2012年9月アーカイブ

事業再生の現場から~安心を手に入れろ!~お金なんかに殺させない! 

 

利益重視の経営 『経常利益』


一般的に会社の状態・利益の指標として使われているのが、『経常利益』"けいつね"です。

 

前回ブログで掲載しました『営業利益』に営業外損益を加算して出てくるのが『経常利益』です。が、"営業外"ですよね。

 

 

"営業外"...が実務的手法をとる私としては、独特なとらえ方しています。会計的にそうあることは十分承知しているのですけど。

 

本業で計上されるもの以外の営業外収益や損失は、とらえ方として偏っている見方になるかもしれませんが、通常営業から突発的に発生するものや、本業の経営戦略から外れたものとして捉えているのです。

 

 

ですから、営業外のことは、BS戦略としてとらまえてコンサルティングしています。そのことが社名にもある通りアセット(資産)アシスト(支援・補助)コンサルタント(相談)にもなっています。

 

今回話したかったのは、一般的な指標の『経常利益』より、『営業利益』を最重要項目として、この項目を如何にプラスにするか!そこを経営戦略の指標として取り組んでみては如何でしょうか。

 

 

そして、営業外損益に該当する戦略は、バランスシートと並べて財務戦略の材料としてとらまえて見ては如何でしょうか。経験から、上記の見方を明確に意識することで、戦略のアイデアが変わって来るようです。

 

 

このことを今考えると、「ああ、そうか、BSPLを合わせて考えることを促す項目としては良くできた項目ないんだなあ、BSPLが繋がる項目としては当期純利益だけではないんだなあ」と改めて思ったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012022115280003.jpg

 

 

bana2.gif

 バナーFACE.jpg

 ja_follow_me-a.png

事業再生の現場から~安心を手に入れろ!お金なんかに殺させない!~

ここのところずっと、感じていることです。グローバル化が様々な場面で提言されていますが、内需拡大を真剣に考える必要があると思うんです。

 

国内消費が上がるような日本の経済環境を作らないと、多くの人が、日本で仕事をして、生活していく基本的な事すら、難しいことになってしまうのではないかと思っているのです。

日本人の誠実さが反映される製造加工、商品管理、精密技術、サービスは、自らに厳しい管理基準を設け、責任感を対外的に示していける力があります。

 

我々が消費をするものについても、自国の商品や食材であれば、厳しい基準をクリアしていると考えるので、安心と安全を疑う事無く購入することができますね。

 

実際にこんな事がありました。あるアメリカの大手玩具店で、お祝いのおもちゃとして送って頂いたもが、2年ぶりくらいで出てきたのですが動かそうとすると、動きませんでした。

 

電池が消耗してしまったのだと思い電池を交換しようとすると、送って頂いた当時の電池(中国産)から液漏れがしており、本体が壊れてしまっていました。ちょっとショックでした。

 

一方で、もう10年近く経つ型落ちのウォークマン。使用しているうちに電池の消費がやけに激しいので、ソニーのサービスセンターに持参すると、電池の在庫がもう作られてないとの事。

 

ですが、電池交換代金と同額で少し新しい型の機種を提供してもらいました。行き過ぎている感もあるサービスかもしれませんが、嬉しかったです。

 

つまり、自らの仕事や結果に、どこまで真剣に対外的に責任感を持っているかの違いだということ、価値観の違いだということです。

 

国外でコストパフォーマンスを考えて安くものを作り、安価でエンドユーザーに商品を供給することが優先したり、消費に勢いがあり、需要がある東アジアでものを売る方が売れるからと海外に出て行ってしまえば、益々日本国内は経済的に循環をなくし、冷え込んでしまいます。国の制度では、海外へ流出していく事を後押しする制度が沢山あります。

 

その先には、日本国内から生産も、製造も、商品もサービスも流失していき、最後には生活の拠点すら海外に流失しなければならなくなってしまいます。

 

治安や生活習慣が違う、言葉が違う国で生活することに抵抗がない人はいいかもしれませんが、大半の日本人は、この国を愛し、この国で暮らしたいと思っているのではないでしょうか。

 

もっと、シンプルに言えば、日本語の通じない国で生活するのは嫌な人が大半ではないかと思っています。

 

それとも、活力がある国で生きて行く為には仕方がないと、外国語を今からネイティブに話せるようになりますか?

