2017年11月アーカイブ


経営本では、会社に活かせない。そう思う事ありませんか?

 

日々勉強の毎日です。様々な業種と状況にある各クライアントと共に再生に向けて課題をクリアしていく経験が私達のノウハウとなり、巡り巡って皆さんのお役に立てるようになります。これは体験型の勉強です。

 

クライアントの社長と共に勉強できます。一緒にやっているのですから、共に血肉となって経営に活かせます。実態に則した有益な勉強だと思います。

 

それとは別に私達は本やセミナーでも自主学習をしています。目的は単純にクライアントの経営に役立つ知識を時間のない社長の為に自らが勉強しておくためです。週に一度は社内で数時間勉強会を行っています。

 

ジャンルは、経営手法から、財務、マーケティング、経済状況から、こころの在り方、スピリチャルな事まで様々です。経営手法と財務に関するテーマが多くなりますが、その中で感じることとして、その作者はもっと理解が深いと思いますが、来の本質的な事を伝えきれていないと感じています。

 

弊社の大森も本を出していますが、もっと書きたい事があるけど、書ききれなかったと言っています。本質的な事とは、役に立つ具体的な事。

 

経営本は、経営に役に立つ事を書いているのですが、血肉となって実務に活かせる具体的な内容になっていないと感じています。

 

例えば、決算書の読み方や、決算書の分析方法、分析を現場に活かす(フィードバックする)経営手法、またその決算書項目に注目しながらの経営手法や、事業計画の在り方の本においては、実務のお金の流れに則した書き方をしようとしても、わかりやすく、楽しくしようとしても、専門用語を使わざる得ないので、読み手の経営者には理解が難しくなり、血肉して現場に活かす事がし難いのです。

 

また、それを実行しようとする時に、中小企業では経理・財務部の仕事を通常業務以上に増やすことになるので、現場に浸透しきれないのが実情です。そこに、お手伝い出来る私達の存在意義もあるのですが。

 

それはともかく経営本を実務に活かすのは至難の事だと言えます。ここで例題です。

 

BS(貸借対照表)、PL(損益計算書)、CF(キャッシュフロー)の財務3表の分析と活用から、長期的に純資産を増やすとして、投下資本利益率を必要利益率以上に上げるために、営業利益率と、資産回転率を上げるにはどの項目を使って行えばいいでしょうか?

 

PLから営業利益率は、売上高と費用。BSから資産回転率には、売掛金、固定資産と、買掛金。CFから売掛金の増額、買掛金の増減額と、その期間、そして借入金利率と株主期待利益率使います。

 

おいおい・・・  と思わないでください。

 

言い方を変えれば、会社が利益を出し続ける為にどうすればいいの?という問題に、利益が取れる仕事をして、常にお金が廻るようにしながら、返済や配当が出来るようにお金を貯めなさいね。という事なんですから。

 

な~んだ、あたりまえのことジャン。って思うでしょ。経営分析やその活用を日常の現場に取り入れていくのは、そういう部署や専門家でも入れないと難しいんです。その為に時間とコストをかけるのは難しいといった方が現場に近い感覚ですよね。

 

だから、私達は、役員や、従業員、時にはパートとして入り、時間とコストをクライアント会社と共有して行きます経営の手法は、どこまでも日常の現場主義を貫くために、現金の出入りから、資金繰り管理を行います。

 

そして、その集計を項目化した会計ルールによる決算項目を使いながら取引先や、銀行、税務署、株主に対応していくのです日々勉強ですが、会社は現場が命ですから、現場に理解されない経営手法を取り入れても、ストレスになり、内部に不協和を起こしかねません。

 

でも、会社を継続させたり、大きくしたり、再建させたいと思う気持ちは、社長であれば誰しもが持っていると思います。私だって思っています。

 

だからこそ、多くの仲間と言えるクライアントと一緒にやって行きたいと思っています。ぜひ、私達に会いに来てください。一緒に経営して行ける事を楽しみにしております。


代表取締役 野呂一哉

 


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 

昨日は以前に勤務していた信託銀行系の不動産会社の大先輩から久々にお電話を頂きました。新しくオープンした営業所の所長さんになられたということです。事前にハガキでご連絡を頂いていたので胡蝶蘭を送らせて頂きました。この私に不動産の全てを教えてくださった恩師のひとりです。

 

以前にもまして声に力が入っていて電話でお話させて頂いただけですが、パワーを頂きました。中途入社で所長まで上り詰めた方、やっぱりすごいな!と思います。そのうち遊びにいきます。がんばってください。

 

久々にお世話になった先輩と電話でお話することができたので、久々に不動産の話を書きたくなりました。意外と知られておりませんが、私は不動産業者出身です。大学を卒業後、1年ほどフリーターをやって笑、電鉄系不動産仲介業者へ就職しました。23歳の頃ですね。

 

江東区の東陽町の店舗に勤務となりマンション群のエリア担当となりました。毎日毎日3000枚近くのチラシをマンションへ投げ込みに行きます。これはこれで楽しかった。(意外!)ずーーっと社内に閉じこもっているよりも外に出た方が俺には向いているな、そんな風に思いまいした。ある程度の体育会系でしたが、当時の所長さんに数字が悪くて怒られたことは殆どありません。

 

早く成長して欲しいと、数字の悪いのを怒るよりプロセスの組立に関して叱咤激励してくださる所長さんでした。今思うとこんな所長さんはいませんね。だから今でも任意売却の世界で働けているのかもしれません。

 

一身上の都合で信託銀行系の不動産仲介会社に転職します。もっともっと売主さんと近い仕事がしたかったからです。やはり社内のスタッフのレベルは高かったです。ロクに不動産調査もできなかった私に仕事を伝授してくださったのは冒頭でお話した大先輩です。

 

何もできない私を不憫に思ってくれたのでしょう。本物の仲介マンに付きっきりで仕事を覚えました。役所の中を走って調査してこいなんてことも言われたことだってあります。今思えばあの一言が私のことを変えてくれたのかなとも考えます。

 

とにかく必死でした。必死にやって不動産の仲介だけは完璧にやれるようになりました。本当に感謝です。もっともっと一緒に仕事をやりたかったですけど、私の運命はそうさせてくれませんでした。

 

もともとサラリーマンには向いていなかったのかもしれません。大組織の中で窮屈さを感じ始めます。そんな時に出会ったのが中小企業の再生と任意売却の世界。困っている人の力になれる仕事がしたいな・・・そんな風に考えたのです。

 

その先はご想像にお任せしますが、その仕事が天職となり今は社長やってます。はい。

 

今日はこの辺で。

 ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 土曜の朝からけたたましく携帯が鳴ったので出てみたら投資用物件を数多く紹介している投資家さんだった。

