2017年6月アーカイブ


 おはようございます。それにしても今日で一年の半分が終わってしまう、早いですね笑、一年中、今日のようなさわやかな過ごしやすい日であることを望みたい。梅雨の真っただ中、奄美は梅雨明けしたそうだ。

先週にとある経済誌を手に取った、事業再生事業をやられている司法書士さんの記事があったので熱を入れて拝読させて頂いた。債務超過は倒産を意味すると力強くコメントされている。間違いではないが、なんとなく悲しい気持ちになったのと、そこからが我々の仕事なのだと自分で自分に言い聞かせた。私も週二回ほど支援先の資金繰り管理と経理業務をやらせて頂いている。

この会社は決算書上で完全なる債務超過です、ただ当社とかかわってからすでに8年、未だに社長さん以下皆さんが仕事をしてお給与を得ている。会社名をあげることはできないが業界では有名企業であり各スタッフさんが次々と仕事をとってくる。まさに脱帽だ。当社は完全なる日繰り資金繰り表にて管理をして、明日、来週、月末、来月、三か月先の資金繰り状況を逐一報告させて頂く。

それによって可能な限り売掛金の入金を早められるところは早めてもらい、月末の支払いについてご相談できるところはできる限り早めにご対応いただく。消費税の納税や中間納付の予定も同様。状況によっては法定福利費関連についても誠に勝手ながらメスを入れさせていただく。もちろん当社の責任で。

お金が無い、お金が無いと経理さんが騒ぎ立て、それを見越した社長さんや奥様が融資に奔走する、最初のうちは銀行だって相手にしてくれる。また借り入れに走る、ここで銀行が相手にしてくれるならまだいい、そしてちょっと借りすぎじゃないかと社長さん自身が、ん?と感じることができればそこで助かる。

ただほとんどの社長さんはここでまた借りる、借りるのはいい、問題なのは借りたものをストックせずにすぐに支払いに使用してしまうことだ。融資を受けたお金は生きた使い方をしなければならない。

この先の段階になると友人、知人に走ることになる、最初は信頼があるからお金持ちにたどりつけば貸してくれる。銀行みたいにうるさく言ってこないし、細かいことを言うことも稀なので借りやすい。返せてればいいけど、友人知人から借り入れた事業のためのお金をまともに返している社長さんを私は見たことがない。
地元では屈指の実業家だった位置がいつのまにかう嘘つきの実業家の噂が広まる、この先はご想像のとおり・・・

債務超過に陥ったって暗くなることはない、その時こそが自分の会社の中身を改めて見つめなおす時だ。

決算書は所詮、通知表です。この一年間、あなたの会社はこういう成績でしたという過去の結果に過ぎない。反省すべきことは反省し、反省するだけではダメで改善すべきことを全社員で共有するべきだ。大事なのは、今日、明日、来週、来月、来年にあなたの会社はどうですか?という質問に社長さんが答えられるかどうかだけ。

だからこそ、会社の経営に不安を覚えた時が始まりなのです。

今日はこの辺で。

代表取締役 野呂一哉

『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 まだ梅雨のはずなのに、昨日はかなり湿気があって汗を拭うのにひと苦労だった。支援先の案件での打ち合わせで虎ノ門に出向いた。久々に見る夜の東京タワーはいつだって圧巻だ。スカイツリーとは違った華やかな魅力がある。 


将来はユーチューバーになりたい、そう希望を書いた日本全国の小学生のランキングは15位以内に入ったようだ。昭和の人間から考えると楽して金が得られる商売かと思ってしまう人も多いと思う。私も半分の意識はそうだ。


ただ、HIKAKINさんやひかるさん、首にヘッドホンを巻きつけていつもラーメンの特盛を常に食べている男の子(名前でなくてごめんなさいね)など、自分の企画で勝負して注目を浴び、マーケットを掴んでどれだけすごいんだと、最近は考えさせられる。97%のユーチューバーは人の真似であり、同じことをして閲覧数を稼いで、ちびりちびりと更新を続ける。


大手企業の商品宣伝とタイアップした方、ビジネスと位置付けてお金はかかるけど誰もが気になる身近にあるもので勝負している人、大盛りのラーメンやチャーハンを毎回箸を休めずに平らげてしまう人、これはこれで違う意味ですごい。チャリンチャリンと入金されるまでは相当の努力が必要だと思う、撮影技術編集技術もプロ顔負けですね。



私もセンスを磨いて真似したい。


会社の経営も似たようなところがある。損益は別として他の会社がやっていないことを生業として売上高をあげている会社がたくさんある。もう既に死語だがベンチャー企業なんて言うのはそういう括りかもしれない。



先日の夕方にテレビを見ていたら婚活サービスを提供する企業が紹介されていた、よくあるお見合いパーティーの会社かなと思ったらビルのワンフロアを借りていくつものブースが作られている状況が映し出されていた。




男女が二人ずつブースにソフトドリンクを飲みながら会話をする。もちろん時間制限があって、男性が順番に入れ替わって参加者全員とお話ができるシステムであった。気に入った相手の名前を申告して互いに成立すればそのままカップル成立と・・・・



婚活サービス自体は珍しくないものの、ブースでお話ができるので集中できるし周りも気にならない。これはこれで恥ずかしがり屋な人でも気軽に参加できると一人でうなずいてしまった笑。こういった角度からのものの見方って本当に大事だなと。もちろん、資金があれば誰にでもマネできてしまうのでそこから先はセンスとセンスの戦いでしょうか。



私がよくこのブログで書かせて頂くヒト・モノ・カネ・マーケットの話、会社の経営には損益を見越した資金繰りも大事だが改めてシステム化とセンスも必要である。全部そろっている会社を見つけ出すには大変だろうけどこれが欲しくて試行錯誤しているのが私を含めた日本の経営者の皆さんなのではないだろうか。




売れてるユーチューバーさんを戦略担当者として入社させるのが一番の近道かしれない。



代表取締役 野呂一哉



共感できた方は、下のアルファポリスさんのバナーをクリック願います。

おはようございます。高速道路を車で走っていても、道路内の警告表示版に関東の水がめがピンチ!節水を。と表示されている。

今日の雨はなんとかダムの点在するエリアに降ってもらいたいものだ。

 