 

向かっている日本の未来は、設計図を提供して国外で作らせて、安価で日本で購入出来るようにすることを目指しているように思います。

 

海外に投資をして、その配当利益で消費出来るようにしてくことを目指しているように思います。それを日本国民全員が享受できるなら、それでもいいと思います。

 

労働として物を作ったり、サービスを提供して対価を得て、汗水流して稼いだお金で消費して生活する。

 

そんな状況が基本になっていないと、生活の基盤そのものが崩壊してしまうのではないでしょうか。

 

 

その為には、日本の中小企業が、日本で成り立って行けるようにしなければならないと思っています。

 

私達は、その為に、今日も明日も中小企業の経営者と共に戦っていきます。

 

 

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

事業再生の現場から~安心を手に入れろ!お金なんかに殺させない~

今日のテーマ;再生資金を何に使いますか?が問題なんです。

 

当社の再生手法においては、金融機関からの新規調達が難しい中にあって、再生資金として一時

的にキャッシュが手元にある状態が出来たり、キャッシュアウトの負担が軽減される状態が出来ま

す。

 

今回は、この状態になってから、その後どうするのか?で経営者の真価が問われる事を、お話します。

 

再生途上にあって、資金繰りに"ふっ・・・"と一息つける状態が出来ます。

 

一方で、厳しい状況に四苦八苦して取り組む余裕がなかった課題や、再生するためにやるべき事

を対外的に約束している事があるはずです。それを解決に向けて着手したり、やるべき事を果たさ

なければなりません。

 

この場面に経営者の真価が問われてくると私は思っています。

 

厳しい状況から、再生に向けて実務的に対応していく中では、金融機関や、取引先、社内に向け

て謙虚に、そして感謝の気持ちを持って取り組みます。

 

眠れないほどの不安や忙しさ、気持ちの抑圧が必要になり、苦しいながらも、事業や社員を守る

為に必死になります。

 

それぞれの場面に同席したり、オンタイムで傍でサポートしていますから、経営者の苦しさが直に

伝わります。こちらが息苦しくなるくらい。

 

だからこそ、この社長を助けたい!と心の底から思える訳です。だからこそ、各関係者に熱意をも

って一緒になって交渉出来るのです。

 

それが、"ほっ・・・"と出来る状態が訪れると、今まで見えてこなかった、本質的な経営者自身の問

題が浮かび上がって来ることがあります。

 

地域の名士だったり、業界内では有名人だったりする経営者は、この"ほっ・・・"とした時から、名声

欲がふつふつと頭をもたげ、謙虚さが後ろに隠れ自分を表に出せ、持ち上げて認めてくれなけれ

ば気が済まない!という行動をとり始めたりします。

 

 

また、お金に執着心が強い経営者は、他の役員や、社員の協力のおかげで事業が前に進んでい

る事に、再生途中で気付けて感謝できたはずなのに、この"ほっ・・・"とした時から、自分の資金を

保全するために、厳しい状況を逆手にとって、無策な感情にまかせたリストラや解雇をしたりしま

す。

 

のど元過ぎれば熱さ忘れるです。

 

そんな状態に入ってしまった経営者の方には、私から何を言っても、もう聞き入れられない状態に

なっている事があります。こちらから支援をお断り申し上げることもあります。

 

再生のフローチャートで言えば、再生資金確保⇒再生要件実行⇒財務健全化⇒経営改善・取引

先の正常化⇒会社(人)への還元⇒新たな発展が正しい流れです。

 

