2018年3月アーカイブ


 
 関東でも各地で桜祭りが開催され始めた。私も昨日に近くに千葉城桜祭りに行って雰囲気だけ楽しんできた。それにしても人でごった返していた。今年も千葉の桜が見れたことに感謝です。

私の顧客で都内でラーメン屋を営むご夫婦がいる。昨年の暑い8月の頃に当社へご来社されてご相談を受けた。

お話からして毎月の支援料を捻出するような余裕は無かったので電話相談という形で無料でご相談を受けるようにした。実際に私が手を下すことはないと判断し事業を継続していくという判断。

ところが、資金繰りの悪化が著しくプラスして借りている店舗の家賃も滞納気味に・・・・・

元々リスケはしている状況であったがそれでも厳しい。

店舗のオーナーが依頼した弁護士からは、滞納分を振り込めないのであればすぐに出て行けと
素人顔負けの通達も来ているし。苦笑

すったもんだがあって、まだまだやれると信じている旦那さんからホットラインが入ったのは金曜日の昼過ぎ。

あれだけラーメンの味に自信があると豪語していたのに、1週間前は絶対にやめないとお話ししていたが家族会議の結果、1月末で閉店したいとのことだった。

やはりぶれたか笑。 これが最後の決断だと信じたいのだが。


この数か月の間、辞めると言ったり継続すると言ったり4回くらいぶれたけどね。



発言するときはきちんと考えて発言しないと。 社員さんはたまりませんね。腰掛とは言わないが信念と使命感をもってやらないと商売とオーナー業って難しいみたい。

あれが儲かる、これが儲かる、あの人が設けているから私もやってみようでは難しい時代にこれから入っていく。

最初は自宅をリースバックで守りたいとの気持ちがあったご夫婦だがそれに対応する経済的な体力はないことを私は指摘させていただいた。二次破綻を防ぐためだ。

すでに年金をもらっているご夫婦なので、一応は食べていける。

けれども昭和の時代に購入した公団風味の分譲マンション。ここで息子2人を育て上げ、これだけは手放したくないと私に訴えたご夫婦の目は本気だった。

息子さん二人に協力してもらうことが絶対条件だとお話ししたが、息子さんお二人にもご家族があり
経済的な支援はほぼ難しかった。

けれども家族会議にて、長男さんは一緒に住もうと言ってくれたらしい。温かいですね。本当に。

今の自宅は手放さないといけないが、店舗のオーナーさんとの預けている保証金のイザコザがあるので
とてもじゃないが当社では介入できない。


当社の顧問弁護士に少額管財事件での自己破産での対応をお願いした。


殆どこういったケースはありませんが、こういったアドバイスもさせていただいております。


代表取締役 野呂一哉

 

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 おはようございます。桜がきれいです。

地方百貨店の縮小が止まらない、2018年6月末の全国の百貨店の売り場面積は555万平方メートル程度となり、08年末の680万平方メートルと比べ約2割減る見通しのようです。


競争が激しい地域で閉店が相次ぎ、一部フロアを専門店に貸すケースも増えている。

今年に入り松戸駅前の百貨店も閉店し、船橋駅前の百貨店も閉店した。


私の住む千葉市でも昨年の3月に千葉三越が閉店した。親戚が長年に渡り正社員として勤務していたので最終日には買い物に行ったけど、閉店一時間前になると何も買えるものが無くて、皆値段が下がった寿司を手に持っているのが笑えた。

所詮、そんなもんだ。百貨店に期待するものは高級品を如何に安く買うことしか頭にない。通販サイトに押されるわけだ。

この閉店連鎖を受けて、もともと人がギリギリだった千葉駅前は更に人がいなくなった。クリスマスにKFCに行ったけれどもここも人がいない。百貨店の撤退は街を亡ぼす。

JR千葉駅も駅の大改装をしたけれども綺麗になっただけで、どれだけテナントが設けているのかが気になる。
改装前からのテナントもいくつか継続して入居しているけれども数店舗はすでに撤退したとか。

付近ではシャッターが下ろされた店舗も見受けられる。


皆と同じことをやったり興味を持って始めるのが日本人である。流行の服やブランド品、FX投資に車、アパート投資、ソーラー事業など笑

始めるのは簡単である、それなりの費用は掛かるが金があれば始められる。個人経営の電子タバコ店なども同じ類だろう。

残念ながら悲しいのは、辞め方をしらないこと。勢いよく始めるのはいいが、辞める時のことを考えて始めないからいい加減になる。

会社も一緒であり、始めるときは期待と欲望をもって始めるから苦にならない。半年たって現実にぶち当たる。

儲かっていない!とそこで初めて知るのだ。

売上を上げるため?儲けるため? もちろん会社は利益を上げなきゃやっていられない。

だけど皆さんは知らない、会社継続の方法を知れば少なからず長期的にご飯を食べていけることを。


2018年、株価は宛にならず、何事も流動的だ。

あなたが経営する会社、今年こそ流動的ではなく安定と上昇を考えてはいかがでしょうか?






