2017年5月アーカイブ

おはようございます。元気に行きましょう

  

さて、昨日は当社支援先で唯一、私が経理業務を担当させて頂いている会社さんのリスケ条件変更の承認がおりました。全部で5つの銀行と付き合いのあるこの支援先。3月からひとつひとつ丁寧にやりとげて、最後の金融機関から承認をえることができました。

 

新規面談のご予約が非常に顕著だ。ようやく資金繰りの厳しい社長さんたちが動いてきている実感が沸く。

 

資金繰りが間に合わないと、電話越しに訴える方が多いのは事実だ。ただ、考え方を変えていただきたい。資金繰りは間に合う、間に合わないではない。

 

間に合う資金繰りをしている会社さんは、既にもう危ない。資金繰りは事前に予測を立てることが肝心であること。そして、中小企業の資金繰りで一番ぶれてはいけないのが、払うか払わないかだ。

 

間に合わせている時点でそれはもう資金繰りとは言わない。久しぶりにヒト、モノ、カネの話をしよう。

 

会社の経営に必要不可欠となるヒト、モノ、カネ。どれも大事だ。今日からこの3つのうち、どれか一つしか選択できないとなったら、あなたはどれを選ぶ?カネやモノと答えたあなたは社長さんには向いていない。その会社はとっとと畳んだほうがいい。

 

そう、大事なのはマンパワーだ。人が全てであり、人を大事にしない人間はそのうち滅びるのだ。

 

しかし、会社の資金繰りで大事なのはカネ、モノ、ヒトの順序となる。矛盾しているか?いや、矛盾はしていない。この順序は資金繰りを整えて再生する際に一時的に支払いを止める、もしくは減額する際の順序だ。

 

カネは銀行や税金、モノは買掛先(取引先)、ヒトは社長さんを含めた従業員さん、個人外注さんだ。

 

この順序で資金繰りを組みなす際に必要なのは、たったひとつ、度胸だ。怖いなんて言ってたら会社は無くなる。いや、亡くなる。

 

もちろん、返済しないとか納税しないことを推奨するコンサルタント会社ではない。あくまでも一時的に資金繰りを組み直すためのスキームであるのだ。

 

合法的に組み直して、当社の支援先の社長さんや奥様、従業員さんは一生懸命に仕事をされている。当社がコンサルで入って倒産した会社はない。

 

今日はこのへんで。

 

代表取締役 野呂一哉

 

『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
resize.jpg


 夜は本当に涼しい風が家の中を吹き抜ける。自宅前の公園から新緑の香りがふわーっと入ってくる、この時期の夜は本当に心地よい。二キロメートル先に新しくできたパチンコ屋さんの照明が煌々と点っている、噂によれば大盛況らしい。



それにしてもパチンコ屋さんはこの先どうなることやら、実際に店員として働いている友人がいるのだけれども、一人あたりが使うお金がだいぶ減額されているようで収益率は低いみたいだ。MAX機などと呼ばれるギャンブル性の高いパチンコ台が撤去されたらしいが、確率の問題ではないと思うのだが。




カジノはOKでパチンコのギャンブル性は抑制される・・・・・いったい誰が牛耳っているんだろうか。 ここのところの日本の首相は信用できないのと、汚い政治が浮き彫りになっているから色眼鏡で見てしまう笑。東京オリンピックまで日本がもつのかな。


千代田区内の支援先にて週に二回ほど会計作業を行う。記帳で銀行を6社ほどまわるが、なんとも神田という町は素敵で粋な町だ。大通りを避けてちょいと裏道をあるくと昭和初期の建物がまだまだ存在し、日本蕎麦屋さんや和菓子屋さん、昭和のうれしくなっちゃうラーメン屋さんが軒を連ねる。アド街ック天国で当社のある千代田区岩本町がクローズアップされた。いきつけの蕎麦屋さんとマグロ専門定食屋さんが出なかったのが残念だが、あれは岩本町で働く人間だけが知る店だから出なくてよかったかも。いつも行列やし笑