決して、再生資金確保⇒再生要件実行⇒財務健全化⇒社長にとって都合のいい会社⇒私欲を満

たす。ではないです。

 

再生資金を何に使いますか?が問題なんです。

 

そんなことの為にお手伝いはしたくありません。事業を愛し、役員や社員を守る!その為に自分は

身を粉にして先頭に立って動く!という会社作りなら、こちらも血眼になってお手伝いします。

 

私は会社は『人』だと思っています。『人』に尽きます。物、金、情報が必要といいますが、『人』がす

べてと言ってもいいくらいです。

 

人のいない会社で、何の事業ができるのですか?どんなに優れたビジネスモデルや、ビジネスソ

ースがあっても『人』なしでは収益を生みません。

 

人を大事にしない経営者は、巡り巡って自分が大事にされなくなります。

 

経営者は孤独である。という言葉があります。

 

 

ある本によると、経営者が孤独になるのは、会社の方向性から、何からすべて自分の考え方で決

定されてしまう中で、その責任と判断が重く圧し掛かり最終決定を自分一人でしなければならない

から孤独なんだとありました。

 

自分の会社の役員や、社員を大事にしないことで、役員や社員から嫌われて孤独になる。は、違う

意味合いの言葉です。

 

今は厳しいけど、事業と社員を守るために必死なることで、経営者自身も社員も豊かになる!

 

という方針に賛同出来る方、ぜひ、ぜひ一緒にやりましょう。

 

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

事業再生の現場から~安心を手に入れろ!お金なんかに殺させない!~

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却ブログ~任意売却の現場から~今を斬る!

「知らないから不安になる!競売開始決定がなんぼのもんじゃい!」

 

こんにちは。まあ段々と秋が深まってきている気候になってきております。今日はひんやりとしてますね。夜のTV番組等で2時間クラスのスペシャル番組期間が始まると、もう秋だなあ、もう春だなと感じる方は大勢いらっしゃるかと思います。なにより涼しくなるのは非常に助かります。

 

さて、競売決定通知がご自宅へ届いたと言うことで昨日は東京都江戸川区内のマンションに住む方がご相談に来られました。

 

縁あって大手不動産仲介会社に勤務していた際に私も取引したことがあるマンションです。マンション名は出せませんが、大規模で非常に高級感のある素敵なマンションです。

 

ご相談者:もうだめですよね?

野呂:ん?

 

何がダメなんですか?

 

ご相談者:マンション・・・手放さなくてはいけませんよね?

 

野呂:最終的に競売で落札されてしまえばそうなりますけど・・・このマンションは大丈夫ですよ、必ず売り切りますよ!

ご相談者:競売で買ってくださって売るってことですか?

 

野呂:ん?違いますよ!銀行に許可をもらって競売前に任意売却で売り切るんです。

ご相談者:そんなことができるんですか?

 

野呂:ちょっと!ちょっと旦那さん!~~~~~~まだまだ大丈夫ですよ。

 

こんな感じで始まった新規面談でした。最近は競売開始決定がされる物件が増えていることもあってか、このようなご相談者が多いです。

 

もう明日にでも自宅を取られてしまうんじゃないかと血相を抱えてご来社されるご相談者。競売開始決定通知がお手元に届いてから、実際の入札期間を迎えるまでは都道府県によって若干の差はあるようです。

 

一部例外を除いて、処理件数が多ければそれだけ入札期間開始までの期間は長くなります。例えば私が住んでいる千葉県は競売物件を扱う裁判所は2つです。

 

以外に少ないなと印象を受けますが、競売開始決定から入札期間までは約半年と言ったところでしょうか。この半年が任意売却によって買主様を見つけたり、リースバックによって自宅を守る活動をする期間となります。

 

神奈川県内には5つ、埼玉県内には4つの競売物件取扱の裁判所がございますが入札期間を迎えるまでは、やはり早いですね。

 

競売開始決定から入札期間開始までは早くて3ヶ月半と言ったところでしょうか。先週にご契約させて頂いた埼玉県のご相談者の物件は7月上旬に競売開始決定されて、当社にご相談に来られたのですが債権者への交渉の過程で11月に入ったら競売開始決定をしますよ!