今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 お金があることが人間の幸せか? 私はイエスだと思う。

お金が無くて、毎日お金を恋しく思うことは不幸せか? 私はイエスだと思う。

明日食べる米が無くて、自殺しようと思う人間をどう思うか? 私は自業自得だと思う。


どこに人間の幸せがあるか? 人それぞれだと私は思う。


例え明日死ぬとわかっていても、やり直せることはできるし。世間の目なんて何の指標にもならんし。


今日も、明日も、明後日も、順調に問題だらけ。これからも、新たな苦労が次々に生れてくるでしょう。

 これは、北海道浦河で精神障碍者たちの支援にあたる元看護師の向谷地(むかいやち)悦子さんの言葉だ。問題が出ても動じないのは、彼らと、苦労や弱さを取り除くのではなく共有し、「大切な苦労」の主役となって、自分で自分を助ける手だても講じられるようになったからだという。(『行き詰まりの先にあるもの』より、「折々のことば」朝日新聞2月7日)

 

 つらいことに直面したとき、自分などが想像できないほどつらい体験をくぐり抜けてきた人の言葉から学ぶことは多い。

 以前このブログで紹介した鴫原(しぎはら)良友さん。3.11後の原発事故で行政東電から翻弄された福島県飯舘村の中でも最も放射線量の高い「帰還困難区域」長泥(ながどろ)地区の区長である。住民は土地も仕事も失い、家族は離散し、高齢者は仮説住宅に引きこもって精神を病むという状態に陥り、鴫原さんは住民と行政の間に入って、何度も死にたくなるような苦しみを味わってきた。

 鴫原さんは私たちに生きる姿勢をこう語った。

《「忙しくてどうしようもない」「金がなくて困った」「仕事がうまくいかない」、こういうのが最高の幸せですよ。毎日、働いて生きるのがいいのです。みなさん、今の暮らしを大事にしてください。》

 さらに、

《辛いこと、嫌なことがやってくると、「それきた」と喜ぶようにしている。これも試練だろうと前向きに考える。》という。


生きることは辛いことが99%、残りの1パーセントを頼りに生きてください。それが人生です。


私の母親が亡くなる2日前に私にショートメールで送ってくれた最後の言葉です。


今、その通りだと実感します。




今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 それにしてもこの一か月で数多くの人間に会った、同窓会に始まり結婚式、お葬式に妹の第一子誕生もあって新しい命にも出会い、その赤ちゃんを見に来る親戚連中にも久々に会った。

ちょっと戸惑うくらいの人数。

近々で私の身に何か起こるのではと警戒してしてしまう。笑、

住んでいるマンションのエレベーター交換工事が終わってようやく叔母の家に預けていた祖母ちゃんを迎えに茅ヶ崎まで親父と二人で足を延ばす。
先週の親戚の死からもう10日も経過した、早いものです。

自殺なのか、事故なのかはっきりしたことはわからないが、こういった事件の後にはいろいろと尾ひれが付いて情報が錯綜してしまう。
会社を辞めたいと呟いていたことや、3月に辞令がでて転勤が決まっていたことを教えられると、考えが左右に動く。

もう会えないのが残念であり、告別式が終わってから叔父さんの様子が一変して変わってしまったことが心配だ。陽気に飲みながら元気よく話していたころの叔父に早く戻ってもらいたい。

私も私で、この春からは物件集めと新たな中小企業との出会いのためにネット制作の打ち合わせと既存の顧客のフォローで忙しくなる。

感情の起伏が激しく難しい出来事が重なって、もうちょっと休みたいのだけれども今年は準備の年と言い切ってしまったので結果を含め有言実行で進む。

全てにおいてポジティブに。 この世で一番残酷な言葉かもしれないが若くして亡くなった兄貴のため、生まれてきた妹の息子のため、息子がなくなって気落ちしている人たちのため、私は私に今できることの限界を超える。

