いで気づかせてあげたいものだ。


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

アセットアシストコンサルタント
アセットアシストコンサルタント