 

債権者から煩いくらいに言われておりました。無事に競売回避は達成することができましてホットしております。この先が不安だなと思った時点で、まずはパソコンを利用した情報収集をされることをお勧めします。

 

まずは知るということから始めてみてください。知ることができないと、当社へご相談にも来られませんからね。任意売却をされるにあたって一番の近道は任意売却を知って機会を待つことです。今日はこの辺で。

 

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

任意売却ブログ~任意売却の現場から~今を斬る!

事業再生の現場から~安心を手に入れろ!お金なんかに殺させない~

 

本日のテーマ:利益重視の経営 『売上総利益(粗利)』

 


最終の当期純利益まで、損益計算書(PL)では、5段階ありますよね。

売上・粗利・営業利益・経常利益・税引前利益です。

 

 

売上の次に"利益"と記載される売上総利益(粗利)ですが、売上と、この売上総利益の間にあるのは、"原価"ですね。売上から、原価を引くと粗利です。

 

どうですか?  御社の粗利は、売上に対して何%ですか?

 

言い方を変えると、原価率は、売上に対して何%ですか?

 

 

業種によって、この粗利率は、適正な%が異なります。適正な率を調べようとするなら、色々な方法があると思いますが、費用を掛けずに目安としてなら、同業種の上場会社が、決算内容を無料でディスクローズしているので、その決算書を目安にするといいかもしれませんよ。

 

 

まずは、自社の粗利率(原価率)を把握して、粗利を増やす為に、原価の圧縮が出来る余地があるのか?ないのか?

 

仕入先や、取引先に価格の交渉はした事がないなぁ...しにくいなぁ...と思ったなら、まだ、伸びしろがあるかもしれませんよ。

 

 

例えば、支払手形を振り出している、または、買掛にしている仕入先に、現金支払いにかえて行くから...、デポジット(前払い金・保証金)を入れるから...、増やすから...単価を下げてくれないか?などです。

 

上記の例では、資金繰りを苦しめる可能性もありますから、要注意です。

 

 

原材料の高騰で...と仕入値段が問題になる製造業や、卸売業等や、人材派遣業(原価労務費)など、ビジネスモデルにおいて原価が占める割合が高い業種もあれば、材料費は発注元払いで加工のみ、原材料費や原価労務費がかからないサービス業種で、粗利率100%というビジネスモデルもあります。

 

 

まずは、売上総利益(粗利)が、売上に対して何%が、自社には妥当なのか?

目標は何%にすべきか?を確認しておきましょう。

 

この事が確認できれば、売上が下がった時に、具体的項目として、仕入先の取引条件の交渉が、ひとつの明確な行動指針になるはずです。

 

"売上重視の経営から、利益重視の経営へ!"

 

 

の考え方への導入です。

 

 

 

 

bana2.gif

 バナーFACE.jpg

 ja_follow_me-a.png

事業再生の現場から~安心を手に入れろ!お金なんかに殺させない~

任意売却の現場から~住宅ローンが払えない!寺子屋塾

「継続と信こそ力なり」

こんにちは。このブログを書いている今夜は、久々に冷房を切った部屋の中で書かせて頂いております。涼しいですね。

 

来週の予報を見るとまだ30℃近い日があるみたいですが、夜になればもう秋となってきました。思い起こせば、ちょうど一年前から始めたブログも一周年となりました。

 

力を入れてきたおかげで、一日たりとも休んでおりません。他の方から見ればほんの僅かなことなのですが、やはり継続して実行していることは力となります。

 

