2018年1月アーカイブ


 それにしたって寒すぎる笑、今週の週末はまたまた東京で雪が降るとか。やめてくれー

不動産の契約をこのタイミングで3つ背負ってしまって、今日は支援先の消費税の分納のために税務署訪問で、昨日は妹夫婦が家に来たから持成してと・・・・・なんだかんだで忙しい。

雪はもうやめてくれ、先週も群馬県まで新幹線で支援先の定期訪問があったが10;16分発の東京駅発新幹線に乗らなきゃいけないのに在来線の人身事故の影響で結局間に合わなかった。

前日に切符を発券しているから一度下車してみどりの窓口に駆け込まなきゃいけない。皆さんも覚えておいたほうがいいですよ、一度発見した切符は乗車の6分前まででないと変更ができない。

下車したくなかったがJR津田沼駅で快速線が20分も止まっているから降りてようやく新幹線の乗車時間を変更することができた。これもこれでつらい。

最近は新幹線に縁がない。 厄年の宿命か笑


心が変われば  態度が変わる

態度が変われば 行動が変わる

行動が変われば 習慣が変わる

習慣が変われば 人格が変わる

人格が変われば 運命が変わる

運命が変われば 人生が変わる

人生が変われば宿命が変わる(野呂バージョン)


あの有名な松井選手の座右の銘、私の座右の銘でもある。


心変えないと何も変わらないとの結論が出てしまうけれども、結局、それですよね


何をすれば心を変えることができるか? まずは全てを一度許すこと、期間限定ではなくてニュートラでもなく、エンジンを一度切ることだと私は実体験がある


許したら相手が付けあがるって?いやそうじゃない、付けあがらせてるのはあなた自身だ。


迫力ある人生と、陰と陽の使い方。今からでも遅くはない。我慢我慢我慢。


今日はこの辺で。


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 

 

おはようございます。今日も元気にいきましょう。極寒の毎日です、今日は板橋区内の支援先へ定期訪問と夕方は社内にて溜まるにたまった事務作業です。

 

さて、時折、お付き合いのある業者さんや数多くの不動産業者と付き合いのある司法書士さんから聞かれることがある。任意売却専門業者と普通の不動産業者の違いって何ですか?普通の業者でも任意売却はできるでしょう?と聞かれることが多いです。

 

その通りだ。違いは何もないです。任売業者であっても普通の業者でも一緒だ。同じ不動産業者に変わりはない。

 

任意売却だけを扱うか、街中の地域密着型の不動産業者であるかの違いだけだ。

 

契約をしてお引渡しをして成功報酬を得ル仲介手数料がこれらの会社の売上となる。つまり、契約して買主様に所有権を移転できないとお金はもらえない。成功報酬ですからね。

 

任意売却専門業者のホームページには普通の資産処分を得意とする不動産業者を批判する内容が多い。誹謗中傷ととれるような文句を記載している業者もある。


しかしながら嘘が書かれている時もあるから残念な気持ちになる時もある。

資産処分を得意とする業者(TVCMでおなじみの大手仲介業者から街中の不動産業者までがこの部類に入る)では任意売却はできない・・・・・失礼な話であり、これは大ウソだ。

 

集客するためのひとつの謳い文句ととって構わないが、大手の仲介業者でも任意売却は可能だ。

 

もちろん、経験の差はあるだろうが任意売却に必要なのは経験ではない。

 

絶対に金融機関の言いなりにならない鉄のハートだ。喧嘩する度胸があるかどうかの違い。つまり、仲介手数料目当ての任意売却業者に債務者(お客さんである売主)のための任意売却活動はできない。やれたとしても住宅ローン案件が精一杯。

 

中小企業の再生を中心としたスキームの中で不動産の動きというのは切っても切れないので、当社は宅建免許を取得している。債権者との交渉にも充分に時間をかけて、どのスキームが一番当社の支援先にとってベターかを常に考えて実行する。


例えば債務者が高齢で短期間での引っ越し作業等が困難な場合には、任意売却を断念して競売開始決定がされても競売開札されるまで住み続けて、その後は安い公団へ移りましょうとご提案させて頂くときもある。(地域によっては競売で自宅を失った方のために優先で入居ができる仕組みをもつ公団がある) だから、私は担当させて頂く物件のエリアにどのような公団があるか常に調査をする。

 

自分の営業数字を視野に入れた任意売却活動は私にとってみれば非常に恐ろしいことだ。

 

