2017年9月アーカイブ

彼岸までは我慢が必要と来たもんだ


即に動かさないといけない不動産案件が四つ。支援先の経営改善計画書の作成があり、プライベートな不動産購入案件が来月にありと。


あまり、周りに向けて忙しいと言った事はないのだが、マジだ。


お盆に親父と秋田に帰省した際に宿泊させて頂いた叔父さんの家にあった蛇の抜け殻が治った額縁に触れたからだろうか。笑


なんだかんだで、毎日気分がいい。



彼岸入りして、暑さはここまでらしいが今日も29ときた。それでも台風が去って風は確実に秋になっている。


暑さはしばらく感じなくて良さそうだが、資金繰りについてはまだまだ我慢が必要だ。


選挙と東芝と地震の懸念、そしてミサイルマンと笑


日本にとってプラス材料はない。




他力本願では何も変わらないと今、確信しましょう。



とにかく細かいところから、一緒に細かくて面倒臭い資金繰りから一緒にやりましょう。



毎日、熟睡できるようになります。



代表取締役 野呂一哉



 

台風一過で空気が入れ替わる。30の気温でもまとわりつく嫌な蒸し暑さがない。太陽を近くに感じて昼過ぎからの日差しはオレンジ色に輝く。

 

敬老の日だから先祖が眠る霊園はゲキ混みかと思ったが、混むのは来週からだそうで。

 

夏の盆前に完全なる雑草の除去をこなしたが、いやいや新たな生命は次から次へと生まれてくる。

 

今日も生かせて頂いている。

 

 

 

これは俺じゃない。幾度となくサラリーマン時代から感じる事があった。

 

でも安月給が欲しいから屈するしかない。

 

これは俺じゃない。ただキャリアが自慢だけのお嬢ちゃんサラリーマンがヒソヒソと大事のようにポーズをとっている。

 

 

これは俺じゃない。キャリアが自慢の雌豚事務員がでかいツラしてる。

可哀想だ。

 

これは俺じゃない。バター臭い中堅社員のお気に入りは所長代理だ。

 

 

これは俺じゃない。一緒に昼飯食ってる時に、過去に先輩に言われた説教文句をなぞりながらかましてくる。

 

お前ごときが、人に説教できる身分か。笑

 

これは俺じゃない。この世で1番恐ろしいのは勇気を出す時。

 

 

 

 

 

これは俺じゃない。

 

 

 

ドチンピラオーナーは深夜のファミレスに店長を呼びだして、永遠と説教する。

 

不味そうなカニ雑炊すすりながら。

 

 



 しかしながら涼しいのは素敵なことだ笑。昼間にナポリタン専門店で昔ながらのナポリタンを食べたら胃がもたれてしょうがない・・・・・・歳だ。
夕方に消費税の納税が滞ってて、店の保証金の差押予告ととれる電話が税務署から来たと社長さんが慌てて電話してきた。

そうそう、そうやって怯えることも大事かと笑。税務署はバカじゃないし血が通っていないし
(まあまあ税務署の皆様、落ち着いて落ち着いて笑)、ストレートに言うと払えないなりの対応をしていないから
差押えの予告をしてくるのだ。

もちろん、口でいくら来月には納税しますと言っても実績を作っていかなければ、差し押さえられる。資産の差し押さえは
条件付きで何もしていないただの逃亡者の証だとも私は思っている。

条件付きと言ったのは、その事業を継続してそこの給与で飯を食っていくのならばという条件だ。
事業を継続しているのに、税金をほったらかしにしているのならば、とっととサラリーマンになった方がご家族の為にも賢明だろう。


税金が納税できないという中小企業は多い。ざっと当社で支援している23社の企業を見てもまともに納期限で全額納められるのはたったの3社だ。
納税のために親族に借りまくってはいけない、納税は限界はあるが4~5回の小分けにして払う。延滞税がかかるが、延滞税がもったいないと
言う社長さんは儲かっている証拠だ。おそらくうちに来ることはないだろう。よかったね。


消費税の滞納で営業店舗の保証金が差押されたら営業できなくなるよりマシだ。税金舐めてると死ぬ。



最近、よく聞かれることがある。金持ちになるにはどうすればいいですか? そのツラじゃ宝くじ当たる幸運はもっていないから働けとしか言えない笑。


財務省が1日発表した法人企業統計によると、企業の利益の蓄積にあたる「内部留保」が2016年度末時点で、406兆2348億円に達したらしい。

うらやましい限りだ。銀行も株への投資だけで設けているといよいよ金融庁に潰されてしまうようだ。融資を出して利息で儲ける方向へ転換しそうだ。
まったく返せないのに融資を出すかつての新銀行東京のように出せとは言わないが出すことによって本当に潤滑油となる中小企業がまだまだいることを
忘れないでもらいたい。


代表取締役 野呂一哉






『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 支払うための資金調達~もうやめましょう

 

 

 

昨日は茨城県内の支援先訪問2社と都内の支援先へ定期訪問をさせていただきました。かなりの移動量ですが、なかなか有意義な定期訪問となりました。

 

さて、話がちょっとそれます。コンサルタント会社を選ぶときに気おつける事って何?とある友人に聞かれました。本当に難しい質問です。挙げるとなると10、20じゃ足りませんよね。たったひとつだけ言うならば他社同業の悪口を言っていない会社でしょうか笑。

 

ホームページなどで他社の悪口を散々撒き散らしているコンサルタント会社や任意売却業者を数多く見受けます。これはイコールとして案件が無いとカミングアウトしているのと同じです。私が答えるとしたらこれだけですね。

 

さて、リスケをして資金繰りが安定し始めた頃に社長さんが必ずやってしまうこと、それは色気が出て交際費が膨らむ、もう一つは売上が上がったと勘違いして過剰な設備投資もしくは買掛先への支払いサイトが急に短くなるなど。

 

上述した内容はもはや論外です。

 

リスケをして資金繰りを立て直すことの目的を全て潰してしまっていることにつながります。わかりますか?

 

リスケが完了して、突然に社長さんからお電話をいただくことも多々あります。資金繰りがまだ苦しいから、資金調達をしたいのですが・・・・・・業種的には売掛請求を出す前に相当な仕入れが発生する会社さんもあります。

どうするか?資金調達?支払うために借り入れをしますか?リスケ中に融資をしてくれる金融機関はほとんどありません。金利の高いノンバンクやモグリの金融屋さんから融資をしてもらうしかありません。

 

返せますか?そのお金。

 

答えは簡単、間違いなく返せません。ただリスケをして元金を据え置きにしている分、通帳にお金が残っているだけです。その時が一番大事ですよ!

 

資金繰りが安定してくると不思議と無駄が目立ち始めます。過去に資金繰りが厳しくてリスケをした社長さんであれば尚更です。それを本当にカットしていいかどうかをを当社と一緒にジャッジしましょう。当社はそういう現場のコンサルタント会社です。

 

だから返す、支払うためにお金は借りてはいけません。まずは資金繰りを立て直すため、リスケが無事に承認されたのであれば資金調達より止血をしましょう。買掛先、社員さんの給与、あなたの役員報酬 各納税、全てを対象に支払い方を一緒に考えましょう。

 

今日はこの辺で

 

 

代表取締役 野呂一哉

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。