このブログを見てくださって取材を依頼されたりその他マスコミの方々からの多くのお問い合わせも増えてきております。

 

一年前は当社ホームページの一日のアクセス数も10人に満たない時がありましたが、今では日に100~150人くらいの方が閲覧してくださっております。

 

当然に当社で支援させて頂くご相談者も増加しました。やっていることがこうして形となって良い結果として出てくることは、本当に嬉しいものです。何もないところから始めたホームページだったので感激は倍増です。継続して、そして信じること。

 

字にすると単純で素朴なイメージを抱きますがこの歳にして始めて実感できたことです。この1年の間に本当に多数の任意売却支援もやらせて頂きましたが、当社で支援させて頂いた任意売却物件で買主が現れずに競売になってしまったという物件もゼロなんです。これも驚きですね。

 

特別に他社さんと差別化を図るような売却活動はしておりませんが、提携している不動産業者社長さんと一緒に試行錯誤して、信じて、あたりまえのことをただひたすらやる!ことだけに集中してきた結果なのかもしれません。

 

もちろん、ただ市場公開だけして他社さんが買主さんを連れて来てくださるというような後ろ向きの売却活動は一度たりともやった覚えはありません。

 

ネット掲載をして、チラシを配布して、現地の売り出しを実施して、過去の見込み客さんへ連絡をいれてと一般的な活動をしてきたまでです。ただ、ひとつだけ!今まで我々が扱った物件で買主が見つからなかった物件は無いのだから、絶対にお客さんを見つけましょう!の自身を持ってやってきたのは事実です。

 

いよいよ2年目に突入して、ご相談者が急増してきているという事実もございますが、当社をもっと世間に広めたい、宣伝したい!という協力者がここのところ我々のもとへ集まってきてくださっているような気がします。本当にありがたいことです。

 

逆に志が低く、上っ面だけで我々と付き合おうとする人間は去っていきました。それで結構!去る者追わずです。

 

暫くの間、休止していた当社のセミナーが復活します。日時が決まりましたらお知らせ致します。一年後、またこの9月に今日と同様のブログを書けることを祈願して今日はこの辺で。

 

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

任意売却の現場から~住宅ローンが払えない!寺子屋塾

任意売却 任意売却ブログ リースバック 経営破綻 消費税増税メリット 住宅ローン滞納 住宅ローンが払えない 野呂一哉

任意売却ブログ~任意売却の現場から~今を斬る!

「営業中店舗のリースバック・・・死活問題と向き合う」

 

皆さんこんにちは。夜になると本当に涼しくなってきましたね!というブログをそろそろ書きたいのですが、気候がそうはさせてくれませんね。

 

日中はまだまだ暑いです、蒸しますね。昨日は昼過ぎに町田まで打ち合わせに行きましたが、ものの見事に大雨に降られました。早く涼しくなってもらいたいものです。

 

さて、昨日は夜から中小企業の再生支援の新規面談がございました。某県で業務用食品を扱う小売業を展開されている社長さんです。隣県その他エリアへも店舗を展開する中堅企業です。

 

2代目の社長を務める息子さんと息子に会社を譲って引退したはずの先代との意見の食い違いが今の会社環境を完全に狂わせている典型的なパターンです。

 

まだまだ大丈夫!我々はこれだけの不動産を保有しているのだからそう簡単には潰れないはず!面談中に先代の口から出た一言です。不採算店舗を可能な限り閉鎖して、処分していける不動産は処分し、地道ながらも再生の道を当方と金融機関を含めた全員で進めて行きたいという二代目。

 

う~~ん、なかなか難しそうな人間関係ですね。このような場合、将来的に再生完了の光が見えるのは圧倒的に2代目の考えだと思います。

 

痛みを伴う再生をご覚悟されているからですね。黒字店舗も不採算店舗も保有する不動産も全て持っての再生はありえません。先代のお気持ちもわからないではありません。

 