それしかないんですよね。生きるって。

 
今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 五月並みの気温となりそうだ、それにしても暖かい。私のマンションのエレベーター交換工事が今日やっと終了する。おかげさまで階段で9階にあがることも慣れてきた。

袴姿の卒業生に交じって必死に就職活動をする学生の姿も目立ってきている。皆、必死そうに電車を乗り継いで目的先に向けて足早に歩く姿はかっこいいものだ。

私の会社の近くにも大手企業の本社がたくさんある。毎年最終面接の時期になると面接がうまくいかなかった女子学生が涙ながらに誰かと携帯で泣きじゃくる様子が見受けられる。

これだけの大手企業を受けるのだから有名大学の学生さんだと思うが、これもこれで風物詩となっている。
入社するのも大変、入社してからも大変、就職活動って人生のスタートを切れるかどうかの重要な儀式にも思える。

昨日は今月4回目の不動産決済(買主さんへの所有権移転)があった。天気のいい日に不動産決済はなんとも清々しく、気持ちがよいものだ。いい取引だった、娘さんがご両親のためにローンを組んでマンションを購入されたこの取引、非常に流れもよく久々に債権者が銀行に来ない平和な取引でした笑

私も新卒で大手の不動産仲介会社に入社し、最初は右も左もわからなくて4か月前に入社した中途の社員が神様に思えた。慣れって怖いもので、いつのまにか不動産仲介業にどっぷりと浸かった。

最初は地獄で何もわからず契約でも決済でも何度か体がフリーズしたことがある笑

不動産の仲介のいいところは、まず飽きないこと。エリア内の物件は例え同じマンションでも号室が違うと別物に見えるし、土地や戸建て、収益物件を取引すると毎回新しい発見がある。

その反面、責任は重大で不動産調査の段階から緊張しまくりだ、これは今でも役所調査に行くときでもほどよく緊張する。

不動産調査を制する者が不動産仲介を制する。もちろん客付して契約しないと数字は上がらないけれども、調査が完璧にできているから客付にも更にいっそう力を入れることができるのだ。

準備がしっかりしていて初めてその上に数字が乗っかる。そんな仕事です。 だから契約をするころってのは各営業さんの中では業務の中盤から終盤くらいのイメージです。

惰性でやれるような業務は仕事とは言わない。これはどの仕事にも共通して言えることだと思います。

ダメな就職サイトなどで紹介されている企業の社員さんの一日の流れが紹介されているときがある。一日の最初の仕事をメールチェックと書いているバカが多いこと。

その時点で君は負け組決定。

仕事はなんでもいいのだ、ただ惰性で生きるのは止めよう。せっかく人間として生まれてきたのだから。


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 

不動産の契約をこのタイミングで3つ背負ってしまって、今日は支援先の消費税の分納のために税務署訪問で、昨日は妹夫婦が家に来たから持成してと・・・・・なんだかんだで忙しい。

雪はもうやめてくれ、先週も群馬県まで新幹線で支援先の定期訪問があったが10;16分発の東京駅発新幹線に乗らなきゃいけないのに在来線の人身事故の影響で結局間に合わなかった。

前日に切符を発券しているから一度下車してみどりの窓口に駆け込まなきゃいけない。皆さんも覚えておいたほうがいいですよ、一度発見した切符は乗車の6分前まででないと変更ができない。

下車したくなかったがJR津田沼駅で快速線が20分も止まっているから降りてようやく新幹線の乗車時間を変更することができた。これもこれでつらい。

最近は新幹線に縁がない。 厄年の宿命か笑


心が変われば  態度が変わる

態度が変われば 行動が変わる

行動が変われば 習慣が変わる

習慣が変われば 人格が変わる

人格が変われば 運命が変わる

運命が変われば 人生が変わる

人生が変われば宿命が変わる(野呂バージョン)


あの有名な松井選手の座右の銘、私の座右の銘でもある。


心変えないと何も変わらないとの結論が出てしまうけれども、結局、それですよね


何をすれば心を変えることができるか? まずは全てを一度許すこと、期間限定ではなくてニュートラでもなく、エンジンを一度切ることだと私は実体験がある


許したら相手が付けあがるって?いやそうじゃない、付けあがらせてるのはあなた自身だ。


迫力ある人生と、陰と陽の使い方。今からでも遅くはない。我慢我慢我慢。


今日はこの辺で。


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

おはようございます。


子供のころから大変なことを大変と捉えない性格がある、たかが受験、失敗したってもういっかいやればいいじゃないかと、どこかにそんな気持ちがあった。学歴で食えるのは東大法学部、首席卒業者のみ!と何かの本で見たのをきっかけに、勉強するのがアホらしくなった。