ホテル建築ラッシュが止まらない、オリンピックに向けての建築だろうがオリンピック終わった後は周りにピラニアがいっぱいいる。ピラニアの餌にならないようにね。



リースバックを希望するお客さんが後を絶たない。会社の経営者である社長さんが資金繰りの悪化で困り果てリスケジュールを申請する。最初は資金繰りの流れを正確につかむために元金ゼロで申請し承認をもらう。しかしながら自分たちだけで申請をしようとすると、通常元金払いの半分とかそれよりもうちょっと低い返済に留まってしまう。やはり社長さんにとっては銀行様だ。言いなりになって中途半端に元金返済をする、資金繰りを見直す時間もなく半年が経過し通常元金返済に戻される。



意味がないのだ。私はリスケジュールと言うのは自分の会社の資金繰りを剥き出しにして見つめなおす大事な期間だと考える。苦しいからこそ数年間元金をゼロ返済にして資金繰りを見直す。コストカットできる部分、売り上げを上げるための新たなる機会を設ける大切な時間だ。いたずらに元金返済をストップしているわけではない。





時間を使って数年後には通常元金返済を可能にするための銀行から頂いた逆の期限の利益だ、私はそう思うのだ。





リースバックの話を忘れていた笑。引っ越しをしなくていい、住み続けられます、数年後には買戻しにも応じます。こんな安易な考えで自宅のリースバックをやるべきではない。





任意売却という状況に直面した際に誰もが考えることは、いつまでこの家に住み続けられるかどうかっていうことだ。住宅ローンを返済していない銀行からは任意売却で自宅を売却してもらいたい通知が来るし、電話も来る。下手すると銀行のなじみがある不動産業者の担当者が訪問してくることだってある。




リースバックとは売却を不動産投資会社に売却して所有権移転をし、その投資会社に賃料を毎月払ってそのまま住み続ける手法だ。これだけ聞くと天使のような手法に見えるが決して甘くない。



■リースバックについての野呂の見解

1.毎月の賃料の設定の方法は投資会社が購入する際にかかったお金の10%+年間固定資産税+(マンションであれば年間の管理費、修繕積立金)÷12か月が毎月の賃料である。
※利率的には非常に厳しい高値の設定だ。正直、これ以下での利率で応じる不動産投資会社は私は見たことがない。

2.数年後に買戻しが可能なように買い戻し特約を付する契約をするが、買い戻す際にはさらに10%を上乗せした金額で買い戻すことになる。つまり年間で10%の賃料を支払うので、3年間所有してもらう買い戻した時点で40%の利益を投資会社へ渡すことになる。

3.リースバックとは新たに借金をして不動産投資会社に所有してもらうことと同じである。一度所有権を移転しまうと自分のものではなくなるので、賃料を支払えなくなれば売却されてしまう。この覚悟を自覚していないままでリースバックスキームに乗せられてしまう債務者が多い。

4.基本的には賃料の支払いについて、サラリーマン世帯では非常に厳しい。一緒に居住する方が毎月の賃料の支払いに充当してくださるなど金銭的なご援助がないと本当に地獄の賃料支払い生活を始めることとなる。 会社の社長さんであれば社宅契約などにして経費算入は可能だが資金繰り上回っていることが条件になる。





だから安易にリースバックって選択してほしくないのです。リースバック後に賃料の支払いが重く二次破綻を引き起こすケースは増えている。景気はよくないし、よくならない。景気がいいから金が入ってくるという感覚はもう捨てよう。 稼ぐ力こそ、自分の景気を良くするのだ。



ここであきらめてたまるか!って考えられる方。




完全なる資金繰り管理、攻めの銀行対応、何があったって転ばない会社を今から一緒に再生し直しましょう。 日本全国の社長さん、お待ちしております。野呂と一緒にやりましょう。

今日はこの辺で。






代表取締役 野呂一哉

 

『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
resize.jpg

 今の主流は初夏の運動会か、私の自宅周辺が小学校が数多くあるためあちらこちらから運動会の音楽が聞こえてくる。諸説あるが、昔の運動会は秋が多かった。私が通っていた小学校も秋だったが、現在は今くらいにやるようになったとか。昔は農家が多く、春は種まきなどの季節で皆忙しく秋は収穫の時期だから一息つけて運動会もやりやすかったという。 