中古マンションの在庫が飽和状態でこれから価格が下がってくるから底値で買えるのはいつ頃だろう
という電話だった笑


業者の仲間内では来年の夏前に不動産バブルが崩壊などと騒がれているが・・・・果たしてどうだろうか。

経済誌などを読んでいても景気が上がってくる要素より下がってくる要素の方が目立つし

何よりも経済誌の焦点が銀行倒産などや大不況がやってくるなど、暗いニュースの方を取り上げるもんだから
なおさら暗い

景気減速などと大きな見出しで我々を煽ってくるが、上がったものは下がってくるという大原則で待ち構えたいものです。

なんてったって日経平均だけが今のところは安定的で、その外にいる我々や中小企業の社長さんは何のことやら実感がない。

条件変更で伺う銀行員さんだって景気の上昇を感じていないという。

うちの支援先の約8割が消費税や法人税の滞納に関わる換価猶予申請書(税金を分納するための申請書で延滞税が免除される可能性がある申請)を書いているし。

このまま不況に突入するというよりかは、この10年景気など回復していないのだと考えればそれまでか。


中古マンションの在庫が豊富といったって、ちょうど半年前に中古マンションの成約率が新築を上回ったという記事を拝見した。

ここまでは不動産仲介業者はよく儲けただろう笑、ここからは新築の時代が来るかと思えば新築も飽和状態で成約が鈍化しているらしい。

こんな記事を拝見したら益々、買えませんね。


マンションの価格が下がり切る半年後がチャンスだろうか。それでも半年後に動き出したってもう遅い。

誰だって底値で買いたいが、底値で買えるのはプロ中のプロのみだし。

そうするとマンション含めた住宅って買おうかなと思った時が買い時なんだと自己暗示しないと

怖くて買えない。


代表取締役 野呂一哉



ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。




金曜日の夜に高校時代の仲間と飲み会を開いた。皆、親となりパパとなり、ママとなり。意外と高校時代から結婚するまでやんちゃしていた男や女がしっかりとパパママをやっている。人生の若いころに必要なのは、遊びとやんちゃかな笑

自慢できるのはかつて木村拓哉が在籍していたことと、マツコデラックスが卒業生であること。鹿島アントラーズにいた大野選手のお兄さんが教員で在籍していたことくらいか。

偏差値は決して有名大学に入れるほどのものじゃないなが、この仲間と出会えたことに感謝した夜だった。

昨日は自宅から車で10分くらいのところにある、母親と祖母がいる霊園へ恒例のお墓掃除にいった。11月だけど何気に訪問している方は多い。

この時期なので草は大したことないが、綺麗に墓石を磨き上げる。墓内に植えてある樒という緑の植物を裁断して、水を交換して新たに剪定ばさみで取ったものを手向ける。線香は多めに。

そしてこう話しかけるのだ・・今年も無事に2017年11月、年末を迎えられましたと・・・・・・生かせていただいている、そして無事に過ごせている、これでいいのだ。

もう一つ、母型の祖母の兄弟の墓も霊園内にあり、こちらは親族が高齢で定期的に墓参りに来れない。正直、このお墓に入っている方とは全くお会いしたことが無いのだけれど、小学生のころから婆ちゃんとお盆や彼岸に一緒に来た。

汗だくになって草取りをしている祖母の後姿を見て育った私の役目だ。こちらも綺麗に掃除させて頂いた。 この達成感、なんとも言えない。

生かせていただいている。これだけでいい。 

支援先の社長から電話が入る。延ばし延ばし支払いを約束してきた取引先から催促が来ているようだ。8月の売り上げはなかなか芳しくないようだ。

あなたの責任ではない。ただ、責任をほかの人間へ転嫁しようとしないあなたは、間違いなく当社にふさわしい顧客だ。地獄まで一緒に行こう。


失敗して学ぶ、失敗して反省して生きる。これが人間の人生だ。私には怖いものは無い。ダメなものはダメだと言うし、間違っているものにはモノを言う。

自分の中にストレスを溜めない。成功とは決して笑顔で金メダルをもらうことだけじゃない。

私には怖いものがない。今まで散々、グシャグシャナ人生を歩んできた。下衆な輩にも散々、会って嫌な思いをしてきた。でもそいつら、今はもう最前線にいない。

自分の生き方が正しいとは言わないが、まだまっすぐで生き生きとしているを感じるのである。


今年こそ!と思うならばら、ここらで本気になってみましょう。あなたの会社、俺が面倒見よう。今日はこの辺で。



代表取締役 野呂一哉

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 

今日はこれから茨城方面への定期訪問だ。

 

比較的、今の時期は当社に数多くの人が来社される。金融機関、新規面談のお客様、不動産の仕入れ担当者など。皆さん必死だ。電話で営業をしていても相手にされないと危機感を感じて、自ら足で稼ぐ。すてきな話だ。

綺麗なスーツを着た色気のある男性営業が汗だくで仕入れの案件はないか、直接来社されるのだ。

 

私にもう少し時間があれば、応接に通して冷たい麦茶でも出して差し上げるのだが、こっちもこっちで作業が多くあるのでどうしても、立ち話になってしまう。今は不動産が当社でもかなり動いている時期で、在庫がないのと次の売出のための調査などで社内はごった返している。

ただ、足で稼ぐ営業さんの後ろ姿はなぜかカッコいい。

 

支援先の社長さんから昨日に電話が入った。長年付き合っている税理士だが、なんとなく実務的な提案が全く無いのと事務的過ぎてなんか腹がたつと。笑

まあよくある話だ。私も何度かお会いしたことがある税理士だが、私もこの方の態度には気になった。

事実を話すと、この人は税理士資格を持っていない。笑。ただの巡回要因だ。いい年なんだけどね。

 

自分に自信がないから、提案より経理さんを侮辱するような口調が先に出てしまう。何か税務の質問をすると、国税局のホムペを開いてこれを見てくださいと涼しい顔をして黙り込む。・・・・・絶句

 

恥ずかしくないのか?と何度も口にしようと思ったことがあるが、4流を相手にしても意味がないので私は何も言わない。何かをどこかへ置いてきてしまった、可哀そうな人間の結末だ。

 

実際にお金を支払う責任者の社長さんが税理士を変更したいというのなら、仕方がない。実際に変えるべきだと私も思う。当社の顧問税理士にお任せしよう。

実力は折り紙つき、しかも安い。本当に安いと思う。

 

実務より侮辱とも取れる口が出てしまうそこのあなた、大丈夫ですか?笑われてますよ。

 

税務の事だから、シビアに見なければならないことはこちらも重々承知してます。ただ、そこは絶対に譲れないというモノを持っていれば、対人間との接触はもうちょっと下から入るように今からでも遅くないから学習してほしい。

 

今日はこの辺で。代表取締役 野呂一哉


カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

本 表紙12.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 



先週の日曜日は定例の2週間に一度の先祖の墓参りに出向きました。自宅から車で10分程度なので、かなりの頻度で伺います。若くして母親を亡くしていることもあります。

さすがに夕方の霊園内は静かでした、寒いが独特の気持ちのいい夕方の風が印象的です。

 

墓地内の植木を裁断して(素人ですが)、綺麗なタオルで墓石をきれいに磨き上げる、線香を焚いて、今日も無事に生きておりますとご報告をさせていただく。

 

霊園内には祖母の兄弟のお墓もあるので、そちらも同様のことをやらせて頂きます。こちらのお墓はお墓参りに来れる方がかなりの高齢であり、なかなか来れないとのことで、基本的には私の墓だと思ってやらせていただいております。

 