今日はこれから茨城方面への定期訪問だ。あいにく雨だがこの時期の雨は我慢しよう。久々の長距離移動となる。

 

比較的、今の時期は当社に数多くの人が来社される。金融機関、新規面談のお客様、不動産の仕入れ担当者など。皆さん必死だ。電話で営業をしていても相手にされないと危機感を感じて、自ら足で稼ぐ。すてきな話だ。

綺麗なスーツを着た色気のある男性営業が汗だくで仕入れの案件はないか、直接来社されるのだ。

 

私にもう少し時間があれば、応接に通して冷たい麦茶でも出して差し上げるのだが、こっちもこっちで作業が多くあるのでどうしても、立ち話になってしまう。今は不動産が当社でもかなり動いている時期で、在庫がないのと次の売出のための調査などで社内はごった返している。

ただ、足で稼ぐ営業さんの後ろ姿はなぜかカッコいい。

 

支援先の社長さんから昨日に電話が入った。長年付き合っている税理士だが、なんとなく実務的な提案が全く無いのと事務的過ぎてなんか腹がたつと。笑

まあよくある話だ。私も何度かお会いしたことがある税理士だが、私もこの方の態度には気になった。

事実を話すと、この人は税理士資格を持っていない。笑。ただの巡回要因だ。いい年なんだけどね。

 

自分に自信がないから、提案より経理さんを侮辱するような口調が先に出てしまう。何か税務の質問をすると、国税局のホムペを開いてこれを見てくださいと涼しい顔をして黙り込む。・・・・・絶句

 

恥ずかしくないのか?と何度も口にしようと思ったことがあるが、4流を相手にしても意味がないので私は何も言わない。何かをどこかへ置いてきてしまった、可哀そうな人間の結末だ。

 

実際にお金を支払う責任者の社長さんが税理士を変更したいというのなら、仕方がない。実際に変えるべきだと私も思う。当社の顧問税理士にお任せしよう。

実力は折り紙つき、しかも安い。本当に安いと思う。

 

実務より侮辱とも取れる口が出てしまうそこのあなた、大丈夫ですか?笑われてますよ。

 

税務の事だから、シビアに見なければならないことはこちらも重々承知してます。ただ、そこは絶対に譲れないというモノを持っていれば、対人間との接触はもうちょっと下から入るように今からでも遅くないから学習してほしい。

 

今日はこの辺で。代表取締役 野呂一哉


カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

本 表紙12.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 

 

 

おはようございます。今日も元気にいきましょう。今日は板橋区内の支援先へ定期訪問と夕方は社内にて溜まるにたまった事務作業です。

 

さて、時折、お付き合いのある業者さんや数多くの不動産業者と付き合いのある司法書士さんから聞かれることがある。任意売却専門業者と普通の不動産業者の違いって何ですか?普通の業者でも任意売却はできるでしょう?と聞かれることが多いです。

 

その通りだ。違いは何もないです。任売業者であっても普通の業者でも一緒だ。同じ不動産業者に変わりはない。

 

任意売却だけを扱うか、街中の地域密着型の不動産業者であるかの違いだけだ。

 

契約をしてお引渡しをして成功報酬を得ル仲介手数料がこれらの会社の売上となる。つまり、契約して買主様に所有権を移転できないとお金はもらえない。成功報酬ですからね。

 

任意売却専門業者のホームページには普通の資産処分を得意とする不動産業者を批判する内容が多い。誹謗中傷ととれるような文句を記載している業者もある。


しかしながら嘘が書かれている時もあるから残念な気持ちになる時もある。

資産処分を得意とする業者(TVCMでおなじみの大手仲介業者から街中の不動産業者までがこの部類に入る)では任意売却はできない・・・・・失礼な話であり、これは大ウソだ。

 

集客するためのひとつの謳い文句ととって構わないが、大手の仲介業者でも任意売却は可能だ。

 

もちろん、経験の差はあるだろうが任意売却に必要なのは経験ではない。

 

絶対に金融機関の言いなりにならない鉄のハートだ。喧嘩する度胸があるかどうかの違い。つまり、仲介手数料目当ての任意売却業者に債務者(お客さんである売主)のための任意売却活動はできない。やれたとしても住宅ローン案件が精一杯。

 

中小企業の再生を中心としたスキームの中で不動産の動きというのは切っても切れないので、当社は宅建免許を取得している。債権者との交渉にも充分に時間をかけて、どのスキームが一番当社の支援先にとってベターかを常に考えて実行する。


例えば債務者が高齢で短期間での引っ越し作業等が困難な場合には、任意売却を断念して競売開始決定がされても競売開札されるまで住み続けて、その後は安い公団へ移りましょうとご提案させて頂くときもある。(地域によっては競売で自宅を失った方のために優先で入居ができる仕組みをもつ公団がある) だから、私は担当させて頂く物件のエリアにどのような公団があるか常に調査をする。

 

自分の営業数字を視野に入れた任意売却活動は私にとってみれば非常に恐ろしいことだ。

 

私が債務者だったら住宅ローンの任意売却は大手の仲介屋さんに任せる。コンプライアンスもきちんとしているし、安心して任せられるからだ。


しかしながら企業所有や社長さん所有の不動産の売却となるとこうはいかない。売却して終わりではなく、売却して事業再生というスキームが始まることが多い。売却して、会社の資産状況を再確認して銀行担当者とのやり取りが開始される。毎月の試算表のチェックと当社で作成させて頂いた入出金ベースの資金繰り表を照らし合わせながら社長さんと経理担当者さん、税理士さんと打ち合わせをする。


正直言ってここが一番大事な時である。決算目標までにやらなければいけないことを毎月確認して実行に移せるものからやり始める。

地道な作業です。


私も10年前は数字を知らない不動産屋だった。この事業再生と言う仕事に出会い数字を知らないと何もできないことを痛感し体で覚えた。


うちの会社もこの8月で7期目となる。それにしてもまだまだ破産する企業さんが後を絶たない、今年は例年にも増して相談件数が上がっている。


日経平均株価ってアテにならない今日の現実。


今日はこの辺で。


代表取締役 野呂一哉


国書店にて、好評発売中

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

本 表紙12.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
企業ほど、経営コンサルタントをうまく活用してほしいと思います。