あの本に出会ってなければ・・・・・笑 それはそれとして、精一杯がんばって頂きたい。

 

私の周りで事業再生や任意売却会社を経営していた人間がここのところ会社を畳んだり規模縮小となっているケースが目立つ。任意売却業者も減少傾向だ。

債権者の回収スピードが超低速になっていることも原因だが、やはり、いい加減なことをしていると顧客がついてこない。いい加減とは言わないが、先日に私の相方が某団体の定期総会に出かけた時にTVでお馴染みのイケメンコメンテーターが話をする機会があったそうだ。

我々と同じ事業再生のコンサルタントであったことに驚いたが、実務経験に乏しく話している内容が上っ面で聞いている相方は思わず苦笑するしかなかったようだ。

TVって怖いな。

 

相変わらず新規面談の数は衰えない、本当に忙しくさせて頂いている。ただ、あまりにもいい加減な事業再生会社が多く任意売却を簡単に唄う業者にも腹が立つ。

こやつらに実力見せつけて一網打尽にしてやろうかと最近は考えるようになった。偽物はとっとと失せろということです。

今年はもうちょっと例年以上に広告宣伝費を上げて偽物には眠ってもらおうか。ホームページの大改装も着々と進む中、今年はもっともっと表にメデイアに出ようと考える。

期目を迎えている当社にとって、今年は大飛躍となる予感がする。お楽しみに。

 

今日はこの辺で。

代表取締役 野呂一哉


 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 お彼岸です。朝から先祖の墓と母方の祖母ちゃんの兄弟の墓参りに行かせてもらいました。なんとも暖かく、若干伸びてきた草取りに春を感じる。朝から市営霊園は車で大混雑だ。

この10日間で妹の第一子の誕生と私のいっこ上の親戚の通夜と葬式、その亡くなった親戚の妹の挙式と・・・・
人生で一番感情の起伏が激しい時を過ごした。

妹の挙式の前日に亡くなってしまった兄貴の葬式がこの木金で執り行われた。どういった感覚で弔問すればよいのか。奥さんと中学生になる息子と小学生の女の子を置いて天国へ旅立った。

朝まで呑んで酔っ払ってホームから落ちてしまったところに回送電車が入ってきてしまった。体はボロボロだ。

41年間自分を支えてきた両足は無い。  なんとも痛々しく、残念だ。 こういった朝まで呑んでしまう習慣は前々からあったらしい。

連絡を取り合う中ではなかったけれど、自宅のアルバムを見るとこいつと二人で写っている幼少期の写真の量に驚かされる。

息子さんと娘さんは気丈であり、泣くことはなかった。


正直、亡くなった男の母親を自分自身が遠ざけていた感はある。気が強く思ったことをズケズケとモノ言う性格は私の母親も嫌いだった。それと同時に私も嫌いになり、母親が病気で死んだのもこの女のせいだと考えていた。

蛇年のてんびん座である私は執念深く、時としてその天秤が完全にバランスを崩す時がある。

3月9日に亡くなり、その日の朝は亡くなった男の母親への憎しみで目が覚めた。なんでだろうか?

朝っぱらからこの人の顔が頭に浮かぶ。

いつだったろうか、実家に帰るとこの人が遊びに来ていて、間一髪私に「ごめんなさい、あなたが食べるようなものは何もないの」との一言に完全に怒りが頂点に達した。

自分の弟の息子である俺にそんなことを言うか?

そんなつもりはなかったのだと信じたいが、その言葉に俺は完全にブちぎれた。

私がかなり神経質になりすぎていた感があったのかも。 その数時間後に叔母から電話が入り、息子さんの死を知る。 息子である男が水に流してくれと最後のお願いに来てくれたことにしてしまおう。

もういい。 くだらない拘りは身を縮めるだけだ。 嫌いな親戚については会わなければ会わないほどに蟠りが生まれる。微妙に冠婚葬祭だけ付き合うならば、すべて付き合うか又は完全に断ち切ることだ。