たしか数年前のこの墓はすごいことになっていた。草を超えて竹のように発達してしまった草木をノコギリで一本一本処理したっけ。今や立派な見栄えのするお墓だ。

 

来るたびにこちらが生きる希望と背中を押してくれるパワーをくれる最強のパワースポットだ。

昨年末から当社に来られた社長さんのうちの8割がとにかく資金繰りが厳しいから融資を受けたいけど、うちのカミさんが反対している、もしくは融資を打診したが断られたという方だった。

 

よかった、そのお金は本当に借りなくてよかった。資金繰りを安定させる前に借りてしまうとそのお金は返済と支払いと納税に使用してしまう。お金は生きた金の使い方をすべきだ。

 

くよくよしている暇はない。一人で悩んでマイナスの回答しか出せないのなら、今すぐ行動を起こそう。何もしないで考えているだけなら、何もやっていないのと同じだ。

 

夜、体が震えて眠れないという社長さんがいた。その震えは当社にきた時点で徐々に武者震いに変わる。本当だ。裸足のまんまで、いいのだ。

裸足のまんまで生きていれば、誰も笑わない。

 

肩の力を全部抜いて野呂に会いに来てください。裸足のまんまで結構ですよ!

 

おかげさまで、新規面談が多数お問い合わせを頂いておりまして、ご希望の日時でご予約が取りづらい状況となっております。

比較的、土日、平日の夕方以降はご予約が取りやすいです。

年末年始中は、お電話でも転送しておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

代表取締役 野呂一哉

国書店にて、好評発売中

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

本 表紙12.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
企業ほど、経営コンサルタントをうまく活用してほしいと思います。


 おはようございます。それにしても急に冬場になりましたね、昨日は資金繰り表の作成で秋葉原本社での作業となった。

お昼は牛丼を店舗で頂いたが、トン汁と牛丼の大盛りを食べて汗をかかなかったのは冬になった証拠だ笑


秋葉原界隈のラーメン屋さんも混雑しているように見える、冬ですね。

シニア層や若者の自己破産が増加しているという記事を拝見する。内容を見ると貸金業法の総量規制と銀行法の違いによって

安易に銀行系カードローンに走る方が多いから、自転車操業に走るとの記事だが果たしてそうだろうか?


ただ単に金の見立てができないバカが増えたにすぎないと思うのだが笑。言いすぎかな笑

学校じゃこんな金の見立ては教えてくれない笑。銀行に入るための受験勉強は教えてくれるけど。


個人的には金利2パーセント以上の融資を受ける人はもう危ないと私は考える。頑張って働いて稼いだお金からそんなに利益を渡してどうするの?

と言いたい。

現役のサラリーマン時代はほぼほぼ賞与があり多少高くても返済できるという過信からこういった高利の融資に手を出す方が多いと聞く。

そりゃそうだ、カードを入れてATMで暗証番号を入力して希望金額を入力するだけで一万円札が出てくるからだ。

これは何かの作業に似ている。 




その通り、自分の銀行口座からお金を引き出す作業と同じなのだ。

違うのは自分の金か借りたお金かの違いなのだ。出てきた一万円札に融資とか自分のお金とか書いていないから、ほとんどの人は自分の金だと

勘違いする。ここまで来るともう危ない。


それに加えて、テレビで法律事務所の宣伝がバンバン行われているからいざというときにはここに駆け込めばいいという、勘違いしたうえでの自分なりの

救済措置を常に考える。  ATMから出てくるお金はすでに自分の金という意識になるのだ。


来年2月にパチンコの規制が入るという。今より客が設けられなくなるという不思議な規制だ。 今だってパチンコ屋の餌食になっている客からさらに金を

とろうという規制だ笑


これでパチンコをやる人間は少なくなる? 果たしてそうかな。


まだまだ余裕のある人はやめない、それよりも闇金の復活や財産を売ってまでパチンコをやる人が増えそうで恐ろしい。

やるなら韓国のようにすべて廃止しないとね。


株価だけが順調に上昇しているなんちゃって好景気。 現場はそうではない、不況だ。


それに加えて来年の夏前には不動産バブルがはじけると言われている。東京オリンピックのために建設中のホテルもすでに飽和状態であり、

オリンピック前に破綻する案件が増えると言われている。


実際に今、建設中のホテルやビルを竣工前に譲渡するような動きも出てきたとか。


誰かの真似をしているようでは銭は稼げないと言い聞かせよう。


さあ、残念だが不況の始まりだ。




代表取締役 野呂一哉



ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 


  

さて、リースバックという言葉をご存知だろうか。住宅ローンが破綻し、銀行から自宅の売却を迫られる。それを普通に外部に売却するのではなくて、投資用として所有してもらえる企業や個人投資家に売却し、所有権は変わるけれども賃料を払い続けることによって住み続けられる方式だ。

 

お子さんの学区を変えたくない方、せっかく購入したマイホームだから近い将来に復帰して買い戻したい方などと甘い言葉での宣伝が横行している。こういった甘い罠に引っかかってしまった方からのご相談がここのところ多い。

 

フタを開けてみればこうだ。業者に任せていたら、いつのまにか金利15%での毎月の賃料の支払いが約定されていた、3ヶ月以内に買い戻せと脅迫された、資金調達をしたが法外な手数料をとられたなど・・・・・この世にそんなおいしい話はないのだ。

 

特にサラリーマン世帯のリースバックは困難を極める。社会人であるお子さんが同居しているか、毎月の賃料を一緒に払ってくれる方が新たに加入しない限りほぼ無理だ。

買い戻すための期間も最低でも2年は必要だ。賃料設定も10%あたりが限界だろう。何より、基礎体力のある機関投資家でないと安心はできない。そのへんの不動産業者や身内でない個人ではやらないほうが無難だ。

仲介手数料目当ての業者の紹介である投資家で実行するのも、もってのほかだ。

 

一度、所有させてしまうと元々の約定通りの金額を払わない限り所有権は戻ってこない。よーーく考えて実行していただきたい。

 

■リースバックは金利10%前後で新たに借金をすることと同じ

■誰で買い戻すかをあらかじめ決めてから、所有権を移すこと(可能であればその方で住宅ローンが通るかの目安をつけておこう

■買い戻す際に一般的な都市銀や地銀の住宅ローンの適用が難しい傾向にある。甘い言葉に屈服するな!そして、諦めるな。

買い戻す際には一度、4%代の住宅ローンで借換えて数年後に一般的な住宅ローンでのリファイナンスを組むことが殆ど。そこまでのストーリーを頭に描いてからリースバックの入口に入る事

■不安ならアセットアシストコンサルタントへどうぞ笑

 

今日はこの辺で。

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

本 表紙12.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 しかしながらいつのまにか真冬の気候だ。昨日は群馬県の支援先まで定期訪問した。あちらはあちらですでにスタッドレスタイヤの装着が始まっているという。

昼間にナポリタン専門店で昔ながらのナポリタンを食べたら胃がもたれてしょうがない・・・・・・歳だ。
夕方に消費税の納税が滞ってて、店の保証金の差押予告ととれる電話が税務署から来たと社長さんが慌てて電話してきた。