 おはようございます。ちまたの木々や葉は新緑の黄緑色から濃い緑になり初夏への移行を印象付ける。

季節も移り変わり、春先に新生活を迎えた人々も環境に慣れ、多くの悩みを抱える時期に差し掛かっている。

新生活へ向けた変化に伴う適応というものがこの人生の中で一番難しく、一番勇気がいることだと感じる時が今までに何度かあった。入学、就職、転職と退職・・・
私の人生も決して安泰だったとは言えない、新卒入社までは特に問題なく進んだが、そこから先、地獄も見たし拾う神にも出会った。ここへ書くと100ページくらいの長編になってしまうので、それは次の機会にしよう笑

今が一番大変であり、毎日が生き生きとしている、安泰とは言わないがやるべき仕事のスタートラインに立てているだけでも幸せだ。


昨日の朝7:30にけたたましく携帯の着信があった。当社の支援先の経理担当者である奥様からでした。6月末の資金繰りが非常に厳しく、社長さんである旦那さんと口論になり、居てもたってもいられずに電話したとのことだった。こういった電話は私は大歓迎だ、支援契約時に私は必ず社長さんや経理担当者さんと約束ることがある。


一つは、売上が上がって営業利益が黒字の時点では絶対に事業をやめないこと、二つ目は野呂の携帯は24時間いつでも電話して構わないこと。

気持ちで負けたらそこまで。従業員を雇っている状況であるならば必須だ。夫婦で口論してもらうのは構わない、ただそれが事業継続のするしないの理由にはならない。ストレスがたまっているのは皆同じ、全国の中小企業の社長さんと奥様でストレスを感じていない方はいない、いるとしたらそれは経営しているとは言わない。

この会社は月に大きな支払いが3回ある。仕入れが二回、月末の給与支給で1回。毎月入金される定額のものはほぼ横ばいの状態であり、現金収入についてはその時その時のお客さんの入り方で変わってくる。これは本当にシンドイ資金繰り状況だ。

当社がご紹介する日繰りカレンダー方式での資金繰りを組んで行っても、気を抜ける時はないだろう。日繰りカレンダー方式とはパソコンでカレンダーのようにシートを作成してその日にいくら入金予定があり出金があるのか。三日後、一週間後、三か月後の資金繰りの予定が一目でわかるもの。その日の営業が終了した時点で、営業終了後の現預金が全て把握できることが最大のメリットです。

通帳や各出納だけで管理するのもいいかもしれませんが、支払予定表などを別に作成している会社さんが多いかと思います。出納を確認して通帳を確認して、別で作成している支払予定表を見て、いつまでにどれだけ入金があるのかを売上予定表をみて初めて現預金残高がわかっているようでは、大変でしょう。


それだけでも4種類の帳簿を確認しなければならない。

この一連の作業を一目見て、おおよそ3秒で全てが把握できるとしたら便利だと思いませんか。もちろん入出金の予定を打ち込むのは、経理担当者さんです。できれば社長さんにやってほしいと思いますが。資金繰りの安定とはこのことを言うのだと私は考えます。


当社が介入して売上が倍増することはありません、しかしながら一緒に毎月資金繰りを確認することによって数字が見えてくる。これは精神的な安定につながります。

前述したご夫婦の元へは明日伺って再度手徹底した資金繰り管理を一緒に確認する予定だ、そのまえに夫婦喧嘩の仲裁とそれぞれの愚痴を聞いてあげよう笑。

そろそろ金融機関対応と税務署対応も次の条件変更ために準備をしなければならない。この支援先は毎月の資金繰りは大変だけれども当社が介入してから徐々に売上を上げてきていて、3年前と比べるとざっと30%アップだ。少しずつのL字型回復でいい。それの方が完全に根付き、その会社の本物の実力となる。今日はこの辺で。

代表取締役 野呂一哉





『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 おはようございます、それにしても昨日の雨は見事なものだった。水不足を心配していたけれども明日からまた雨が続くみたいで今年は大丈夫かなとも思う。

新緑の香りが本当に心地よい、特に深夜に嗅ぐ公園などのから漂う新緑の匂いが大好きだ。リラックスというか懐かしいというか、背中を押されるというか、小学校時代に中規模な森林公園を横切って小学校に通っていたからかもしれない。

いい気分の時も、嫌な気持ちの時も、学校に行きたくない日も、その森林公園の緑の匂いと共に育ったから、いつだって悲しい時は緑のにおいを嗅ぎなさいと誰かが言っているのかもしれない。


それにしったて当社は新規面談ラッシュだ、銀行へ提出する決算書の内容が芳しくなくて、ご相談にやってこられる。どうしたらいいでしょうか?

大して心配はいらないのだが、勘違いしている方がいるのでここではっきりと言わせてもらおう。

当社は決算書の偽造や課税のちょろまかしをやっているコンサルタント会社ではない。成績表として出た決算書はそのまま銀行へ提出しましょう。ただ出た結果に対してきちんと反省して、ここを改善して次回の決算はここまで回復を目指しますと銀行員さんの目を見て言えるかどうかだ。

これができる人が少ない。なぜか?日々、経営の数字に対して真摯に向き合っている社長さんが少ないからである、決算が過ぎれば次回の決算へのプレッシャーから解放されてまた放牧状態の野獣に帰ってしまう、そんなことでは本末転倒。



経営者なら銀行員ごときに芋引かず、正々堂々と発言してもらいたい。


まあ堅い話はここまでで。


口腔崩壊という言葉をご存知でしょうか?10本以上の虫歯などで食べ物をうまく噛むことが出来ない状態を指し、貧困との関係が指摘されています。兵庫県内の小中学校などで調査した結果、35%の学校でこうした児童・生徒がいることがわかりました。

 虫歯でほとんどの歯が溶け、白い歯は前歯数本しか確認できません。正常な歯と比べると、症状の酷さは一目瞭然です。神戸市長田区にある神戸常盤大学の足立了平教授はこのような歯の状態を「口腔崩壊」と呼び、今、子どもの間で増えていると言います。

 「昔に比べると、ずいぶん虫歯が減ってきていると実感するが、なかには極端に虫歯の数が多い子どもさんがいる」(神戸常盤大学歯学博士 足立了平教授)

 足立教授らが兵庫県内の学校で調査したところ、歯科検診で虫歯などが見つかった子どものうち、65%がその後、歯科を受診していないことがわかりました。さらに35%の学校では、口腔崩壊までいたった子どもがいたといいます。この理由について、足立教授は...