私が債務者だったら住宅ローンの任意売却は大手の仲介屋さんに任せる。コンプライアンスもきちんとしているし、安心して任せられるからだ。


しかしながら企業所有や社長さん所有の不動産の売却となるとこうはいかない。売却して終わりではなく、売却して事業再生というスキームが始まることが多い。売却して、会社の資産状況を再確認して銀行担当者とのやり取りが開始される。毎月の試算表のチェックと当社で作成させて頂いた入出金ベースの資金繰り表を照らし合わせながら社長さんと経理担当者さん、税理士さんと打ち合わせをする。


正直言ってここが一番大事な時である。決算目標までにやらなければいけないことを毎月確認して実行に移せるものからやり始める。

地道な作業です。


私も10年前は数字を知らない不動産屋だった。この事業再生と言う仕事に出会い数字を知らないと何もできないことを痛感し体で覚えた。


うちの会社もこの8月で7期目となり、まだまだ破産する企業さんが後を絶たない、今年は例年にも増して相談件数が上がっている。


日経平均株価ってアテにならない今日の現実。


今日はこの辺で。


代表取締役 野呂一哉


国書店にて、好評発売中

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

本 表紙12.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
企業ほど、経営コンサルタントをうまく活用してほしいと思います。

 非常に寒い朝を迎えております。昨日は一日中ソワソワしながら会社で作業をしておりましたが、社長として昼の12時に帰宅命令を出しました。

なかなかのグッドタイミングでした。笑 まだまだ帰宅する人は少ないけれども自宅近くのスーパーでたまには料理をしようと湯豆腐の食事を買って自宅についたのは15;00ちょうど。

テレビでは帰宅を急ぐ方々が駅で立ち往生している様子が映し出された。これからはこういう天気の日は会社は最初から休みにした方がいい。

本気でそう思います。 一日ソワソワしながら仕事したって身が入らないし余計に体が疲れるだけ。

当社は不動産の取引もあるので決済(所有権移転)があった社員は大変だったがそれでも半日出れば作業は終わる。これからはこういう天気の日は最初から出社させない方がいいと経営者として考えた日でした。



不動産経済研究所が発表した2017年の首都圏の新築マンション1戸当たりの平均発売価格は、前年比7.6%高い5908万円となった。

過去最高だったバブル期の1990年(6123万円)以来、27年ぶりの高水準らしいけど。

 都心部の高額物件の需要が引き続き強くらしく、平均価格を押し上げた。マンションは一段と「高根の花」になっており、17年の発売戸数はほぼ横ばいの3万5898戸にとどまった。

 東京23区の平均価格は6.9%上昇


特に都心部は利便性の高さと将来転売しやすい安心感などから富裕層の人気が集中。


1億円を超えるいわゆる「億ション」は52.4%増の1928戸となった。

 発売月に契約が成立した物件の比率は68.1%と好調の目安とされる70%を2年連続で割り込んだ。東京都の郊外地域や埼玉県では60%を下回った。「価格の高水準が続き、郊外は低調な状態が続いている」という。 


なんともうらやましい話だ。不動産だって車だって新しく出たときに買うのがステータス。私だって買いたい笑

しかしながら崩壊が迫っているようだ、いやもう今が崩壊なのかも。

住むためならいいのだけれど、2018年の投資は投機になりそうだ。





今日はこの辺で。

代表取締役 野呂一哉


 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

おはようございます。月曜日は関東でも雪が降るとか、久々に見たい感はあります。笑

気の通った友と飲む酒が一番うまいですね、俺も年を取ったかな、それでも楽しい。


損得勘定なしで心の底から笑えるし、怒れるし、泣ける。 誘ったらなんとかして都合をつけて駆けつけてくれる。


二人は中学時代と言葉遣いが変わらず、少年のようだ笑 いいすぎか。 焼酎のボトルを2本あけても飲み足らない、時間だけは過ぎていきお開きとなった。

2月に中学時代の同窓会が開けれるという、楽しそうだしまた奇声あげて酔っぱらいそうだ。今から楽しみだ。


私の周りでも出産ラッシュだ。妹に大学時代の友達に、20代の女と結婚した親戚と。


改めて少年時代の友人が大事だと気づかされる。


飲んでも飲んでも時間が足りない。 ありがとう。久々にほっとしたかな。


今日は酔っぱらったよ、寝よう。  それでも嬉しかった。


2018年もがんばろう、上に行こう  天下をとろう。



代表取締役 野呂一哉


 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 おはようございます。昨夜の雨は本当に冷たい暗い雨だった。それにしてもこの季節の夜の雨はなんとも悲しい。今日は桜が咲くころの陽気とか。もうちょっと統一感が欲しい笑