今は秋にやると暑い9月から練習をしなければならないから子供に負担がかかる、らしい笑、秋は受験のために学業に専念したいから親からのクレームも激しいのだそうです。なるほど、時代の流れと言うよりアホな親が増えたという結果だ。



収益アパートの建築ラッシュが続いているという記事を拝見した。そりゃ建築できる、銀行が書類だけで金を出すから。私もいくつか所有しているのでわかるつもりでここに書くが、収益物件を持つと必ず細かいトラブルはある、新築の時は借りる人を得やすいからオーナーさんはあまり気にしない。しかしながら長年所有していると一点だけ大きな問題が出てくる。今がそうであるように銀行がジャブジャブ出す時に新築しているからほぼほぼフルで融資を受ける。手持ちの金を出したくないからフルで組む。



これが完全なる命取りとなる。まだ所有している土地に建てるのであればギリギリセーフ、しかしながら土地と建物の両方で融資を受けられるから始末が悪い。サラリーマンやOLさんでも収益物件オーナーになれる時代、専用のセミナーだって大盛況らしい。気を付けよう、名前だけの相続コンサルタントに笑。他人に儲け話を教える人はいないのだから。



理論と現実の違いはお金の収支に必ず出てきている。決算書上では儲かっているのに実際の現預金はその月のやり繰りをするのにまったくもって厳しい状況であること。俗に言う資金繰りが厳しい状況である。




ここのところ新規面談が顕著であり、ご来社いただく際には決算書の3期分と直近の試算表、作成しているのであれば資金繰り表をご持参いただくことが多い。

ご持参いただく資金繰り表の精度で会社の経営に本当に役立っているなあというものをご持参いただけたのは過去に1社だけ。もちろんその社長さんの会社とは支援契約には至らなかった。その調子で頑張ってくださいとお見送りした記憶がある。しかしながら9割強の会社さんは精度の高い資金繰り表を作成していない。



作成していないということはどういうことか?毎日の経営において、月末の支払いや入金を予測せずに過ごしているということになる。

例えるならば地図を持たずに初めて東京に来た人が東京駅から歩いて、そびえ立つ東京スカイツリーを目標に浅草寺を目指すようなもの。それでもかなりぶれることは間違いがない。



店舗をいくつかもっていらっしゃる飲食店の経営者が税理士に頼んで各店舗の収支表を作成してもらっているケースが目立つ。この店舗は儲かっている、この店舗は売り上げがギリギリだ。それはそれでいい、一つの目安として目を通すことはいいことだ。店を閉店する目安にもなる。




ただそれでは遅いのだ。潤沢に資金がある会社であっても同様。その月の月初にどれほどの現預金があるのかを1円単位で把握、いくら出て行っていくら入るのかをこれまた同様1円単位で予測しておく。明日、明後日、翌週、来月、翌々月と常に一枚のシートを使って管理する。経理さんと社長さんの共有ファイルで管理することも可能だ。

売上を上げるだけが会社の経営ではないのだ。一回入金されてきた売り上げを何にいつ、どれだけ使うのか。これが当社が推奨する資金繰り管理です。



代表取締役 野呂一哉

 

『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
resize.jpg
 GWが終了して変わったこと、明らかに新卒と思える社会人一年生の顔つきがマジになったことか笑。このGW後に待ち受けているのは連休を長々と過ごしてしまったが故の倦怠感とまだまだ5月中旬前か!病だ。笑。私も経験がある。徐々に仕事に慣らしていける体質の会社勤務であればいいが、いきなりフルスロットルで働かなければならないので大変。
こういったときに何故か大風邪をくらう。気を付けて頂きたい。

3月決算の会社さんが多い中、GW後に待ち受けるものは会社の通知表と言われる決算書の受け取りだ。法人税、消費税の納税も待ち受ける。5月下旬は本当に頭が痛いと言う社長さんが非常に多い。現時点での資金繰り外の出金を組み入れなければならないから大変だ。これを半年前から予測して動いているのならばいいのだけれども・・・・・まだまだ少ないですねそういった中小企業さんは。月末に送られてくる納付書を見て初めて納税額を知る会社さんも多いことだろう、だから日本中で本当に使える税理士って全体の0.2割ぐらいだといってもいい。