 「要因として考えられるのがひとり親、次に経済的な困窮」(足立了平教授)  ・・・引用 毎日放送さん

うーーん・・・・どうなってんだ日本は? 歯医者の緊張感を若いうちに教えないと。なんかおかしいね、銀行のカードローンは大盛況らしいが・・・・うーん、おかしいね。どうなってんだ日本は。


代表取締役 野呂一哉

 

『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
resize.jpg

 

こんにちは。関東地方はこれから風と雨が強まる見込みのようです。昨日は新しくデイサービスを立ち上げた友人の店に資金繰り管理のため出向きました。

 

好調のようで、脳梗塞により障害を持ってしまった方々への専属のデイサービスも徐々に患者さんが増えているとのこと。私も普段、リラクゼーションのマッサージに行くことがあります、個人的には大好きです。ただ治療のためのマッサージは非常に痛みが伴います。昨日は始めてマッサージ中に声をあげました笑。

 

これはこれで非常に気持ちよく痛かったです笑。普段、プールに行きますから太ももが張っているようでその張りをきれいにとってもらいました。それでもマッサージ中は痛かったですが。

 

さて、資金繰り管理の徹底について書いていこうと思います。いざという時にあなたの会社を守ってくれる資金繰り管理とは?それは決してミラクル的な発送のものではなくお金がポンと降ってくるような話でもありません。管理の方法は非常にシンプル、常に日単位で管理しましょうということが結論です。

 

その日の営業終了時点で現預金の残高を把握しましょうというものになります。そして翌日の営業終了時点での現預金残高も前日から予測することができる。これをエクセルシートで管理していきましょうというもの。

 

資金繰り管理というと月次で行う経理担当の方が圧倒的に多いなというのが数多くの支援先とお会いして思う私の印象です。当社での新規面談後、支援先を訪問の際に必ず経理担当の方とも打ち合わせをさせて頂きます。

 

月末にその月の領収書を会計ソフトへ打ち込んで月初を迎えます、と言った経理さんは非常に多いです。これは間違いではありません。ただこれは会社の決算に向けた経理さんの動きであり資金繰り管理とは程遠いこととなります。

 

私も数多くの支援先で会計ソフトを入力することがあります。常に思うのは会計ソフトでピンポイントでブレない資金繰りの管理を行うことは無理だなと実感します。税理士さんや会計士さんのように高度な数字の知識があれば別ですが、それでも難しいでしょう。

 

正直、私は会計ソフトで資金繰り管理をする自信はありません。大切なことは常に全体を見渡すことができる、一枚のエクセルシートがあればいいのです。

 

この当社の資金繰り管理表で管理していたって、資金ショートの懸念はあります。だからこそ、この資金繰り管理表にて何月何日にショートを起こす可能性が出てくるのかをもっともっと事前に(理想は一ヶ月前)把握する必要があるのです。そうすれば事前のお金の流れについて慎重になることができる それが結論です。

 

事前に把握することが、無駄な経費の流失や設備投資の判断材料、買掛先の単価の慎重な判断につながるのです。逆にここまで常に把握しないと金融機関と対等に渡り歩くことは難しいです。当月の入出金ベースでの日繰り管理表を元に月次の管理表を作成する、それをベースに完成した月次管理表はそのままストレートにあなたの会社の月次ベースでの偽りのない入出金の結果表となります。

 

銀行担当者はこの入手金の結果表を本当は望んでいるのです。決算書では赤字だけど本当はこれだけお金が入って来ている(お金は売上とは限らず、前受金としての性質を持つ場合もある)、決算書では黒字なんだけど業態的に仕入れの為に先にお金が出て行くことが殆どだから資金繰りは厳しい・・・というお話が自然と銀行に伝えることができるのです。

 

勿論、口だけで伝えるのではなくて日々作成する日繰り資金繰り管理表が全ての大元となります。

 

 

だから日繰り単位での管理って大事だと思いませんか?  

 

うちの会社には経理の専属担当がいない、一緒に現場に出ている奥様が経理担当を兼ねている。こういった会社さんが殆どです。だから数字の管理はどうしたって月初に先月分を全て入力するという考えは言い訳です。公園の池のボートで太平洋に出て行くようなもの。しかもオールはなし。

 

そんなどんぶり勘定の経営ではこの先あなたの会社はやっていけません。簡単に数字管理を徹底することで今度は数字管理が面白くなるかもしれません。


代表取締役 野呂一哉


『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

資金繰りで一人で悩んでいても何も始まりませんよ

 

 

おはようございます。天気は良いいし、今日も気温がグングンあがる、気になるのは昨日の夕方からカラスが集団で騒いでいること、大地震でもくるかな。日曜日は母方の祖母の実家へ親戚一同で集まった。しばらくご無沙汰していたので、これでもかとお土産を買って千葉県は市原市へ。


やはり田舎の料理はいいものです。久々にもち米を食べて、健康にいい煮物や野菜、手作りの天婦羅を頂いた。平屋建てのだだっ広い一軒家。仕事なんか辞めてここでずーーっと暮らしたいなと考える。


私がここへ来たのは久々におじさん、おばさんの顔を見に来たこともあるけど、私の中の数少ないパワースポットでもあるからだ。本家の私の祖母の両親のお墓を訪れてお墓参りをさせて頂いた。


去年は不運まではいかないが、いつもより体が重いと感じることが多かった。結果的にはうまくいくのだけれども、二転三転と遠回りすることが多かった。これが仕事というものなのだけれども。