微妙なポジションが身を亡ぼす。

亡くなった男の実家に二泊させてもらった。手厚いもてなしを受けた、もうそれでいいと思った。
私の母親も天国で許してくれている。

正直、母方の親戚としか付き合ってこなかった。それは間違いだと今、気づく。知る。感じる。


一生付き合うのならば、やはり定期的に合わないとバランスが崩れる。それも四十にして初めて知る。

遅すぎたか、恥ずかしながら人の絆と温もりを知った二日間だった。

人生観がこうやって変わった。残念なのはあいつがもうこの世にいないことだ。 

今日はこの辺で

代表取締役 野呂一哉


 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 

昨日は名古屋の援先を訪問した。新幹線で行ったけど、たまに新幹線に揺られながら出張するのもいいもんだ。 社長さんも奥さんも元気だ。 うん、今年も頑張るしかない。


この世の中は自分一人で渡っていけるものではない。

たとえば会社の数多くの業務は多くの人間が集まって協力し合って成り立つ。

全部の仕事を一人でやり遂げようったって、それは無理な話。たとえ従業員一人の個人事業主だったとしても。

互いにこの仕組みをわからないでして、どうやって成功、再生するのか?


これ本気で考えると案外深い。


チャンスは平等ではないし、この世の中絶対に平等じゃない。 だからこそ自分で考えて最初の0.1ミリから始める勇気がないと何も始まらないし、つかめない。


一番後方から指図をして結果だけを評価するのは偽物の証。


本物は最前線で方向を示して、皆を引っ張る。  らしい。笑




代表取締役 野呂一哉


 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 桜の開花が早まるそうだ。今日は3月14日、母親の命日だ。とても暖かいが木金と通夜と告別式がある、なんとも気分は晴れない。


不動産市場で、老朽化した分譲マンションの建て替え事業を強化する動きが相次いでいる。
それぞれ大手から中堅まで今までのノウハウを駆使し、新事業へ乗り込もうとしている。
一都三県で言えば、高度経済成長期ころの老朽化した一団の公団等を次々と建て替えるべく、
全所有者との協議が白熱しているらしい。


国内では築40年以上のマンションが約60万戸に上り、
これからも建て替えをした方がよさそうな築35年越えの物件が増えることから各社は事業ノウハウを駆使して、
不動産の新事業を構築する勢いみたいです。

 マンションの建て替えには区分所有者の5分の4以上の同意が必要、費用などの負担理由や、各事情などで承認が得られず、老朽化しても建て替えが進んでいない状況がある。

既に建て替えを完了している物件は数%に満たないとのデータもあり、

一筋縄ではいかない現状も無視できない。

はたしてどうだろうか。私も新卒で入った不動産仲介会社で、
最初に勤務した営業所は都内で有名なマンション群の営業所だった。
当時は素人考えで、一戸建てのように建て替えも難しく、
費用も掛かるマンションをどうしてみなさん購入するんだろうと考えていた時もある。

ほぼ満場一致でないと建て替えの話が進まないマンションをなぜ購入しようとするのか?



いままで約20年、不動産仲介の道を歩んできた私の答えは? 




建て替えを視野に入れて居住用マンションの購入を検討している方はいないことだ笑

残念だが、答えはこれのみ。うーん、建て替えを考えたらマンションなんか買えません。

この使い捨てのような資産がマンションです。

建て替えの市場活性化のためには高齢者が住みやすいマンション在り方などのケアが必要だ、

なだとと言われているがキャッシュを持っている高齢者をどれだけ囲い込むかによる。正直、これが本音だ。

マンションを買うときは管理を買う!
これは新築であっても中古であっても鉄則だ。


しかしながら、購入検討しているユーザーさんはこれを知らないし、これをあざ笑う。

立地やグレード、将来の売却価格に気をとられ肝心の管理を買う意識から遠く離れてしまう。


管理は管理会社へ委託しているから大丈夫、違いますよ。

これからのマンション建て替え市場はどうだろうか。高齢者に優しいスタイルでいくか、厳しいでしょうね。


それこそ思い切って新築時から建物の修繕に使用する修繕積立金のほかに建て替え積立のような積立金を徴収するようにするスタイルの新しいマンションが出てくるかもしれない。

これについてはもし中古で新築時のファーストオーナーさんが
手放した場合は積み立てた80%は返却するとして約定し残り20%は中古として購入した
新オーナーさん名義に強制変更できるみたいな。 穴埋めは地方自治体に任せる笑 厳しいかな。