地域の有力者としてのお立場もあるでしょうし、不採算店舗を閉鎖したら取引先や一般エンドユーザーから敬遠されるのでは?一理あります。

 

それでも社長さん自身の生活や社員さんたちの生活を可能な限り守るためには、勇気ある行動が必要なのではないでしょうか。名誉はもう一度築き上げれば良い、残った店舗で誠実な接客を心掛ければ絶対にお客さんは戻って来てくれると思います。

 

又、一部の店舗を閉鎖したからといってお客さんは敬遠するようなことはありません。一時的な風評は仕方がありませんが、閉鎖した分を残った店舗に可能な限り費やせばいいのでは?と思います。

 

売上トップクラスを誇る本店は銀行から売却を迫られております。営業中の店舗の売却は死活問題と言えるでしょう。銀行に協力してもらってリースバックでの対応となります。

 

当社は銀行と戦うコンサルタント会社ではありません。債権者である銀行とご相談者の両者に協力して最良の再生方法をご提案するコンサルタント会社です。年末に向けて更に忙しくなりそうです。今日はこの辺で。

 

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

任意売却ブログ~任意売却の現場から~今を斬る!

任意売却の現場から~住宅ローンが払えない!寺子屋塾

「任意売却を成功させたご相談者と」

こんにちは。夜は日によってはエアコンが必要無いかな?と思わせる季節になって参りました。

 

私の自宅前に住んでいる鈴虫さんたちも毎賑やかになって参りました。いかがお過ごしでしょうか。

 

昨日は、ちょうど一年に任意売却にて浦安市内のご自宅を売却したご相談者と夜に食事をさせていただました。

 

お酒の大好きな方で売却活動中からお引渡しが終わったら飲みにいきましょうとお誘いを受けておりましたが、気づいたらもう一年が経過しておりました。

 

久々にお会いしたご相談者は元気いっぱいで、一緒に奥様と娘さんもご同席されました。奥様が個人事業主としてご商売をされており、住宅ローンを借り入れている銀行以外の一般債権者への交渉も必要だった思い出深い案件です。

 

こちらサイドの条件をなかなか承認してくださらない一般債権者に対して何度もご相談者と訪問させて頂いた真冬の夜を一生忘れることはないでしょう。

 

残債務の返済も各債権者に対して順調だとのことです。自宅は手放したけれども、娘が本当に元気になってよかったです!

 

会食の途中で奥様からお聞きしました。ご自宅の査定のため始めて訪問させていただいた際には、娘さんに本気で睨みつけられましたからね(笑)

 

それでもご家族3人で協力し合って、任意売却を成功させた・・・その結果が今、こうして笑っていられるんだなあと実感しました。

 

ご相談者のために当社が支援する、これは当然のことですが、そのご相談者のご家族の生活のため、中小企業の社長さんであれば社長さんのご家族、社員さん、社員さんのご家族ためと言う強い思いを当社スタッフ全員は常に持ちながら日々活動をさせて頂いております。今日はこのへんで。

 

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

任意売却の現場から~住宅ローンが払えない!寺子屋塾

任意売却 任意売却ブログ リースバック 経営破綻 消費税増税メリット 住宅ローン滞納 住宅ローンが払えない 野呂一哉

事業再生の現場から~安心を手に入れろ!お金なんかに殺させない!~

本日のテーマ;再生の現場から

事業や企業の再生と聞くと、皆さんが真っ先にイメージするのは、民事再生や会社更生といった法的手続きを経て再生するということかも知れません。

最近では、JALやエルピーダなど国が関連する大型の再建会社が目につきました。その報道等をみれば再建には法的手続きを踏んで進めるものだから、弁護士が再建や再生の窓口で相談すべき所のように思うのも当然だと思います。

中小企業も同じ考え方でやろうとすると、なかなか経営者が納得できる回答がえられない。結果にならない。

なぜなんでしょう?