今年も年の半分が終わろうとしている、なんとか気持ちの上でもスキルの上でも飛躍したいと願うのだ。

 

資金繰りで悩む・・・一人で悩む・・・そんな社長さんがまずやってしまうこと、それは自分の役員報酬を減らす、もらわないという行為。常識を超える額の報酬をとっている社長さんについては簡単に減らすこともできますが。結果、社長さんご自身、ご家族は一般的な生活を営むことが厳しくなる。

 

もうひとつ、資金繰りに困っている社長さんがやってしまうこと。それは、友人知人からの借り入れを申し込むこと。返済をきちんとしていける返済元資があれば構わないのですが。無いから借りてしまうのですから、自動的にその友人知人への返済もできなくなるのです。

 

友人知人の方は金融機関ではありませんから、回収のルールを知らない方が多いことは一目瞭然です。夜討ち朝駆け、警察を呼ばなければいけないような事件に発展することだってありますよね。その友人知人が同じ業界で商いをされている方であれば、きっと悪い噂が走ります。

 

返済できないお金、返済するための元資が見えていないのであればその場しのぎの借り入れは絶対にやってはいけません。本当に。

 

 

じゃあどうするのか?資金繰り=止血をしましょうということです。何十年も経験されているベテラン経理さんでもなかなかできないことですよ。三ヶ月先、来月の月末、2週間後、明日の営業終了時点での残高と支払予定、入金予定を常に把握すること。

 

資金繰りを徹底するとは、ただ単に帳簿をつけるということで終わりではありません。帳簿を付けるのは当たり前の話。現金と預金の出納を元に月末の入金を支払い、翌月の現預金残高を予想して動いていくことです。

 

この常に把握することに意味があるのです。一緒にがんばりましょう。

 

 

 

代表取締役 野呂一哉

 

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

おはようございます。今日は朝から支援先の用で朝が早い。AM5:50分、JR千葉駅でたった今、電車を待っているところです。立ちながらノートパソコンでブログを書くのも非常に辛い笑

 

まあそれにしても、日本のサラリーマンは朝が早い、この時間でもかなりの人数だ。周りが皆、銀行員に見えてくる笑

 

昨日は行きつけの居酒屋で久々にご飯だけ食べた。その居酒屋の息子がいよいよ今年、就職活動に挑むがどんな業界がいいか私に相談してきた。

 

まず、一つ言おう。自分の未来を他人に相談している時点で君に未来は無い!

 

厳しい言い方だが、世の中はそんなに甘くない。学生自身が甘いとは思わないけど、これは私自身がそうだったからか、このような答えになってしまっているのかもしれない。私は自分の仕事の進退について人に相談したことがない。新卒の就職活動の時であってもだ。

 

だって嫌じゃない?自分の人生を人に決められるって。相談する相手も所詮、人だ。

 

何が来るかわからないから、面白い。壁にブチ当たる、必死に頭で考える、やってみる→失敗する、また考える→失敗する、絶望する、ちょっと考える、調べる、やってみる→失敗する、気の弱い奴はこの辺であきらめる。それも人生だ。

 

それでも俺のように蛇の執念で生きている奴は昨日までの失敗を糧にして、もういっかいやってみる→成功はしないがなんとか切り抜ける。

 

これが人生だ。笑

 

俺だけのことじゃなくて、人間てすごいなあと思うのは、この最後の最後、切り抜けた時に始めて頭に知恵が生まれる。これが意外と一生ものの力になる。

 

昨日、その子に話してあげたのは以下の通り

■業界研究なんかどうでもいいから、何で食ってくかを考えろ。特に10年後にどうなっていたいか

■キャリアと有資格は何の武器にもならないし、何のアピールにもならない。それは平成一桁までの話。今は公認会計士や弁護士だって客の金を騙し取らないと食えない奴が溢れてる

■これからはこの業界が伸びる!などの言葉に騙されるな。俺が22歳の時にはこれからは介護だと言われたが、介護事業は今はこのザマだ。介護職についている若い女性はサイドビジネスでアルバイトを掛け持ちしている人がかなり多いらしい。

■資格じゃない、キャリアじゃない、スキルだ!スキルとは同業と素人と比べて圧倒的に引き離してしまうことの事。身につけるには3回くらい自殺を考えるくらいボコボコにされる予定をしておくこと。

■卒業までに就職を決めなきゃ病にならないこと。

■就活以上に今を遊ぶこと

■我慢してたくさんの心の傷を得ること。傷をたくさん持っている奴は男女問わず目つきが力強く、そして優しい。傷を持っている奴にしか世界最強のブルースを奏でることはできない

■毎日、朝晩とお店のトイレ掃除をする

 

今日はこの辺で

 

代表取締役 野呂一哉

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 

おはようございます。梅雨寒とは今日のような気候を言うのか、今日は不動産調査で青梅まで向かう予定。

 

先週の日曜日は当社のホームページの制作を任せている高校時代の友人ファミリーと一緒に千葉の富津へアジフライを食べに行った。芸人のサンドウィッチマンさんがTVロケに訪れたということで、もともと行列店なのに更に行列に拍車がかかったという。

開店は10:00だが朝8:00に店に到着して7番目だった。これはすごい!

 

一巡目で入店できるか心配だったがギリギリ座敷に座れた。入店が始まる際には約40人がお店周辺に集結している様子は圧巻でしたね。

 

一番人気のサスケ定食を注文。アジフライとアジの刺身の定食だ。このあたりのブランドである黄金アジのアジフライとお刺身、これはじつにうまかった。揚げ物だから揚げたては、おいしいに決まってるじゃないかという通説を覆すうまさだ。これは並ぶ価値あり。

 

千葉富津「サスケ食堂」で検索すれば一発で出てきます。目標は朝8:00前着が望ましいです笑。海の目の前なので眺めているうちに開店時間を迎えられるのもうれしい笑。ご興味のある方は是非、千葉富津へ遊びに来てください。

 

当社が推奨する先を見越した現預金管理による資金繰りはどの会社にもあてはめられることができる資金繰りのアルテマウエポンだ。なぜなら絶対に資金ショートを起こさない。これだけで十分だと私は考える。