そうそう、そうやって怯えることも大事かと笑。税務署はバカじゃないし血が通っていないし
(まあまあ税務署の皆様、落ち着いて落ち着いて笑)、ストレートに言うと払えないなりの対応をしていないから
差押えの予告をしてくるのだ。

もちろん、口でいくら来月には納税しますと言っても実績を作っていかなければ、差し押さえられる。資産の差し押さえは
条件付きで何もしていないただの逃亡者の証だとも私は思っている。

条件付きと言ったのは、その事業を継続してそこの給与で飯を食っていくのならばという条件だ。
事業を継続しているのに、税金をほったらかしにしているのならば、とっととサラリーマンになった方がご家族の為にも賢明だろう。


税金が納税できないという中小企業は多い。ざっと当社で支援している23社の企業を見てもまともに納期限で全額納められるのはたったの3社だ。
納税のために親族に借りまくってはいけない、納税は限界はあるが4~5回の小分けにして払う。延滞税がかかるが、延滞税がもったいないと
言う社長さんは儲かっている証拠だ。おそらくうちに来ることはないだろう。よかったね。


消費税の滞納で営業店舗の保証金が差押されたら営業できなくなるよりマシだ。税金舐めてると死ぬ。



最近、よく聞かれることがある。金持ちになるにはどうすればいいですか? そのツラじゃ宝くじ当たる幸運はもっていないから働けとしか言えない笑。


財務省が1日発表した法人企業統計によると、企業の利益の蓄積にあたる「内部留保」が2016年度末時点で、406兆2348億円に達したらしい。

うらやましい限りだ。銀行も株への投資だけで設けているといよいよ金融庁に潰されてしまうようだ。融資を出して利息で儲ける方向へ転換しそうだ。
まったく返せないのに融資を出すかつての新銀行東京のように出せとは言わないが出すことによって本当に潤滑油となる中小企業がまだまだいることを
忘れないでもらいたい。


代表取締役 野呂一哉




ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

おはようございます。出張や不動産の現地調査など先週はバタバタだった。今日から正規のスケジュールで動くことができる。

 

金曜から土曜日にかけて静岡県へ不動産契約のため出張にいった。やはり長距離移動は疲れるのか土曜の夕方から日曜の昼間まで泥のように眠った。やはり歳かな笑

 

やりたいことはたくさんあるのだけれど、なかなか時間を見つけようとしない自分がいる笑。相変わらずの先延ばし性格だ。もういっかいスイッチを入れなおそう。

 

土曜日に泥のように眠っている時に夢の中に亡くなった母親が出てきた。亡くなってから13年、面と向かって私に夢の中で発言してくれたのは初めてだ。

 

「天丼が食べたいと」笑

久々に出てきて、食べ物のオーダーか笑。俺の母親らしい。妹に電話して状況を話したら大笑いだった。日本蕎麦屋さんで出前をとるか、近くのてんやさんで買ってくるか。

妹は作りに来たいけど外出中で無理だというし、結局はてんやさんで上天丼を買ってきた。うまい!仏壇に供えた分は母親とばあちゃんの分だ。

嬉しいことに、妹のお腹の中に第一子が誕生したようだ、母親はこれを私に知らせたかったのか。

 

満足してくれたかな。

 

完全に冬を迎えているタイミングで支援先の再リスケの申請に社長さんと数多く銀行を回らせて頂く予定だ。二年目のリスケジュールの時が一番緊張する。何故か?

一年目の状況をリアルに報告しなければならないからだ。今回の2社はなんとか申請を許可されたが、気になったのは二年目でも最初に拒否する銀行が増えてきたこと。

今まではかなりの確率で当社が作成した経営改善計画書で乗り切ったけれども。

 

銀行も経営状況が相当いいらしい。地銀も決算状況が非常に良いところが目立った。この時にサービサーへ売却して損金処理をしたいはず。

 

銀行の状況が良くなれば、資金調達をしたい企業への融資は増加する。ただ資金繰りが厳しい企業へは回収やサービサー処理を促す。

この状況、的確なアドバイスが私に求められる。

ここのところ、新規面談が再び増加している。特に地方の企業だ。この夏、いつもだったら例年のように証貸でも手形でも利息だけ払って据え置きという形態がとれるのだが、そうではなく今回は回収で支援を終了したいと申し出てくる金融機関が多い。

雨がどしゃぶりで降っているときに更に雨合羽を貸してくれる銀行っていないものか?いよいよ回収スピードがあがってくる気配だ。

 

『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 

おはようございます。朝晩は既に秋だ。蝉しぐれがいつの間にか鈴虫の大合唱へと変わっている。それにしても変な進路を辿る台風が多い夏だった。

 

 

この数日間は非常に忙しかった。久しぶりに任意売却ではない、普通の資産処分の不動産取引を無事に終えることができた。抹消交渉をしない不動産取引はいつぶりだろうか。

久々に債権者とナチュラルにお話ができたような気がする笑。

 

それにしても売主さんに喜んでもらえてよかった。色々と大変なこともあったけど、お客さんに喜んでもらえるのは私の次の仕事に繋がる。

 

夏のブログで毎年書いているように、秋が終わりそうなこの時期に当社への社長さんからのお問い合わせが増え始める。何故か?

 

夏は夏で数多くのイベントが目白押しです。お子さんがいるご家庭では子供が夏休みに入る、お盆休みがある、海や川へレジャーと何気に我を忘れられるこの時期だ。

資金繰りに困る社長さんだってたまにはお金の悩みを忘れたくなる。年末のクリスマスから年明け三が日にも同じ傾向がある。

 

ただ、ふとその楽しい時間が過ぎ去ると現実に直面するのだ。小学生が日本テレビの24時間テレビのエンディングを見終わった瞬間にもう夏休みも終わりだと感じる誰もが経験したことのあるあの恐怖だ笑。

 

支払いに対する処置をまったく取らずに、無駄に過ごしてしまった夏を後悔すると共に絶望へと気持ちが切り替わる瞬間だ。

 

同じような社長さんが全国にたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

来週から当社は新規面談ラッシュだ。わざわざ遠方から当社のある秋葉原へご来社してくださる。丹念にお話をお聞きして、社長さんと今後の再生計画を一緒に組み立てる。

泥臭い話だが、本物の事業再生は泥臭いことしかない。綺麗な仕事など一つもないのだ。

 

私と大森の今までの泥臭いだらけの経験値で今年の後半も全国の社長を笑顔にしよう。

 

今日はこの辺で

 

代表取締役 野呂一哉

 

 

 

 

国書店にて、好評発売中

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

本 表紙12.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
企業ほど、経営コンサルタントをうまく活用してほしいと思います。

 

おはようございます。

 

日曜日はご先祖の墓参りと小学校時代の友人の墓参りに出かけた。あまりにも忙しすぎて、去年はまったく墓参りに行けなかった。

 

草がぼうぼうかと思ったが、やはり生きている雑草も季節を感じるようだ。もう伸びてはいけないと悟ったのか、おとなしい具合だった。

 

母親と祖母のお墓、祖母の兄弟の家系のお墓、車で30分移動して小中学校の友人のお墓。綺麗に掃除をして、たっぷりと水をかけてあげて、充実した日曜日だった。

 