法律に基づいて再建計画の認可を裁判所に受けるとするときに、債権者に同意して貰わなければなりません。債権者は、借入している金融機関だけではありません。

買掛金の支払い先である仕入れ先や、取引先も債権者です。借入をしている個人がいれば、その人も公平に債権者として扱われます。もしろん担保や契約内容等がそれぞれ異なるので、本当に公平かどうかは疑問があるかもしれませんが。

債権者の同意がなければ、再建計画も認められない可能性があります。認められなければ破産も視野に入れて考えなければなりません。

株主と経営者が同体の中小企業にとっては、事業や会社を再建したい時に、何とか取引先への支払いを優先して支払いたい。あの人にだけは迷惑をかけられないから優先して返済したいと思う経営者が多いです。

でも法的に対応しようとすれば、ある特定の会社や、個人へ返済を優先していいよ。とはなかなか言ってくれないものです。

義務的に処理していけば、感情はおいてきぼりになりがちで、それは、経営者が望むことではない事が多い。それが問題の一つだと思います。

また、法的な対応をしようとする時の時間と費用の問題もあるでしょう。時間は、申し立てから許可が出されるまでの時間。

その間に会社の資産と負債を確認し再建計画を作成しなければなりませんし、その期間中も一定の管理下の許、事業を止める訳にもいかない場合がほとんどですから、取引先に余計な負担を負わせることにもなりかねません。

費用は、弁護士費用の事だけを言っているのではないですよ。申し立てる為に裁判所の収める予納金もまとまった資金が必要です。

来月、資金ショートするかもしれない・・・そんな時に重たい金額かもしれません。また、そのお金があるのなら、少しでも迷惑をかけられない人たちに支払ったり返済したりしておきたいと思うかもしれません。

株主と経営者が同体の中小企業にとって、再建や再生を考えた時に法的な手続きを取ると、その地域や業界で再建するのが難しいのは、法的には解決していても、心情的な解決がなされていないことが多いからだと思います。

せっかく経営者が法的手段で正式に誠意を示したと思っても、取引先や個人はそうは思っていないことが問題だと思います。

法的再生手続きを否定しているわけではありません。債権者が同意してくれて、また協力するから頑張って立ち直って!となれば、素晴らしいことです。

今回私がお伝えしたかったことは、法的な再生手法さえ使えばみんなが納得してくれる訳ではないと言うこと。そして、そういう危機的な場合に直面したなら、ますは、取引先へ誠意をもって対応しながら、自主再建の道を逃げずに考えてみて欲しいということです。

自主再建はコストは少なくなるかもしれませんが、精神的には厳しいかもしれません。信念を持って強く立ち向かわなければならないです。

取引先や個人の債権者は、いきなり御社やあなたが"法的な手続きを取りましたので、これからの連絡は○○○弁護士へ"という通知を貰って対応させられるより、本人から事前に事情を説明して協力を求められたいと思っているはずです。逆の立場になればきっとそう思うでしょう。

事業再生をお手伝いさせて頂いている経験から、自主再建で協力を得られて、再建出来ている人達の声を聴いていると、やはり事業は"人"が本質であるとつくづく思います。

厳しいときほど、相手には状況をきちんと説明しましょう。そこには、必ず道が開けます。

その場面で縁がなくなる人もいれば、縁が深くなる人もいるでしょう。いずれにしても、次にあなたが進む道が見えてくるはずです。自分の納得せざる得ない道として。

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

 事業再生の現場から~安心を手に入れろ!お金なんかに殺させない!~

会社の経営において、売上を伸ばすという大命題からは逃れられませんね。

 

 先日、ある研修会に

参加させて頂いた時に『なるほどな~』と思ったことがあるので、皆様にもご紹介させて頂きます。

 

 

私なりのアレンジと見解も加わりますから、その講師の主旨からは、少し外れてしまうかもしれませ

んが、おつきあい下さい。

 

『売上を伸ばすには?』という命題に、どう答えますか?