連休明けからの新規面談について、ほとんどが資金繰りの悪化で大変な状況であるというご相談が多数予定されている。毎年、このGW明けに当社の新規面談も増加するのだ。昨日の母の日、市営霊園へ母親の墓参りに行った。2週に一度来ているから墓自体は綺麗だと思っていたが・・・・やはりこの時期の雑草さんは力強い。
太陽と雨の恵みを受けてぐんぐんと伸びている、墓地内の緑の新芽も色鮮やかだ。

正装姿で一族の方々で母の日のお参りをされている集団も見かける、皆手にカーネーションをもってそれぞれの思いを胸にお参りにやってくる。雨が降りそうな天気だったが、賑やかだった。野呂家の墓とは別に母型の祖母の兄弟のお墓もあり、こちらの墓地管理も私の仕事。お子さんが高齢になって誰も来れない状況らしく、これはこれで私の役目。

植えているはずもないヒマワリが勢いよく伸びている、身長188センチの私と雑草の長さの目線が一緒だ。手で引っこ抜いたって抜けやしない、釜でも無理、あまりにも頭に来たからのこぎりで対応、綺麗になった。水をたっぷりとかけて、線香を手向けて、何を思うか。生きているころは私は学生で闘病している母親に何もしてあげられなかった。今は墓を掃除してあげるくらいかな。

この五月末、青ざめて駆け込んでくる相談者が本当に増加する。資金繰りは間に合わせるものではない、日々の資金繰りへの意識がモノを言う。常に毎日、資金繰りを意識する。

常に意識、常に意識、やった人間だけが勝つ。

『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

おはようございます。

昨日は遠方より新規面談のため、わざわざご来社頂きました。資金繰りの大変さは私も百も承知。一緒に再生をやっていこうと考えるのだ。

先週末に、高校時代の友人たちと同窓会を開いた。皆、仕事が忙しくてこの年末は全員が揃うことができなかったが、ようやく昨晩に実現した。

気を使わず、奇声をあげながら安い酒を飲む。こんな日があってもいいかなと。

介護事業を立ち上げた友人は、会社がうまくいっているようだ。介護だけでなく、治療を取り入れて集客に力を入れている。これだけ介護事業が厳しいと言われている時代でうなぎ昇りの売上高はたいしたもんだ、才能だね。

日付が変わっても宴が続く。あまりハシゴをするタイプではないが、昨日はなんか非常にうれしく、勢いに任せて繁華街を5人で練り歩いた。客引きのお兄さんも、寒くて客がいないから、必死だがさすがにお姉ちゃんのいるお店はもういい。20代の時に行き過ぎて飽きている笑

夜だったからどこのラーメン屋でも行列ができている。こういう時にそのラーメン屋がうまいかまずいかが、目にとるようにわかる。

パッとしないラーメン屋には行列がなく、うまいラーメン屋には行列ができる。例え極寒の夜でも並んででも食べたいと思う・・・・らしい。あまりの寒さに我慢しきれず、普通のチェーン店に入ったがガラガラだった。

やはりラーメンって難しい。 普通にうまいじゃ、客がいませんね。


経営者として成功している友達や、それなりのポジションに上がっているビジネスマンが私の周りには多い。共通して言えることは、必要以上に先読みしないことだ。
上に上がるには先読みが必要では?と考える人もいるが、それは違うと私は断言する。

こいつ先読みしているな?と思わせたら負けだ。どこかの大統領みたいにパワープレイで押し通したら、もう負け。権力を振りかざし、心にも無いことを言って相手をその気にさせる糞みたいな輩は所詮、4流だ。

私は4流にはなりたくないので、静かに闘志を燃やしながら機会を待つ。 そう、今はまだ人生を語らず。 語るほどの人生を今、ゆっくりと歩くのだ。

代表取締役 野呂一哉



『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!
銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 おはようございます。今日も元気出して行きましょう。

 

今日のタイトルは少々長いが私の座右の銘だ。ドメイン登録大手のゴーダディーの創業者ボブパーソンズ氏の言葉だ。10箇条あるが、私は今日のタイトルの二つが大好きだ。

 