小学校時代の友人の命日は10月1日だった。綺麗すぎる墓石が非常に悔しいのと、風格あるお寺の霊園の整然とした雰囲気がなんともミスマッチだ。

 

空は青空。幼少の時から何か悲しいことがあると空を眺める癖がある。

 

私なりの深呼吸だったのかもしれない。

 

日本は不況だ。金なんか回っていないし、潤っているのは犯罪者と一部の人間だけ。中小企業に金は回っていない。

 

そう、そろそろ気づいた方がいいかもしれない。人が作った経済政策で景気が回復するわけないのだ。だからあの人のせいにするのは論外なのだ。

 

辛いときほど人のせいにしたくなるものだ。私もかつてそうだった。

 

一瞬は楽になる、そのあとは何とも言えない悲壮感が漂う。これに慣れたら本当に地獄だ。

 

目の前の仕事を丁寧に迅速にこなす。これだけしかないのだ。それだけが、唯一の登り坂を駆け上がっているときなのだと考える。

 

再び生きると書いて再生だ。

 

 

 

 

代表取締役 野呂一哉

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。



 昨日はいい天気だった。久々にあそこまできれいな青い空を見たような気がする。皆さんお元気でしょうか?今日も元気に行きましょう。

しばらくぶりだと思って昨日は朝から愛車とともに千葉市内の霊園を回る。ばあちゃんと母親、おばちゃん、同級生の墓を三つ回る。ここのところ土日も仕事で動いていたので墓の雑草や植えてある植栽などが気になった。朝早くから優等生的な動きだ笑。

時期が時期なので雑草の伸びは鈍い、しかしながら10月下旬も暑い日があったので、タンポポ系統の雑草は元気だ。おばちゃんの墓にはタンポポ系雑草が我が物顔で住んでいる。これがちょうど鎌が入らないところに毎回生えてしまって手で引っこ抜くしかない。なかなかの重労働だが仕方がない。おばちゃんのためだ。これがなかなかの大苦戦でようやく引っこ抜いた。

水をたっぷりとかけてあげて、線香を手向けて終わり。次は車で30分くらい離れた同級生の居る霊園に向かう。本当に日本かと疑ってしまうくらいのコバルトブルーの青空と山間の紅葉が見事だ。

気持ちのよい森林を抜けて友が居る霊園へ向かう。天気がいいから多くの方がこのお寺を訪れている。


友人の墓は新しい。きれいすぎて雑草一つ生えていない。手向けられているお花はまだ新しい、昨日にでもご両親や家族が来たのかな。



お水を替えてあげて、線香を手向けて。墓石の裏まできれいに水をかけてあげる。


誕生日は11.17日。もうすぐ俺と同じ40歳だ。


23歳で亡くなってしまったが、まだ40歳か。 若いな。 共に生きよう。




トランプ氏は成り上がりの頃、自分で不動産を見て調査し、自分で判断して決断を下したという。金は元々あっただろうが

ここまで大成するのは現場を大事にしたからであろう。


私もいつまでも現場に生きるビジネスマンでいたい。

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 

こんにちは。

上昇気流に乗っている企業のトップのテレビ出演やブログなどが目立つようになってきた。本当にそれはそれでいいことだ。


逆に目玉が飛び出るような経常損益をマイナスでたたき出してしまった大企業もある。これはこれで残念。はたして2017年はどうなるだろうか。

それが一番心配だ。今年はロクなニュースが流れない、新聞読んでも人と企業の批判と金に絡む黒い話ばかりだ。


昨日は叔母の知り合いを紹介されて、横浜の喫茶店にて待ち合わせをした。

社長さんの代わりに来られたのは会社を殆ど一人で切り盛りされている女性役員の方です。本来は年末にお会いすることになっていたのだが、女性役員さんがこの3カ月乳がんと戦い、無事に手術を終え、復帰するまでの時間でした。

 

壮絶な人生を送られてきたこの女性役員の方、なんとかして再生を成就させたいと約3時間に渡り今後の事業再生のためのスキームを考え打ち合わせをさせていただきました。

 

経理業務もこなすことのできるこの方の武器は数字力と行動力、そして積極さとマメさ。本当に頭が下がります。

 

しかしながら、女性が営業として得意先や新規開拓として外を走り回るような商品を扱っている訳ではないので、今後は営業をどのようにするかがキーポイントですね。

 

ことの詳細はここへは書けませんが、必ずや再生をしてみせます。

 

信は力なり。この言葉が私は大好きであり、私の座右の銘です。売上が全く上がっていない事業であるならばビジネスモデルとして成り立ちませんが、売上がある、粗利が出ている状況であれば再生は必ずできると私は常に自分にいい聞かせます。

 

 

再び生きると書いて再生です。今日はこの辺で。

 

おかげさまで、当社で出版させて頂いている書籍や当社ホームページの反響により多くのお問い合わせを頂いております。新規面談をご希望される方の昨日日時での面談予約がとりづらい状況が続いておりまして、誠に恐れ入ります。

スケジュールの調整を重ね、対応させて頂いております。

 

何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

 

 

 

代表取締役 野呂一哉

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

'>


久々にしばらく行っていなかった居酒屋へ足を運ぶ。ちょっとしたイザコザでマスターと喧嘩してから早一年、なんとなく足が向いた。相変わらず大盛況のようだ。

ここへ来ると嫌なことを思い出しそうで来たくなかったけど、この昭和の雰囲気の居酒屋が大好きだ。

マスターとも仲直りして、昨日は久々に飲みすぎた。

 

ふと、その昔世話になった不動産業界での先輩の動向が気になった。その先輩のかつての上司の方と店を立ち上げたのだが、その先輩の顔写真がそのホムペから突如として消えたのだ。

約8年ぶりにメールを送信・・・・・・・・・・

 

すぐに返事が返ってくる。今は不動産業をやめてかつてのアパレル業界へ戻ったようだ。うちに案件がもっとあれば金を払ってでも雇いたい方だ。実力は申し分ない。

その昔、この先輩が所長を務める不動産会社に就職した。20代のころかな。

 

新規店舗のオープニングメンバーとして入社した。それまで勤務していた事業再生会社を強制解雇され(その後、その事業再生会社は不正を繰り返し社長が逮捕されたので神様が私を救ってくれたと今は感謝している)、捨てる神あれば拾う神ありという言葉が初めて体感できた時でもある。

一念発起して一生懸命に頑張ったのだけれど、営業所自体の数字が振るわずして一年半程度で閉鎖となった。

 

そのまま私も解雇され、しばらく路頭に迷ったっけ。私の解雇を最後まで反対してくれたのは、この先輩だ。最後の出勤の日、私の送別会を開いてくれたのはこの先輩だ。

私を解雇したその上の何もできない上司はこなかった。涙ながらに私ごときに解雇を防ぎきれなかったことを謝罪してくださった。

 

悲しくて嬉しくて、ホッとして、涙を流すことすらできなかった。 俺が偉そうに言えることじゃないけど、久々に人間に出会った気がした。

 

いつか、この方と一緒に仕事がしたい。そう思う。

 