マンションの建て替えには区分所有者の5分の4以上の同意が
必要などという区分所有法も改正されるかもしれませんね。

ありとあらゆるハードルが考えただけでも数多くあり、頭が痛くなる。

それでも新境地を求めて大手、中堅不動産会社、そして関連事業会社は金を稼ぎにいく。


これが日本企業スタイルではないか。
国も都道府県も、もっともっと有効に税金投入する必要がある。

マンション建て替えはお金持ちの高齢者だけのためのものでは無くなる日が、必ず来るように祈りたい。

ただ、今まで1000件以上の不動産売買契約を実施してきた私から言わせると、


マンションって新しいとか古いとかじゃないんだけどね。 やっぱり新しいものが好きな方が多いのが現実。 老朽化しないマンションって作れないもんかな。


代表取締役 野呂一哉ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 昨日、ブログが夕方になっても更新されないので支援先の社長や知人から電話が鳴りやまなかった。

恐れ入ります。親戚の結婚式だったもので。親父側の親戚の結婚式だった。茅ヶ崎の。

挙式は江の島の真ん前のすてきなイタリアンレストラン。飲んで飲んで飲んで、濁声あげてバカ騒ぎしようと企んでいたが、訃報が入ったのが前日の金曜の午前中。

親戚の叔母ちゃんからだった。結婚式を挙げる妹の兄貴が電車に引かれて亡くなった。

歳は私のいっこ上。

挙式は中止にしまいと妹には伏せて挙式を迎えた。 あいつがいればどれだけ濁声上げれただろうか。

親戚のお姉さんと涙を流しながらビールを飲んだ。飲んでも飲んでも酔いません。


栄転が決まって同僚と夜まで飲んで、それでも飲み足らず朝まで一人で飲んだらしい。嬉しかったのか、カミさんと子供と単身赴任になることを寂しく思ったのか。

一人で飲んで、朝5時代の列車にひかれた。 即死だ。

酔いすぎてホームに転落、回送列車に跳ねられた。


妹の結婚式の前日に列車に引かれて即死する兄貴がどこにいる?


最初は自殺だと誰もが思うが、事故らしい。 栄転が決まって妹の挙式の前日で飲み足りなかったのだろう。


私の母親の通夜にも葬式にも参列してくれた。通夜の夜に俺と一緒に朝まで飲んでくれた。
妹の挙式で俺以上に喜んでくれた。

来週に通夜と告別式が執り行われる。 中学生と小学生の子供を残して死ぬんじゃない!


今日、遺体が実家に運ばれた。 皆、号泣だ。


お前の親父がお前に放った言葉を俺は忘れない。 最初で最後、おおバカヤローになったと。

うちの親父も号泣だ。

安らかに眠れとは言わない、とっとと生き返って家族を助けろ。

 以上  


ありがとうな泰一。ちょっと気持ち高ぶって悪さしたか? 母親が泣いてたぞ、遺体が帰って来てくれただけでうれしいと。

俺もお前と一緒に生きる決意をしたよ。 


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 もう春が来るらしい。昨日、しばらくいってなかったジムで体重を図ったら定期的に通っていたころより体重が減っていた。喜ばしくはない、筋肉が落ちている笑

今年は痩せよう。うん。 毎年言っています。


妹が昨日、第一子となる子供を産んだ。半分血がつながっている、なんだかうれしい。
名前は陸人。 ギリギリのキラキラネームか。笑 一番喜んでいるのは親父と天国の母ちゃん、爺ちゃん祖母ちゃんと・・・・・ご先祖様ですね


今日が最後の真冬日らしい。いよいよ春の到来かな。


通知表と日記というタイトルにした。なぜだかわかるかい?


通知表というのは、私と同年代ならわかるはず。学期の暮れに渡されるあの白いモノ。日記というのは最近はやらないけれども毎日の出来事を書くもの。予定表は自分の予定を記載して上司に提出するもの笑


一番面倒くさいモノって予定表ですよね? 自分の予定と行動を考えなければならないし、営業職であれば数字に直結するための動きを作らないといけない。 不動産の販社にいたころ私もよく所長にどやされた。

週報を作れと。 週報を作らないから数字が悪いんだと。毎日を惰性のまま行き当たりばったりで動くから数字が上がらない。  今40歳にして初めて痛感する。  その通りだと。


これを会社の資金繰りに例えると話が分かりやすいと思います。


通知表というのは会社で言う決算書や試算表。結果だけが記載された何の役にも立たないただの紙です。それは言いすぎか笑 資金繰りを考えるとなると意味が無いとの意味です。

そして日記。これは会社に例えると当日の入出金の状況と言える。非常に大事だが、その日一日のお金の流れです。しかしながら日記を書くようにこの一日の流れを記録している経理さんは殆どいない。