大きい入金があったから、これを支払おう、これを買おう・・・・・・これは会社の経営とは言わない。ただ実際にこういった感覚の経理担当者が大多数を占める。残念だ。

こういった会社の顧問税理士も同様の考え方の人が多数いる。君たち、今まで何を勉強してきたんだい?笑

 

会社の決算に向けた税務については、君たちにお任せしよう。ただ、会社の資金繰りが厳しくなったときに税理士では手助けすることはできない。曖昧な節税方法を口から話して終わるだけだろう。

 

一番の神髄は常に資金ショートを恐怖と考えて支払うタイミングを組み替えることだ。これができないから資金繰りができない税理士は能無しと呼ばれてしまう。当社が普段、色々とご相談させて頂いている税理士さんは資金繰りができる税理士さんだ。これが本当のプロと呼ばれるもの。

 

資金が回っているから大丈夫だと安心している社長さんはもういっかいご自分の会社の資金繰りを確認してみた方がいい。決算書と試算表だけで確認しているようじゃ、既に黄色信号が灯っているかもしれないです。

 

代表取締役 野呂一哉

 

 

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

本 表紙12.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 


おはようございます。梅雨の合間の晴れはものすごく暑いという気象予報士さんの予報が見事に的中した今日の東京、いい天気だ。

4月からお手伝いさせて頂いている都内マンションのお引き渡しが昨日に無事完了した。それにしても不動産決済は気持ちがいいものだ。買主さん、売主さん、両担当者、司法書士さんと皆が笑顔で、実に気持ちがいい。

無事に引き渡しが完了して本当に良かった。密度の濃い、実にやりがいのある不動産取引だった。


さてと、不動産取引が終えた時点で当社支援先の資金繰り事情の確認作業期間と移り変わる。今日から月末まで私に休みはない。

30社を超える当社支援先への年半ばの定期訪問到来だ。景気の良い会社は一つもない。苦笑してしまうがアベノミクスなどという走り出してもいない、幻の政策が完全失速したようだ笑

スタートもしていないのにどうやって失速するのか笑・・・・・・残念


売上を上げる。どの中小企業の社長さんだって目指していることだろうと思う。しかし、気持ちを蓄えて売り上げが上がるのならば誰だってできる。

それでも上がらないから、皆大変なのだ。上がらないから、大変だ。

大変大変と言って、月末の支払いを何とかしてがんばってしまう。取引先や給与、家賃や電気代。金融機関への返済など。


借りてきて払う、友達から借りてきて払う、社長さんの役員報酬減らして払う、または役員報酬を受け取らない、社員の給与を遅延してまで払う。


もーーーうやめよう!そんな金繰り。そんなんじゃ、そのうちあなたは首をくくることになる。


再び生きると書いて・・・・・再生だ

そんな死んだ金の使い方じゃ、あなたはもう、もちませんよ。金は生きた使い方をしなけりゃならない。


当社のコンサルタントは決して払わなくていい、返すな、逃げろ、借金圧縮しますといった子供だましの事業再生会社ではないということを前提にお話しします。


今、あなたが経営している会社を続けたいならお手伝いしますというコンサルタント会社です。金融機関対応、税務署対応、そして社員さん対応を含めて。


ただし、ひとつだけ条件あります。


それは、当社が全部やるわけではないこと。そう、一緒にやるんです。一緒にやらないと本当の再生にならない。


そして、来年こそは!などと嘆かないこと。来年こそはなどと言っている暇ありません。今年はまだ終わっちゃいない。ですよね?

来年こそは、という言葉すてて、年内に一緒に来年の資金繰り計画、金融機関対応を一緒に考えましょう。

今日はこの辺で。

※おかげさまで、数多くのお問い合わせをいただいておりまして現在は、ご希望通りの新規面談日時でのご予約が取りづらい状況となっております。
ご迷惑をおかけしております。

比較的、土日の面談は取りやすくなっております。何卒、ご理解のほどよろしくお願い致します。



代表取締役 野呂一哉

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

おはようございます。徐々に初夏へ移行している、段々とスーツの上着が暑くなる時期です。

 

子供の貧困家庭がこの20年で倍増しているという記事が目に留まった。生活保護費以下での生活を強いられる家庭が多い。中学校の入学式に制服が無くて、泣く泣く入学式に参加できない子供が今年の入学式シーズンに数多くいたとの記事も見た。

 

大人は何をやっている。

 

この子供が通う中学校の校長が機転を利かせて自腹で制服代金を支払い、このお子さんは入学式から数日後に登校できたという。まだまだ日本も捨てたもんじゃない。

 

来年度からこの中学校では制服を注文していても取りに来ていないお子さんを事前に調査して二度と同じことを経験するお子さんを無くそうと毎年実施するようだ。

 

このお子さんは制服を注文したけれども、完成後に代金が手元になく制服を手に入れられなかった。

学校の勧めで就学援助を受けられるようになった。

 

同様の理由で修学旅行などにも参加できない子が多くいるという。時代の流れか?私が中学生だったころはこういった学生はいなかったように記憶している。

大人は何をしている?

あきらめて、何もしないことが引き起こした結果だ。使える制度はどんどん使わないと。

 

昨日は千葉県内の支援先へ訪問した。6月の売り上げは毎年悪く、今までは社長と奥さんの喧嘩が絶えなかった。当社が介入することによって資金繰りの基礎を伝授した。

つまり、払える程度での資金繰りだ。いたずらに止血するわけじゃない。

 

職人である社長さんは今までは何も譲らなかったけど、ここへきて妥協するところは妥協するようになってきている。奥さんも今まではお金が無いの一点張りだったが、支払いサイトを自分で小まめにやりくりしながら、何とかして再生を目指している。

これが事業再生の始まりだ。あきらめたらそこで終わるしかない。

 

会社は畳んで自分がサラリーマンになれば・・・・・それで楽になるなら誰だってやっている。中小企業の社長さんが自己破産なんかしたら、その街にはもう住めまい。

子供は逃亡者の息子、娘扱いされるに決まっている。

 

だからこそ、簡単に自己破産して楽になろうなどと考えてほしくない。自己破産は法的手段だが、やるタイミングを間違えると死ぬより辛い生活が待っている。

 