旅行会社の社長さんや振袖会社の社長さんの再逮捕や蒸発がネットニュースを駆け巡っている。笑うのはビットコインの急落。

寝ている間に金が増える、朝起きたら金が減っていた笑。バカは死ななきゃ治らない。昔の人はよくいったものだ。否定はしないが損した時に吠えるなよ それだけ。

私の成人式の日は大雪だった。千葉市の中心部なのにそれはそれは積もった。それでも同級生との久々の再開のために式典が行われる場所へ皆と一緒に行ったっけ笑

就職したもの、大学へ行っているもの、結婚しているもの、まさに人種のるつぼで楽しい日だった。20歳だとまったくもってまだまだ子供だが、一つの節目として身が引き締まった記憶がある。

今年も相変わらず式典を妨害する奴らがいるらしいが、それもそれでいいじゃないか笑

年明けして続々と新規面談依頼が入ってくる。今年は異常事態かもしれない。景気が緩やかに回復などと言っているが、とんでもない話だ。緩やかに回復というより緩やかに減少しているよう感じているのは私だけか。

どう考えたって、回復などしちゃいない。株価がバブル後最高額の24,000円に届いたと。始まった日本の非常事態宣言。13,000円くらいがちょうどいいんじゃないだろうか。

景気が悪い方が人間が元気だし、目力があるように思える。

この状況だから仕方がないと考えるか、ここでもう一回と考えるか。動く勇気が欲しい。資金繰りの悪化は気にせず、支払いについてはなんとか今、分割にして踏ん張る。

正直言ってこれだけだ。当社に来て、急に売り上げが上がるわけじゃない、ただ、必要以上に悩まなくていい。当社にご来社されて支援契約を結び、安心して久々に眠れたという社長さん、ご家族の方は非常に多い。

それだけでいいのだ。不安は放っておく、あなた自身が強くなれば、それでいいのだ。


会社の事は当社に任せておいてください。



代表取締役 野呂一哉

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。



 昨日は暖かかった。外を歩くといろんな発見がある。 私も今年は本厄であり笑、夢で車で交通事故を起こす夢を見たから新年から車通勤を辞めた笑 マジです。

今年で41歳になる。新卒で入った電鉄系の不動産会社の私の師匠は当時41歳だった。あの人と同じ年になったのか!と追いついていない感に憤りを感じる。 まだまだですね。

目まぐるしく毎日が忙しく面白く、いろんなことをやりたいと誰かが背中を押す。 いよいよ旅立ちの時期かな。

昔から組織というものが合わない笑。 右だと言われれば、左を向くのじゃなくてお前に右向く度胸あんのか?と真っ向勝負。 薄汚い作り笑顔が上手な先輩には小じわ増えましたね!と平気で言ってきた。

嫌われものじゃなかったが、それでいいのか?と言ってしまう癖がある。 大手の不動産仲介会社を2社ほど経験して事業再生会社に流れ着いた。

事業再生会社で最初に感じたことは、一度覚えたことは誰にも盗まれることがないということ。必死で泣きながら仕事覚えてよかった。 電鉄系不動産会社と信託系不動産会社のそれぞれ一名ずつの私の師匠に感謝を述べたい。


やっと自分の居場所が見つかった。事業再生と不動産の任意売却は私の天職だ。



それでいたって、毎日は大変であり。


ここのところ、もっと早く野呂に会っていればと新規面談後にお話ししてくださる方がいる。昨日も叔母の紹介で川崎の印刷業者の社長さんと新規面談をさせていただいた。

ん?っと思った時には野呂を訪ねてもらいたい。 中小企業の再生、そして不動産の任意売却を銀行から迫られている社長さんに戦う勇気をもう一度持ってもらいたい。


銀行も大義名分、AIに切り替えるためのリストラ策を昨年発表した。そんなものは言い訳だ。

いよいよ金融庁の長官を見ながら銀行経営をするしかないと匙を投げたのだ。


わかっているか?必死にその銀行に入りたくて努力して入社した人間をAIなどという糞みたいな代替でリストラすることを。 一つだけ言っておこう、AIは人間には勝てない。