そして最後に予定表。営業職経験者でないと書いたことはないかもしれないが営業職ですと週報という来週の予定表を毎週に所長さんに提出する。

この予定表に該当するのが経理さんが付けている支払予定表の類だろう。しかしながら取引先が多いとこれもこれで管理が大変だ。資金繰りが回らない会社だと経理さんの頭の中で管理している会社もある。

本当に頭のいい人だなあと感心するが、人間がやれることには必ず限界がくるものだ。


この日記と予定表をエクセルシートで一括で管理しようと推奨するのが当社の資金繰り日繰り表だ。その日のお金の流れと来週の予定、月末の入出金の予定、来月末。そこまで管理して初めて資金繰りと言える。


逆にそこまでしていないと、資金ショートに気付かなくなる。 これは本当の話。

100万円入金されて100万円を当日に出金してしまうのと同じ。 その100万円の出金についてきちんと未来を予測してなんとか50万円の2回払いにならないかとジャッジするのが本当の資金繰りなのだ。


月次資金繰り表というものがある。無意味とまでは言わないがこれもこれで結果論。入出金ベースで作成しても所詮は結果論だ。 一か月が終わらないと作成できませんからね。

リース料や人件費、消耗品を見直そうと一つの指標にはなるが、まあ世の中の社長さんは結果論が大嫌いで笑

社長さんには未来の話が似合う!



未来のは話をするためには月単位での管理と同時に毎日ベースで会社のお金を管理しましょう。

簡単じゃないが人間はやればできると信じて。 あなたは自分を失うために生きて来たのではないでしょう?




今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 それにしても、昨日で真冬が終わった。今日は冬の嵐で、天手古舞だ。 それにしても大口のビッググロスを狙う不動産業者がどうやら動き出したらしい。

なんてったってオリンピック後に不況になりますというのは素人さんなら誰でもわかる証拠のない定説。だからプロはオリンピック前に動くというのだ。

昨日は前職の私の師匠と誰もが知る不動産業者の社長さん、役員さんとで食事をとらせていただいた。オリンピック前に仕掛けようと心躍らせる本物のプロたちだ。

ビッグな人間って何か違う。完全に未来の話しかしない。会社の愚痴や雇っている社員さんの愚痴なども一切ない。俺もこういう風にならないと取り残されると痛感したし悔しかった。

この方たちの運営する不動産サイトは毎日100マンを超えるアクセスがあるとのこと。そりゃ儲かるし、愚痴など言わずに生きていけるわけだ。

せこくないし、ヨドバシで買い物した際に人のポイントを奪うこともない笑。 お金の使い方や食事の作法も綺麗だ。下手に学歴をひけらかす訳でもなく、自分の持っているものを自慢することもない。

同じ40代だが完全に昨日は負けた。 負けた負けた。

駆け引きをするわけでもなく、腹の中を話しているように思う。 但し、ビジネスの話になると眼光するどい。

アンテナが高い証拠だ。 今年から東京オリンピックまでこの4人で仕掛けることを約束し、昨日の晩餐を終えた。 それにしても負けたよ。

やはりこれだ!と思ったことを形にするって難しいが実際にいるものだ。イメージを形にしてビジネスとして成立させる。これは容易なことじゃない。だけど実現している人がいる。

私の2018年は頭の中にあるイメージをどうやって形にするかで終わると考えている。その先のビジネスとして成立させるは自信があるのだ。

形にすることが一番難しい。 でも、あのライバル業者を出し抜いて買収するには今年やるしかないのだ。

やるなら今しかねえ。


野呂ホールディングス誕生となる元年だ。 規定量が決まっている分母を取り合う輩に興味はない。

分母は奪うのではなくて増やすものだ。 


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 今年は早々に数多くの出来事が起こる。自分の気持ちにも変化が訪れていて、先に先に未来の話と共に進んでいきたいと考えてしまう。