そう、諦めようとの誘惑に駆られた時こそ、成功の直前にいるのだ。

 

代表取締役 野呂一哉

 

国書店にて、好評発売中

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

本 表紙12.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
企業ほど、経営コンサルタントをうまく活用してほしいと思います。

おはようございます。今日も元気にいきましょう。

 

会社の経営で一番大切なことってなんですか?最近よく聞かれるようになった。私も経営者であり社長でもあるので、日々その答えを見つけ出そうとしている身だ。

 

大事なことは一つ、売り上げを絶えず上げ続けて会計管理を徹底することだ。

売り上げを上げればなんとなる?残念ながらそれは昭和の話、今は数値管理をきっちりやらないと、そこから漏水して首が締まってしまう、こんな会社さんをよく見かける。

つまり、数値管理をすることで融資を受けるタイミングも判断できる。銀行が貸してくれるからと言ってほいほい借りているようであれば、それはもう経営とはいわない。

 

キャッシュフローを掴んで予測を立てていないとその借入金は二か月後には泡となって消えるのだ。

 

キャッシュフローの把握、少数精鋭の会社であればそのキャシュフローの流れを全社員で把握することがあってもいいのだ。

 

ヒト、モノ、カネ、マーケット、キャッシュフローの把握、今の時代はここまで掴まないと会社経営とは言えない。どれか一つを失っても、経営とは言わないのだ。

 

と私は常に自分に言い聞かせる。

 

代表取締役 野呂一哉

 

『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 

こんにちは。

上昇気流に乗っている企業のトップのテレビ出演やブログなどが目立つようになってきた。本当にそれはそれでいいことだ。


逆に目玉が飛び出るような経常損益をマイナスでたたき出してしまった大企業もある。これはこれで残念。はたして2017年はどうなるだろうか。

それが一番心配だ。今年はロクなニュースが流れない、新聞読んでも人と企業の批判と金に絡む黒い話ばかりだ。


昨日は叔母の知り合いを紹介されて、横浜の喫茶店にて待ち合わせをした。

社長さんの代わりに来られたのは会社を殆ど一人で切り盛りされている女性役員の方です。本来は年末にお会いすることになっていたのだが、女性役員さんがこの3カ月乳がんと戦い、無事に手術を終え、復帰するまでの時間でした。

 

壮絶な人生を送られてきたこの女性役員の方、なんとかして再生を成就させたいと約3時間に渡り今後の事業再生のためのスキームを考え打ち合わせをさせていただきました。

 

経理業務もこなすことのできるこの方の武器は数字力と行動力、そして積極さとマメさ。本当に頭が下がります。

 

しかしながら、女性が営業として得意先や新規開拓として外を走り回るような商品を扱っている訳ではないので、今後は営業をどのようにするかがキーポイントですね。

 

ことの詳細はここへは書けませんが、必ずや再生をしてみせます。

 

信は力なり。この言葉が私は大好きであり、私の座右の銘です。売上が全く上がっていない事業であるならばビジネスモデルとして成り立ちませんが、売上がある、粗利が出ている状況であれば再生は必ずできると私は常に自分にいい聞かせます。

 

 

再び生きると書いて再生です。今日はこの辺で。

 

おかげさまで、当社で出版させて頂いている書籍や当社ホームページの反響により多くのお問い合わせを頂いております。新規面談をご希望される方の昨日日時での面談予約がとりづらい状況が続いておりまして、誠に恐れ入ります。

スケジュールの調整を重ね、対応させて頂いております。

 

何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

 

 

 

代表取締役 野呂一哉

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

おはようございます。

 

昨夜は比較的、街中にも人が出ておりましたね。昨日の夜はジムに行って筋トレと一時間近くプールで泳いだ。いつものように同じ歳の従兄弟と繁華街の居酒屋へ。久々の深酒だ。全くもって体を鍛えている意味がない。

 

それにしても、個人居酒屋のレベルが本当に上がっている。かつて、私が二十歳頃の時代はファミレス居酒屋が王道だった。メニューも豊富でオーダーも頼みやすい。

あのチェーン店のたこわさびと軟骨唐揚げが大好きだった。

 

学生時代は、よくそのまま朝を迎えた。今となっては時代が流れて、ファミレス居酒屋はなかなかの苦境だとのこと。個人居酒屋もお客さんや常連を作ろうと必死になっていることもあるが、一つ言えるのが全てをマニュアル化してしまったファミレス居酒屋に味気の無さを感じる時が多々ある。私が歳をとったかな笑

さて、この先どうやって巻き返しをはかるのか。

 

夜に街中を歩いていたら、私の母親と祖母の葬式の時に先頭に立って題目をあげてくださった方に偶然出会う。この方も頭の中にガンがあるとお聞きしていたがお元気そうだ。もうあれから12年か。なにかの暗示かな。もっとがんばれよって!

 

この方にお会いするといつも勇気づけられる。私の仕事についても褒めてくださった。己と戦える人は喚かない、この世で一番怖いものは勇気を出すことだとお話し頂いた。社長になっても偉ぶらずに生きなさい。

 

諸葛孔明の名言を例として、私にわかりやすくお話ししていただいた。身が引き締まる思いだ。

 

まだ年明けして2カ月ちょっとだが、本当に今年は大忙しの一年となる模様だ。常に己と戦うべく、ここぞという時の勇気を蓄えよう。それだけでいい。

 

祖母と母親に教えてもらった慈悲と勇気で今年を乗り切ろう。

 

今日はこの辺で。

 

『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

おはようございます。天気がいいです、風も冷たく気持ちがいい。

 

さて、今日から新しく支援契約を締結した会社さんのために動き出す。本当に忙しい6月となりそうだ。

 

四流はライバルを蹴落とし、一流は自分より上の人間を見ると励みとする。

 

四流は人のせいにして愚痴る、一流は元気の自家発電をして耐える。

 

新規面談に来られる社長さんも、私だけ時が止まったように思いますとお話される方がいらっしゃいます。そのように感じてしまうのかもしれませんね。

 