この20年で職を失うランキングなどと糞なランキング作成もやめてくれ。日本は人でできている。


わずかな力だが、銀行勤務者の転職活動の成功を祈る。






今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 おはようございます。それにしたって家の中にいても足が冷える、冷蔵庫代わりにベランダに置いてあるビールもよく冷える笑

日本海側は寒波の影響で大雪みたいだ。雪慣れしていないエリアにお住まいの方は大変だ。数年前に新潟に仕事でいった事があるが、新潟駅周辺は殆ど雪が降らないと社長さんが話していたけれども、先日の新潟駅前からの天気中継を見て愕然とした。


地方百貨店の縮小が止まらない、2018年6月末の全国の百貨店の売り場面積は555万平方メートル程度となり、08年末の680万平方メートルと比べ約2割減る見通しのようです。


競争が激しい地域で閉店が相次ぎ、一部フロアを専門店に貸すケースも増えている。


私の住む千葉市でも昨年の3月に千葉三越が閉店した。親戚が長年に渡り正社員として勤務していたので最終日には買い物に行ったけど、閉店一時間前になると何も買えるものが無くて、皆値段が下がった寿司を手に持っているのが笑えた。

所詮、そんなもんだ。百貨店に期待するものは高級品を如何に安く買うことしか頭にない。通販サイトに押されるわけだ。

この閉店連鎖を受けて、もともと人がギリギリだった千葉駅前は更に人がいなくなった。クリスマスにKFCに行ったけれどもここも人がいない。百貨店の撤退は街を亡ぼす。

JR千葉駅も駅の大改装をしたけれども綺麗になっただけで、どれだけテナントが設けているのかが気になる。
改装前からのテナントもいくつか継続して入居しているけれども数店舗はすでに撤退したとか。

付近ではシャッターが下ろされた店舗も見受けられる。


皆と同じことをやったり興味を持って始めるのが日本人である。流行の服やブランド品、FX投資に車、アパート投資、ソーラー事業など笑

始めるのは簡単である、それなりの費用は掛かるが金があれば始められる。個人経営の電子タバコ店なども同じ類だろう。

残念ながら悲しいのは、辞め方をしらないこと。勢いよく始めるのはいいが、辞める時のことを考えて始めないからいい加減になる。

会社も一緒であり、始めるときは期待と欲望をもって始めるから苦にならない。半年たって現実にぶち当たる。

儲かっていない!とそこで初めて知るのだ。

売上を上げるため?儲けるため? もちろん会社は利益を上げなきゃやっていられない。

だけど皆さんは知らない、会社継続の方法を知れば少なからず長期的にご飯を食べていけることを。


2018年、株価は宛にならず、何事も流動的だ。

あなたが経営する会社、今年こそ流動的ではなく安定と上昇を考えてはいかがでしょうか?


※新年が明けまして、続々と新規面談にご来社頂いております。
ご希望の日時での新規面談予約がなかなかとりづらい状況となっておりますが、比較的土曜日と日曜日の午前中がご予約が取りやすい状況です。



今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 おはようございます。暖かいですね、3月並みの気温とか、ちょっと調子狂う気温ですが体調崩されませんように。

この連休中は全国で成人式が執り行われ、私が住む千葉市でも執り行われあいにくの悪天候でしたが街並みに晴れ着姿とスーツ姿の若者が溢れておりました。

悪天候の成人式だと思い出すのは私の成人式です。ちょうど20年前、大雪の日に成人式がぶち当たり、私は男なのでなんとも思いませんでしたが晴れ着を着ている女の子は大変そうでしたね。

今でも私の寝室にはちょうど20年前に千葉ポートアリーナで撮影した成人式の写真があります。それにしてもあの大雪はひどかった。笑 それでも小中高の仲間と一緒にモノレールに乗って会場を目指したことを忘れておりません。

式には出ずにずーーっと会場のロビーで写真撮影をしていたことを今では恥ずかしく思います。はい。


昨日は大変な事件がありましたね。晴れ着の着付けや着物のリース、販売業者が突如として夜逃げをしたというニュースが午前中に駆け巡りました。何かのデマだろうと思いましたが事実でした。

こういった事をする企業はそのうち火を浴びます。罪のない人間の気持ちを踏みにじった事と一生に一度の大切な記念日のために展開されていた事業者がこういった事をすれば、あとの結末はどうなるか?