事業再生コンサルタントとして、男として、こんなに甘くちゃダメなんだけど、人にしていただいた親切を忘れるほど愚かじゃない。

 

支援先の社長さんから電話が入る。資金繰りが窮地に立たされているとのことだ。決済資金が足りない。

 

当社は事業再生会社だ、しかしながら一つだけお力になれないことがある。もうお気づきだろう、当社からお金を貸すことだ。当社で指導する資金繰りを徹底して頂かないとこうなってしまう。

 

ただ、運の強さに定評のある社長さんだ、なんとか乗り切るだろう。 当社は支援先と地獄まで付き合う覚悟だ。

 


気持ちを誤魔化すのはやめよう。誰だってお金の心配は後回しにしたい。けど、後回しにしただけ、倍になって帰ってくる。

 

当社の新規面談も1月は大混雑だった。2月のご予約も集中している。さあ、会社の資金繰りをもう一回見つめなおして、気持ちよく春を迎えよう。


一緒にがんばりましょう。

 

 

 

代表取締役 野呂一哉


カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

潤う中小企業は何処へやら


なんにしたってどこの中小企業は資金繰りが厳しい。そこへ来て2019年度には予定通り消費税が10%に上げられる準備が行われている。


会社経営などしたことのない人々が国を牛耳り使うことだけを考えて集めるから始末が悪い。


たまには抑制することを考える与党が生まれてほしいものだ。


何時ぞやの事業仕訳は行為自体は共感できたが、運のない政党がやったって落ち目落ち目に廻る。なんとも厳しい世の中だ。


仕訳したことにより、御嶽山の噴火は予知できなかったと言うが。仕訳してなくても一緒だったような気がするのは私だけか。


議員と公務員の削減が一番の近道なのでは?



景気なんて全く良くない。ミサイル発射されて株価が落ちるようでは尚更厳しい。偽物日経平均とでも言おうか。


老夫婦が経営するラーメン屋さん、美男美女が経営する老舗写真館、手形融資を2日前に断られた東北のハウスメーカー、資金繰りはキツイが全スタッフがこの2ヶ月で職人技とも言える番組を制作した番組制作会社。


ここのところの私の支援している中小企業だ。


皆苦しいが、いい顔してる。


再生支援を通して全会社を今より綺麗で大きなオフィスに入れるよう舵を取るのが社長さんと私の目標。


ここのところの私の支援している中小企業だ。


皆苦しいが、いい顔してる。


再生支援を通して全会社を今より綺麗で大きなオフィスに入れるよう舵を取るのが社長さんと私の目標。


代表取締役 野呂一哉


曜日の朝に携帯に連絡が入って支援先への訪問が、社長さんの予定変更で真っ白になった。決まってこういう日は自分の好きなことをする日にしている。

 

六ヶ月に一度あるかないかの日だ。こういう日は無理に会社に行かない。俺に遠慮して社員が窮屈になってストレスが溜まってしまう。私も溜まってしまう。

 

いつもは東京方面に走らせる車を、南房総に向けて走らせる。逆走だ笑

 

ワクワク感が止まらない。母親の墓参りと中学時代の友人の墓参りをして、あとは自分の時間だ。さあて、何をしようか。

 

せっかくだから自身の千葉県内のパワースポットをできるだけ回ろうか、高速を南に走らせる。到着したのは千葉県の館山城。南総里見八犬伝の発祥の地だ。

 

この会社を立ち上げる準備をしていた際に、幾度となく訪れたこの場所。かなり高いところに築城されているため歩くとかなりキツイ。車は通行禁止だ。

 

かなり急な登り坂をゆっくりと足をすすめる。段々と海が木々のあいだから見えてくる。気候が良いので、同じように観光している方も多い。

 

お城の目の前に到着する頃には完全に膝が笑っている。情けない。

 

展望台に立つと館山市内が完全に一望できる。海もあり山もあり、自衛隊の敷地と沖の島も見える。なんとも言えない綺麗な景色だ。館山市内の住宅やマンション、ビルなどが海に向かって整列するように見えるのも面白い。

 

この敷地内にある八遣臣のお墓の前に行くといつも身が引き締まる。

 

うまくいかない自分の人生を他人のせいにしていた時期もあった。もう全てが嫌になって、一人で車を宛もなく走らせていた時に出会ったのがこの場所だ。今の自分がこうあるから、間違いなくここは私のパワースポット。

 

自分の人生は今の自分のせいなのだ。と言い聞かせてくれたのがこの地なのかもしれない。ここで幾度となく気持ちをリセットして今まで生きてきた。

 

有名なパワースポットに出かけることも面白いかもしれませんが、自分だけのパワースポット探しも面白いかもしれません。

 

代表取締役 野呂一哉

 

※当社の「銀行から融資を受ける前に読む」好調でございます。新規面談が多数ご予約を頂いている状況です。ご希望の日時での面談予約がなかなかとりづらい状況となっておりますが、夕方以降、土日もスタッフ総出でご対応させて頂いております。

どうぞよろしくお願い致します。

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png


おはようございます。


夏あたりからか事業再生のご相談に加えて、不動産の任意売却案件も増え徐々に取引が増えていった。その名残が年末も続く模様だ。そのへんの任意売却業者に負けはしないが、杜撰な業者の餌食になってぼろぼろにされた方が当社を訪問してくる様子はもう見ていられない。


今年こそ、どうでもいい任意売却専門業者を唄っている偽業者の排除に出向こうか笑



今年の目標は会社設立7期目にして売り上げを倍にすること。倍にするための準備と仕込み、プロセスストーリーは準備完了した。あとは本当に毎日を丁寧にひた走るだけ。

行くところまで行ってみたい。今までは3歩進んで2歩下がるみたいな生き方を余儀なくされた。これは会社を如何に維持して継続させるかどうかの苦渋の決断である。


なんとなく今年は気分が乗る。3歩進んで下がるのを1歩にしようか。たまにはいいでしょこういうのも。


この数日間の新規面談は数多くのお客様が全国からご来社頂いた。共通して言えることは、とにかく来るのが遅いこと。たまりに溜まった税金の滞納が大きすぎて当社でも手の施しようがないというお客様が3社はいた。税金は舐めてはいけない。一度、納税や支払いに背を向けるとはっきり言って楽だ。



無視して売り上げを上げることに専念する。しばらくは督促が来ない。手紙サイズの通知が2回ほどくる。それでも無視する。

無視した方が楽だからだ。そのうち税務署から連絡が入り、日時指定で臨場検査が入る。この臨場検査になると来社されるのはそのへんの税務署の人間ではない。

国税局の人間だ。赤い血は流れていない笑 いいすぎかな


納税は分納をしてなんとかして資金繰りとの調整を図るところでなんとか収めたい。臨場検査が来てしまっては、基本的にはもう経営すら成り立っていない。

これは当社の資金繰り表で管理すれば大方の資金繰り悪化は踏ん張れる。


やるかやらないかで天国と地獄。これは事業再生コンサルタントとして、経験の中での話だ。だからこそ、一緒に資金繰りを確認して、常にリアルタイムで同様に一緒に管理していく。これが当社のモットー