私はAB型の天秤座、生まれ年は巳年、五黄土星、動物占いはコアラと笑。なんといったって波乱が多い人生であり、朝昼晩と性格が違う時がある。AB型の宿命か。

 

私の身内は母親を除いてAB型だ。ひとつ屋根の下にAB型が複数いることを想像してもらいたい。そりゃ大変だ、平和ですけどね。

 

こういった自分の性格をわかっているからこそ、こういった自分にとってムチを入れてくれる言葉が必要だと思い、このボブパーソンズ氏の言葉である10箇条を会社の机の上に貼ってあるのだ。

 

あきらめようとの誘惑にかられた時こそ、成功の直前にいる。この状況にいるときは本当に丁半を選択する時なので、気持ち的に沈んでいる時がある。ただこれは本当の事だ。

 

寄りかかってでも生きること。体裁気にしてたら今の世の中生きてはいけない。

 

立ち止った時には、成功は終わる。私が一番大切にしている言葉だ。まさにこのとおり、日々改善をしなければ取り残されるのだと言い聞かせ、ホームページやブログの書き方、金融業界の動向などを頭に入れている。

 

 

大事なのは自分流のフィルターをとおして生み出したもので勝負できるかだ。

 

勝負だ勝負勝負!常に自分に言い聞かせる。ずる賢さのアンテナなど高くする必要はない、そんな野郎はほっといても潰れる。

 

会社に私宛の喪中はがきが届いた。4年ほど前に任意売却をお手伝いさせて頂いた埼玉県内のお客さんからだ。お母様が亡くなったとのことで、ご冥福をお祈り申し上げます。

この任意売却も大変だった。諸事情あって引越しが完了したのが決済の前日の夜中3時だ。本当に大変だった。長年飼っていたワンちゃんの死をきっかけに奥様が情緒不安定となり、所有者である旦那さんも同じように心の病を抱えるようになった。

住宅ローンの支払いが困難になったのもこの時期からだそうだ。

 

私が今、構想を考えている二つ目のホームページにも出演していただいて、当時の辛かった状況と野呂への不満を笑、お話していただきたいと考えている。

 

山と谷、人生を例える上で例えとしてよく挙げられる項目だ。私はこう考える。山は景色もいいし、爽快な気分になれる、けどそれ以上に上がることはできないからどうやってセーブしながら降るのかを常に考えていないと転げ落ちて命を落とす。

 

逆に谷は最底辺であり、暗い気持ちになるがそれ以下に落ちることはないので、上だけをみていりゃいい。気楽だという話ではないが谷にだって川が流れ重力の関係で上にいるものを引きずり下ろす力は山にいる人間が下のものを釣り上げるよりはるかに簡単に引きずり下ろすことができる。

 

山でも谷でも考え方次第じゃ山のほうが大変なのだ。

 

 

今日はこの辺で

 

代表取締役 野呂一哉

 

 『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!

銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

おはようございます。

 

昨日は石川県内から新規面談のお客様がご来社された。既存の支援先からのご紹介で非常に有意義な面談だった。詳細はここへは書けないがきっと再生してみせる。

資金繰りの悩みは抱えなくていいのだ。当社と一緒に悩み、考え、実行する。社長さんは売上を上げ続け会社を維持することだけを考えてくださればいい。

 

 

数多くのお問い合わせが集中している。昨日のお客様のようにお問い合わせがあってすぐご来社頂ける方は本当に度胸のある方だ。大概、こういった行動力があって実行にすぐ移せる方の会社は再生がうまくいく。

なぜか?