ここへ書くにも恥ずかしいことなので、この辺にしておきます。手配可能な同業者の方が被害者のために尽力されたニュースを聞いてまだまだ日本は終わっていないと感じるばかりです。これが優しさですね。


私もこの事業再生・任意売却の世界に入り15年ほどは経過しようとしております。

この間、上記のような卑劣な企業を数多く見て参りました。企業というよりトップである司令塔ですね。

自分の事だけしか考えていない卑劣な人間です。こういったやり方は短期的には有効です。悔しいけれど。

しかし持続して10年と言っていいでしょうね。


私が今まで会ってきた卑劣なトップはもって10年、腐って10年、動けなくなって7年、これは私の持論。


いつだって正直でいいじゃないでしょうか。裸足のままで充分です。武装する必要はない、逆に武装は心を潰す。

汚く成り上がるより綺麗に潰れろ、綺麗に成り上がった奴が天下を取る!


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 このお正月は夕方に自宅マンションから怪しげな光が見えたので目を疑った笑。ちょうど夕方17;00頃の東の空ですね。スーパームーンはこんなにでかいのか?

ちょっと笑ってしまうくらい大きかったが、こういったものを見ると手を合わせてしまう笑。日本人ですからね。


72B6FDA6-CF2E-421A-B501-28C5B24AF214.jpeg















会社を経営している方の不動産の取り扱いには本当にご用心だ。銀行から所有している不動産などの処分をしてほしいと言われ、そのまま近所の不動産屋に飛び込んでも売ってくれるだろうが助けちゃくれないのだ。

それも当然、不動産屋さんの売り上げは殆どが仲介手数料というもの。俗に言う成約価格の3%と言うもの。

特に収益物件を所有している社長さんて少なくないですよね。けど資産処分を得意とする不動産屋に駆け込んだって、売ってくれるが会社の中身である数字は見ないし、外部の人や法人に売ってそのあとはバイバイ~って頭を下げて帰っていくだけなんです。

恐ろしいのは資産処分を得意とする不動産屋が事業再生を謳っていること。これが一番怖いのです。

売られて終わり、手数料払って終了です。これは事業再生とは言わない。

事業再生とは不動産が絡むのであれば、その不動産を売却するのが本当に今なのかを見極めて銀行の回収担当者と同じ目線で話ができるかどうか。

その先にもし売却を迫られたとしても、収益物件ならば一度リースバックという形で所有権移転をし、将来の資産形成のためにまた再び所有権を移転することができるかどうかの予測を立てること。

事業についても各部門の損益を確認して不採算部門の切り離しや継続のメリットを社長さんと社員さんと一緒に確認すること。

数字の管理を経理担当者さんと一緒に同じ目線で実行すること。

全ては銀行員の手の中に有るわけではありません。これが本当の事業再生だと私は常に目標としております。


代表取締役 野呂一哉


2018.1.2

| コメント(0) | トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加  
あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしく、この下手なブログにお付き合いください。

初詣にいき、支援先の割烹屋さんから届いたおせちに舌鼓を打ち、用意しておいた正月用の日本酒「麒麟山」を親父と妹夫婦、ばあちゃんで飲み干した。

相変わらず親父は酒を飲むとばあちゃんと喧嘩をする。応戦する92歳のばあちゃんも大したもんだ。笑

夫婦漫才ならぬ親子漫才?笑 今年の初笑いも親父とばあちゃんの漫才だった。来年も見れるかな?


今年はなんとなく静かな年末年始だと感じるのは私だけだろうか?

年末も大して大事件が起きなかったのが原因だろうか?いつもだと大はしゃぎする年末年始だがなんとなく今年は自分自身が落ち着いている。戌年生まれの人が一番少ないと報道されていたのも何かこれと関係があるのか無いのか?

あまり発情しない年なのかも。

今年の年末には株価が28,000円と予測するアナリストさんがいる一方、年末は大不況だと話する専門家がいる。

どっちが本当か? 出た結果に素直に従うしかないのだけれども、マイナスな情報こそ出回るものなので、2018年は不況の入り口となる文面が多い。

2030年には日経平均が10万円を超えるとの噂も笑 まあ楽しみにしましょう。






 
7A4C544D-99C4-4E16-BDD4-E29B600448D8.jpeg
0FC96D97-63BF-4644-B897-4F4D0A1B9A04.jpeg




いよいよスタートとなりました。今年度も数多くの支援先の皆様とスクラム組んで進んでいきます。新年は5日からとなります。

今年も初詣を無事に済ませることができたことに感謝です。



今年度もどうぞよろしくお願い致します。 元旦



代表取締役 野呂一哉

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
企業ほど、経営コンサルタントをうまく活用してほしいと思います。