あなたは会社の経営に失敗したのではない。だからこそ、先行逃げ切り型の色気のない自己破産などは絶対にしてほしくないのだ。

資金繰りに失敗したのであれば、そこで辞めずに成功するまでやり続けること。なんだってそうだ、あなたが今の商売で独立する前に新人で入った当初は失敗だらけで右も左もわからなかったはずだ。

私も同様、不動産の仲介会社に24才で入社した時なんかは、あまりにも大変で昼飯の味がしなかった時がある。


成功するまでやり続ける、年齢は関係ない、成功するまで念じる、動く、学ぶ、そしてまた失敗して反復練習することによって初めて成功は手にできる。


そう思うのだ。 今日はこの辺で。



代表取締役 野呂一哉

国書店にて、好評発売中

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

本 表紙12.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
企業ほど、経営コンサルタントをうまく活用してほしいと思います。

 

資金繰りで一人で悩んでいても何も始まりませんよ

 

 

おはようございます。天気は良いし、日曜日は母方の祖母の実家へ親戚一同で集まった。しばらくご無沙汰していたので、これでもかとお土産を買って千葉県は市原市へ。


やはり田舎の料理はいいものです。久々にもち米を食べて、健康にいい煮物や野菜、手作りの天婦羅を頂いた。平屋建てのだだっ広い一軒家。仕事なんか辞めてここでずーーっと暮らしたいなと考える。


私がここへ来たのは久々におじさん、おばさんの顔を見に来たこともあるけど、私の中の数少ないパワースポットでもあるからだ。本家の私の祖母の両親のお墓を訪れてお墓参りをさせて頂いた。


去年は不運まではいかないが、いつもより体が重いと感じることが多かった。結果的にはうまくいくのだけれども、二転三転と遠回りすることが多かった。これが仕事というものなのだけれども。


今年も年の半分が終わろうとしている、なんとか気持ちの上でもスキルの上でも飛躍したいと願うのだ。

 

資金繰りで悩む・・・一人で悩む・・・そんな社長さんがまずやってしまうこと、それは自分の役員報酬を減らす、もらわないという行為。常識を超える額の報酬をとっている社長さんについては簡単に減らすこともできますが。結果、社長さんご自身、ご家族は一般的な生活を営むことが厳しくなる。

 

もうひとつ、資金繰りに困っている社長さんがやってしまうこと。それは、友人知人からの借り入れを申し込むこと。返済をきちんとしていける返済元資があれば構わないのですが。無いから借りてしまうのですから、自動的にその友人知人への返済もできなくなるのです。

 

友人知人の方は金融機関ではありませんから、回収のルールを知らない方が多いことは一目瞭然です。夜討ち朝駆け、警察を呼ばなければいけないような事件に発展することだってありますよね。その友人知人が同じ業界で商いをされている方であれば、きっと悪い噂が走ります。

 

返済できないお金、返済するための元資が見えていないのであればその場しのぎの借り入れは絶対にやってはいけません。本当に。

 

 

じゃあどうするのか?資金繰り=止血をしましょうということです。何十年も経験されているベテラン経理さんでもなかなかできないことですよ。三ヶ月先、来月の月末、2週間後、明日の営業終了時点での残高と支払予定、入金予定を常に把握すること。

 

資金繰りを徹底するとは、ただ単に帳簿をつけるということで終わりではありません。帳簿を付けるのは当たり前の話。現金と預金の出納を元に月末の入金を支払い、翌月の現預金残高を予想して動いていくことです。

 

この常に把握することに意味があるのです。一緒にがんばりましょう。

 

 

 

代表取締役 野呂一哉

 

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

DB488DE3-608A-4D93-8DC5-A208AD2E1D3B.jpeg

自宅前の公園の木々がいつのまにか紅葉を迎えている。久々にゆっくりとベランダから講演を眺める。

この一か月は出張続きでなかなかのスケジュールだった。出張にて数多くの案件が入ってくるようになり年末まではこれらの処理に没頭することになる。


山形、青森 群馬、北海道となかなかの移動距離だった。


自宅マンションのエレベーター交換工事が行われるという。合計で12日間ほどかかる見込みで、最上階に住む私は一苦労しそうだ。笑













 長寿番組と言われるバラエティー番組が来年に立て続けに終わってしまう。片方は小学生時代からかじりついていた番組だ。もう一方も大学生ころにはよく見ていた。

この番組は最近は面白くないと悪評が続き、先日もLGBT団体を馬鹿にしていると新聞記事となった。まあ、一度嫌われると何をやっても叩かれる。かつての朝青龍関と同じだ。

何を言っても叩かれるし、取り組みに勝っても拍手されない。インタビューはふてぶてしいと言われた。  世論ってそんなもの。 衆院選挙の女性代表と同じだ。

一度嫌われたら最後、有名人であればあるほど再起が遠くなるみたいだ。

この2番組、なんとなく番組タイトルだけ変えてそのままの時間帯枠でまた始まるような気がするのは私だけか。笑



来年の夏あたりに不動産バブルが崩壊との噂が業者仲間の間で顕著だ。なんてったって異常だ。

セミプロと言われる不動産投資家が今までは自分の土地にしか建てていなかったのに、外の土地を買って建物建てて10億ちかい金をフルで引っ張る状況がここのところ
流行りらしいが。


これだから不動産神話って10年に一度繰り返すのだ。


だから今は買い時ではない、静かに時を待てなどと甘ーい話をするわけではない。


ただ、今買うと1年後には一年後に照準を合わせている本当の不動産プロに持っていかれてしまうよという話です。


勝ち組になるか負け組になるか・・・・・・・あなたならどうする?


すでに東京オリンピックへ向けたホテル建築途中のホテルが竣工前に破綻している物件が出回っているという。恐ろしい


今が買い時だ!という話を人から教えてもらっている状況は、現実もう売り時なのかもしれない。


不動産投資って恐ろしいですね。今日はこの辺で。


代表取締役 野呂一哉




 


さて、先日の新規面談の社長さんのお話です。銀行からご自宅の任意売却を迫られていて数社の任意売却専門会社に相談しに行ったところ、行くとこ行くとこで違うことを言われて、真意を確かめるためにご来社されました。

 

A社・・リースバックはうちが得意とすることろで、実績が違います。金融機関にも精通していて交渉事はお任せ下さい。知り合いの不動産業者に購入してもらって、月々賃料を払えば住み続けれらます。賃料は購入した金額と諸費用の合計の20%分を12ヶ月で毎月分割でお支払いしてくだされば結構です。

ただ、お知り合いで買い戻していただく必要があるので、半年後には買い戻して頂きます。

 

B社・・リースバックなんて二次破綻をする可能性が高いです。一時的に所有する業者に儲けさせるだけだから絶対にやめておいた方がいい。すっきりと任意売却で第三者に売却して、すっきりして新たな気持ちで頑張りましょう。

 

うーーーん・・・・いい加減な業者が多いものだ。A社もB社も間違っている訳ではありませんがね。まずはA社からお話ししましょう。このパターンの任意売却の業者が一番多いでしょうね。知り合いの不動産業者、投資家へ一時的に所有権を移転しそのまま住み続け、毎月賃料をお支払いする。ただ20%はぼったくりです。

 

高くて10%、買い戻す際に更に10%を上乗せした金額で買い戻すパターンが一番多いでしょう。しかしながら気を付けないといけないのは、買い戻す時期。

 

半年後では詐欺に近い。絞るだけ搾り取って、半年後に更に10%を乗せて儲けるスキームですが、期間は3年は見るべきでしょう。

 

こういった約定をきちんとせずにリースバックスキームにご自宅を組み入れてしまうトラブルが後を絶ちません。リースバックは一時的に所有してくれる第三者に対して新たな借金をすることと同じ。冷静に確認してから実行するべきです。

 

次はB社。こういったキャッチフレーズで集客している業者もたまに見かけますね。言っていることは間違いではありません。リースバックというのは、ただ住み続けたいという理由で選択するべきではありません。安易にこういったスキームに乗ってしまうとA社の提案のような結末が待っています。

 

つまり、リースバックで支払う賃料はおおよそ、金利10%でお金を借りることと一緒だということ。これを何とかして賄っていかなければならない、そうですよね?