 

本当に自分の会社のことを心配しているからだ。その誠実さが体を動かす。それだけでいい。

 

体裁とプライドは一時的に捨てて頂く。そのうちひょっこりと顔を出すことだろう。それでいいのだ。

 

勇気と度胸ですべてを乗り切る、ダメージを受けてもなんとか回避して進む。

 

進む勇気と捨てる度胸、これしかないのだ

 

 

代表取締役 野呂一哉

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 

 


 

ここのところの動きとしては、資金繰りの組み立てを自らやろうとしない支援先の資金ショートが目立つ。当たり前のことなのだが、当社との支援契約→リスケが必要なときには経営改善計画書の作成と銀行折衝→リスケの承認がいわゆるゴールであると勘違いしてしまっているケースだ。

 

もちろん当社はコンサルタント会社なので、そこをなんとかするための大義名分であることは間違いない。しかしながらわずかな支援先は、そこをゴールとして勘違いしてしまう。

当社が介入することにより、キャッシュフローの理解こそが経営の第一歩と気づいてくださる社長さんが殆どだ。そこでの化学反応は後の経営に大きく影響を及ぼすことになる。

特に数字が大嫌いな経営者さんは決算書すら目を通さない。毎月の試算表にも関心がない。これではだめだ。

 

当社が入っている意味がない。コンサルタントだから何とかしてくれるのが仕事でしょう。当然のことと思う。

 

ただ、なんでもかんでも待ちの姿勢を保ち続けてしまっている社長さんの再生は絶対にうまくいかない。これだけは言っておく。

 

春待ちに憧れている社長さんに一番多いケースだ。売上を大きく上げることを狙う。気持ちはわかるが、土台が堅固でないと、芽は出ず立派な柱を打ち立てることは一生できないのだ。

 

代表取締役 野呂一哉

カバー/銀行から融資を受ける前に_1219 小さい.jpg

ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 

 全ては社長さんの目が語る、新規面談で勝負が決まる

 

 さあ、ここのところ本当に忙しくやらせて頂いております。一都三県をはじめ、飛行機や新幹線、特急に乗って当社のある秋葉原まで全国の社長さんにご来社頂いております。この1週間でも多数の社長さんにご来社いただきました、お疲れ様でした。

 

これだけ数多くの新規面談を担当していると、根拠のない実感が自然と読み取れる時があります。この社長さんの会社ならきっとうまく事業再生ができるだろうな、実際に会社へ訪問させて頂いて再生事業に取り組むと幾つかのハードルは当然にありますが、結果的に良い方向へ行くものです。

 

逆に、この社長さんは飛行機でわざわざ秋葉原へご来社いただいたのに、一体何をしに来たのだろうと非常に残念な気持ちになる方もいます。理由は簡単、自分のことだけしか考えていない方。新規面談中にこの野呂と一切目を合わせることができない方でしょうか。別に睨みつけているわけではないんですけどね笑

 

相当な確率でこういった社長さんの事業再生はうまくいきません、というより殆どが当社よりお断りさせて頂きまして支援契約に至りません。

 

目は口ほどに物を言う、どなたが考えた言葉か定かではありませんが、まさにその通り。

 

大学生の頃、就職活動中に面接は最初の3秒で決まる!などと大学の就活専門アドバイザーが偉そうに話しているのを聞いて、何言ってんだ?こいつは?と笑っていたものでしたが。あくまでも学生時代の話ですよ。

 

今ではまさにその通りだと実感しております。まあ、就活のお話はちょっと置いておいて、当社の新規面談はご来社頂く社長さんが、本当に自分の会社をアセットアシストコンサルタントに任せても大丈夫かという審査をしていただく場でもあると考えます。

 

逆に当方は、当社のコンサルタント事業に相応しい社長さんであるかの審査をします。そう、社長さんの目が語るもの、それを審査しています。強気ですよ、うちは。

 

だから新規面談ではかっこつけずに、全部をお話頂きたい。今まで間違っていたと思うことはこれから修正していけばいいのです。手遅れなんてことはありません。

 

当社の新規面談は非常にリラックスした状態で始まり、終始和やかムードで終了します。だから、難しいことは何も考えずに、そのままの社長さんでご来社ください。

 

今日はこの辺で。

 

 

※おかげさまで、新規面談が集中しております。5月に入りましても、ご希望の日時でご予約が取れない状況であることを深くお詫び申し上げます。

土日祝日を利用して対応させていただいておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

代表取締役 野呂一哉

 

 『従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル』 絶賛発売中!

銀行から融資を受ける前に読む「売上げ重視」から「利益重視」の経営へ 大森雅美 あきらめるのは早すぎる大森雅美の目からウロコの事業再生術
ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。