ただ、その時が止まったように思うというのは実は自分で止めてしまっている事が殆どです。壁にぶち当たる、壁を作ってしまっているのは自分であり、他者ではない。

 

勝手に壁を作って、悩んでいるなどとは、本当に残念な話だ。壁を壁と思わない、良い意味で馬鹿になることが時として必要だ。

 

いつだって元気を自家発電できる自分でいたい。ストレス解消の仕方、好きなことに没頭する、人それぞれで発電の仕方は違う。

 

私の場合も人間ですから仕事に行き詰まった時などは、半日程度にわたり暗くなる時がある。自家発電の方法は何も運動して体をカッカッカさせるだけじゃない。

 

自分で自分を見失った時に、いつだってここに来ようとか、これをやろうと事前に決めておくと割と簡単だ。

 

私の場合の自家発電は、祖母と母親の遺影に目を合わせて、自宅にある仏壇の前に正座する。気持ちがようやく落ち着いてきたらお墓参りに出かける。

 

いつだってここに帰って来ようと心に決めている。もう幾度となく助けて頂いた。

 

元気の自家発電が出来る人間に怖いものは何もない。今日はこの辺で。

 

代表取締役 野呂一哉

 

『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
resize.jpg

 おはようございます。本当にいい天気です。



アパートローンを利用して新築する方が増えている、ローン残高は前年比4,9%増の22兆1668億円だとか。天文学的なローン残高の背景には15年の税制改正で、相続税の基礎控除額が引き下げられ、課税対象者が広がった。アパートを建てれば更地などより課税時の土地の評価額が2割下がることから、節税目的で借り入れる人が増えたことが挙げられる。

特に地方銀行が収益源として着目するようになった。アパートローンは競争が激しい住宅ローンに比べて高めの金利が見込めるためだ。地銀はエリアを越えて拠点を広げる際、アパートローンを入り口とすることもある。銀行関係者は「通常融資は地場の金融機関がいて難しい。建設会社などに行きアパートを建てたい人を探している」と言う。

ただ、アパートローンを利用するのは担保がある富裕層が多いこともあり、物件の収益性を度外視し安易に貸し出しが行われているケースも少なくない。空室が多く、返済が滞るなどすれば、担保があるとはいえ、金融機関の財務にも悪影響が出かねない。

建築請負業者が提案書などを作成し、アパートローンを勧めることも多い。当初見込んだ家賃収入が得られなくなった大家と、家賃保証をした業者との間ではトラブルも起きている。こうしたことから、金融庁は16年末から実態調査を実施し、銀行に融資審査で担保だけでなく事業の将来性を評価することなどを要請している。

それでも増える、アパートローンを利用して収益性を完全に度外視した「ただ所有して終わるだけのかわいそうな人たち」を量産する仕組みになっている。まだ余裕のある富裕層であるならば問題は最小限に抑えられるけれども、物件価格に対して100%に近いフルローンでローンを借りたサラリーマンは大変だ。なんてったって生活費に充てていたマネーを返済に回さなければならなくなってしまう。そういった方が多いのはここ最近のマスコミ報道などで周知の事実。


所有することがステータス、これは不動産に限らずファッション、車、ブランド品など。皆が持っているから私も持つことがステータス、これが私を含めた日本人の感情と本音。だからヒット商品が生まれ、女性誌などに付属されている付録目当てに顧客が群がる。これはこれでそこにビジネスが生まれるからよしとしよう。



不動産に限ってはちょっと違う。ヒトに儲け話を教えるバカはいないのだと、もう一回考えてもらいたい。不動産投資については不動産の見立てが必要である。見立ては残念ながら現場にいる人間にしかできない。OLさんが一棟の鉄筋マンションを投資用にやっと購入できたという話を数年前に聞いた、その一年後に任意売却で手放したそうだ、どうしてか?



買ったことは本当にすごいと思う、各不動産投資書籍をくまなく読破しコツコツためて足りない分はローンで買ったのだろう。本筋としては買うことだけに執着してしまい、ワーストケースをプログラムに入れていないことだ。この世の中に絶対はない。いつまでも毎月、収益があがるとはかぎらない。
そのワーストケースを一番に考えて契約をしているかどうかだ。


逆算をしてみればいい。アパートローンを返済できなくなったらどうするか?



この回答にすぐに答えることができる方はそのまま不動産投資を進めてもらいたい。うまくいくかは知らないが、死なずにすむ。この回答にすぐに答えられなかった方は軌道修正してただ買うだけで儲かる可能性が高い金投資や高級車投資に変更してみるべきだ。ただ買うだけで儲かる・・・・・・・・かも笑



人に儲け話を教えるバカはいない、今日はこれだけ覚えてください。



不動産投資で安泰を手に入れたいのならば、その物件の+アルファがどれだけ勝負できるかを見極めること。買いやすい建てやすいアパートやマンションは誰もがやりたがるものだ。富裕層はあなただけじゃない。だからこそ、この世に一つっていうPRポイントのあるモノを手にれなければ、同じようなものが周りにボコボコ建築されて家賃競争に陥ってしまう。


ローンを組むのは土地建物の物件価格に対して4割までが鉄則です。それ以上ローンを組むことは崩壊に向かうし投資とは言わない。サラリーマン大○さんなどという本が流行したが忘れた方がいい。サラリーマンに不動産投資は向かない。レバレッジ4割の不動産情報を手に入れる環境にあるのは、私のように中小企業の事業再生、任意売却の情報源を常に持っている人間にしか迷い込んでこないのだ・・・・・・これもこれで周知の事実。


東京オリンピックの翌年を楽しみにしている私の飲み仲間のサービサー社長と富裕層投資家がいる。今、オリンピックに向けてホテルや、その恩恵を受けて融資が出やすくなっている状況を味方につけて賃貸マンションやアパートをローンで組んで建築している人が多い。オリンピック後はほぼ壊滅するだろう。その不動産を取得しようとマネーと体制を整え始めた人たちがいる。こういった人たちが本当に不動産投資がうまいと言われている人たちだ。

私もその仲間の一人になりたい笑  今日はこの辺で


代表取締役 野呂一哉

 

『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
resize.jpg