先週は高校時代の仲間4人と酒を酌み交わした。結婚する奴がいて、毎日汗だくになって工場で働いている奴がいて、子供のために必死に毎日頑張っている奴がいて、私がいる。

夢を夢のまま終わらせるのではなくて、叶えたいから前へ進む。私はそう思うのだ。

大凶だった2月が終わり今月は大吉らしい、あまりこういった占いは信じないけれどもいい時だけは信じよう笑

何かが背中を押しているような気がするものだ。

電車に乗っていても参考書を必死に読み漁る学生が増えた、受験に向けての最後の追い込み。それにしても電車の中で立ちながら歩きながら勉強している学生は頭がよく見える。

同級生の息子も無事に高校進学が決定したと朗報が入る。私も高校と大学の合格発表が届いた時には奇声をあげて喜んだものだ。

学生の就活も解禁され各説明会が大盛況のようだ、それでも有名企業に入るには至難の技であり、大企業に関しては売り手市場ではないらしい。 誰だって入りたいよね。

こういったときにすぐに就活を始められる学生は優秀な証、前へ倣いで始められる学生もギリギリセーフ。
こういった学生を横目で見ながらヤバイ!と思いつつも行動にできなかった私はその後絶対に苦労する笑

人生好きに生きてほしい。

進むことが全てじゃないが、人間は進まなければならない時が必ず来る。そういった夢列車に普通に乗ってこなかった私は、今年いよいよ前へ進まなければならなくなりそうだ。

どこへでもなく、何時にでもなく、ただただ目標に向かって進む時期が来たみたいである。

来年が楽しみだ。

今日はこの辺で。


代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 若者の死亡原因は自殺が第一位だと報道されている。この日本ではなんとなくわかる気がする。色々ありすぎて目移りする。人間は誰だって目立ちたい、しかしながら目立つためには下衆な方法を使うか、本当に目立てるポジションまで上り詰めるしかない。

だれだって楽して生きたい、いろんなことが、いろんな手法と目立ち方があるから困惑して何をやりたいのかわからなくなるのだ。


俺もそうだったし。


学業不振や勤務問題などと統計が出ているが、所詮はそう、目立てなくなった結末。男なら尚更だ。


ただ最後が自殺じゃ色気がねえよ。若いならなんでもやれるなんて死語だけど、若いなら発想変えないとね。

死ぬなとは言わないが、自殺は色気がない。


日本はこうじゃなきゃいけない!という風習が未だに根強いらしい。1+1は2以外考えられない。数学の世界じゃそうなんだろうけれども。


実際に社会に出てみると俺みたいな低学歴は違う発想が出てくる。1+1は2なんだろうけれども2.3になるときもあるんじゃないかと期待を寄せる。ほとんど外れるけどたまーに2.3になったりするもんだ。

今日もこんなことがあった。私が会計担当をしている会社で3月末で退職する派遣社員がいる。次の会社が決まったから基礎年金番号と雇用保険番号を教えてくださいとメールが来た。

次の勤務先から教えてくれと言われたのだろう。入社手続きには必要ですから。

引き出しのファイルを開いて異変に気付いた。雇用保険の事業者控えがない!どこをどう探してもない。

これはかなりOUT!これを見ている経理担当者は笑うことだろう笑。

10年前に入社した彼は最初は雇用保険手続きだけして社保加入は2年前だった。この時に当社は支援していない。引継ぎがきちんとしておらず、彼の雇用保険番号がわからない状況。


うーーーーむ・・・・・・・

係りつけの社労士に連絡をした。

どうしましょう?

野呂がハローワークに行って詳細を話して教えてもらえるもんですか?


いやあ、無理ですね。それは絶対に無理です。 再発行手続き以外考えられませんね。


冷たいメールと共に再発行手続き書類がPDFで送られてきた。うーーーん。書き方も書いてないよ笑


野生の感というか事業再生屋の感というか日本全国対応の任意売却プロフェッショナルの感というか。

再発行手続きをする前に飯田橋の雇用保険適用課に電話しようと思った。


電話して一部始終を話す俺。 雇用保険の台帳の写しというものがその場でもらえるらしい。雇用保険開始時の台帳と実印を持参すれば全社員の雇用保険加入状況がわかるらしいのだ。


してやったり満塁ホームラン! 

俺が勝ったとか俺がすごいとか社労士は能無しだとか、ではなくて。これが人間の力であると訴えたい。


電話すればすべて昨日の時点で何一つハードル無くリラックスできた夜。

社労士に電話した際に、野呂さんダメもとで飯田橋ハローワークに電話して聞いてみましょうか?


この一言が欲しかった。


これからどんどんとレベルが上がるAI。10年後にはこの世に士業がいなくなるなるかもしれない。

俺も事業再生プロフェッッショナルと世界一の任意売却担当者としてAIに負けぬように常に人で勝負したい。

資格取得でゴールではない、スキルで勝負の時代じゃない、人だ人が発する言葉だ、言葉を言霊に変えて金を稼ごう。



今日はこの辺で。


代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。