 

何らかの原因で任意売却を迫られている方が、この賃料を捻出していくことはなかなか厳しい現実が待っている。つまり、他の協力者がいない限り、サラリーマン世帯でのリースバックはほぼ無理だということです。

 

同居しているお子さん、お爺ちゃん、お婆ちゃんなど。金銭的な協力をしてくださる方が必要不可欠です。会社の経営者であれば、売上が立っていることが前提ですが、社宅扱いで経費化するなど対応策は見えてきます。

 

いずれにせよ、リースバックで実行に移す前はきちんとした説明を受けること。所有権を移転したあとに何がどのタイミングで到来するかを確認してから再生を目指しましょうね。

 

今日はこの辺で。

 

 

 

代表取締役 野呂一哉

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

本 表紙12.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

おはようございます。今日も元気にいきましょう。

 

会社の経営で一番大切なことってなんですか?最近よく聞かれるようになった。私も経営者であり社長でもあるので、日々その答えを見つけ出そうとしている身だ。

 

大事なことは一つ、売り上げを絶えず上げ続けて会計管理を徹底することだ。

売り上げを上げればなんとなる?残念ながらそれは昭和の話、今は数値管理をきっちりやらないと、そこから漏水して首が締まってしまう、こんな会社さんをよく見かける。

つまり、数値管理をすることで融資を受けるタイミングも判断できる。銀行が貸してくれるからと言ってほいほい借りているようであれば、それはもう経営とはいわない。

 

キャッシュフローを掴んで予測を立てていないとその借入金は二か月後には泡となって消えるのだ。

 

キャッシュフローの把握、少数精鋭の会社であればそのキャシュフローの流れを全社員で把握することがあってもいいのだ。

 

ヒト、モノ、カネ、マーケット、キャッシュフローの把握、今の時代はここまで掴まないと会社経営とは言えない。どれか一つを失っても、経営とは言わないのだ。

 

と私は常に自分に言い聞かせる。

 

代表取締役 野呂一哉

 

『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 

ここのところの動きとしては、資金繰りの組み立てを自らやろうとしない支援先の資金ショートが目立つ。当たり前のことなのだが、当社との支援契約→リスケが必要なときには経営改善計画書の作成と銀行折衝→リスケの承認がいわゆるゴールであると勘違いしてしまっているケースだ。

 

もちろん当社はコンサルタント会社なので、そこをなんとかするための大義名分であることは間違いない。しかしながらわずかな支援先は、そこをゴールとして勘違いしてしまう。

当社が介入することにより、キャッシュフローの理解こそが経営の第一歩と気づいてくださる社長さんが殆どだ。そこでの化学反応は後の経営に大きく影響を及ぼすことになる。

特に数字が大嫌いな経営者さんは決算書すら目を通さない。毎月の試算表にも関心がない。これではだめだ。

 

当社が入っている意味がない。コンサルタントだから何とかしてくれるのが仕事でしょう。当然のことと思う。

 

ただ、なんでもかんでも待ちの姿勢を保ち続けてしまっている社長さんの再生は絶対にうまくいかない。これだけは言っておく。

 

春待ちに憧れている社長さんに一番多いケースだ。売上を大きく上げることを狙う。気持ちはわかるが、土台が堅固でないと、芽は出ず立派な柱を打ち立てることは一生できないのだ。

 

代表取締役 野呂一哉

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 


 みずほ銀行が今後10年で19,000人の人員削減を発表した。三菱東京UFJも約480店舗ある支店を統廃合して2割減を目指すという。

IT化による業務の軽量化、窓口をデジタル化して行員の負担を減らすなど表向きの削減理由は立派だ。



銀行に人間はいらないなどという簡単な意味ではない。確かにネットバンクの普及によって銀行窓口に人が集まることは減っているという。実際に私もそうだ。

支援先の経理担当として給与支給日や買掛の支払日にネットバンクから手続きすることがほとんどであり、銀行に行くときは通帳の記帳や資金移動くらい。

大手企業であればこの記帳をすることもなく、そのまま会計ソフトに連動するシステムを使用していることがほとんどだ。うらやましい笑


これが何を意味するか?

海外の株にばかり投資して収益を得るのではなくて、きちんと会社や個人事業主に融資をして稼ぎなさいと言う金融庁の指導に対して、銀行側はそれをやるにはリスクがありすぎる、とりあえず人員を削減する大義名分を整えます、というのが今回の三菱、みずほ、三井住友の制作発表なのではないだろうか?


恐ろしいというより金融庁には逆らえない日本の金融機関と日本国との力関係がまさに浮き彫りとなった絵図がまさにこうだ。金融庁管轄だから仕方ないんですけどね。


これが何を物語るのか。

銀行は頑張って人員を削減し、店舗を統廃合してなんとか頑張っている。だから会社の社長さんも個人事業主も簡単にリスケを申請しないで踏ん張ってもらいたい。

今後は簡単にリスケジュール申請やリスケジュール更新には応じないぞと言っているように感じてしまうのは私だけだろうか。


早ければ東京オリンピック前に経済崩壊があるかもしれないと過去にこのブログでお話したことがある。不動産についてもいよいよ崩壊風味であり、私の業者仲間である某サービサー社長も買いたたくためのマネーをフィクサーへ申請したところだという。

さあてどうなるか?


異常な株価の上がり方。気になりますね。


東京オリンピックに向けた異常なほどのホテル建設ラッシュ。これもこれで気になる。あまりにも東京から遠い地方にホテルを建てすぎだ。

オリンピック開催期間はパラリン含めて約3週間強。 このために今は全く需要のないエリアにホテルが建設されようとしている。大丈夫かい?

それを安く買いたたくハイエナ共が笑いながらマネーを用意し始めた。笑


これが日本に金が回るの意味なのか。  私個人的にも信託銀行などからぼちぼち不動産情報が入ってくるようになった。株価が2万円を超えたあたりからです。


建設中のホテルの物件もちらほら。  


政権はどうであれ、野党がどの政党であれ、意味のない選挙が全てを後押しした。

日本はもう不況なのかもしれない。  今日はこの辺で。




代表取締役 野呂一哉



ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。