 

『こうしたら、売り上げが上がります!』と答えられるのであれば、それをすれば良いだけのことで

すよね。やってない事が問題なら、"やる"事で解決です。

 

 

"今のやり方ではよろしくない。"とするから、この命題が難しいのであって、『こうしたら大丈夫で

す!』が見えるのなら難しいことはありませんよね。

 

今回は、【経営戦略】の視点から入って行きます。『売上を伸ばすには?』の問いに、本質から答え

を導いて行こうという試みです。

 

 

まず、売上を上げるには、何かを提供し、対価を得るのですが

 

『御社の売っているものは何ですか?』という問いに何と答えますか?

 

本屋さんであれば『本です』、コンサルタントであれば『相談と解決方法の提案です』というように答

えがちですね。商品を答えます。

 

【経営戦略】の視点からだと、『顧客に快適に商品選択の出来る

場所の提供です』とか、『社員が誇りを持てるような会社環境にする手伝いです』という答えが必要

なのです。

 

いわば、商品のコンセプトを『売っているものの本質』として答えを導きます。

 

例えば、スターバックスは、発足当時、今は少し違っているようですが、こだわりコーヒーや飲み物

を売っているのではなく、"サードスペース"を売っているのだそうです。

 

緊張の続く職場のスペース

と、家族に良き夫や妻、親であるための家のスペースの間に、一息を入れるリフレッシュできるス

ペース(サードスペース)を売っていて、そのスペースの使用料金が300円で、コーヒーや飲み物

が付いてくる認識だということです。

 

 

売っているものの本質を、このように捉えると、売上を上げるために、何をすべきかが変わって来

ます。

 

快適な空間を売るとなったら、どうでしょう、店員のサービスの向上や、綺麗で清潔な店内、

隣席との空間、すわり心地の良い椅子、調度品、照明の明るさにこだわるといったことになります。

 

コーヒーや飲み物を提供するを商品の本質としたなら、質の良いコーヒーの材料を如何に安く仕入

れて提供するかや、飲み物の質や量にこだわるのではないかと思います。この捉え方だと、大きな

意味で、経営戦略が立て難くなります。

 

スターバックスが空間(スペース)を、リラックスが必要な人達に的を絞って提供する。というコンセ

プトを定義すると、どこに出店すべきかも、おのずと導き出されます。

 

オフィス街と、帰宅途中の最

寄りの駅がベストでしょうね。今は結構どこにでもありますけど。

 

質のいいコーヒーや飲み物を商品のコンセプトにしていては、出店計画も曖昧になりそうです。

 

通りが見込める、広さが確保されている、駅構内やその周辺でいい物件があれば検討するくらい

の戦略しか立たなくなります。

 

つまり、売上を伸ばすには?を、経営戦略的に、当社はなにをコンセプトにして提供して売上を伸

ばすのか?に視点を変えて考えると、おのずと何をすべきかが見えてくるのではないかとの提案

です。

 

『うちは、何を売っているのか?』『コンセプトは何か?』を、今、考えてみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、当社のコンセプトは『安心の提供です』

 

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却ブログ~任意売却の現場から~今を斬る!

「任意売却リースバックの落とし穴」

皆さんこんにちは。夜になると鈴虫の鳴き声が聞こえてくるようになりました。

 

私の自宅は千葉市内の中規模の公園の目の前にあるのですが、昨日の夜は鈴虫の音がよく聞こえて秋の訪れを実感させてくれている夜でした。それでも日中はまだ真夏ですけどね。

 

 

さて、昨日は当社ホームページの「リースバック」「リースバックスキーム」という検索ワードで150件を超えるアクセスを頂きました。正直、驚きです。

 

それでも、それだけ自宅の売却を銀行に迫られている方が非常に興味を持ってインターネットで検索されているのだと思います。

 

リースバックでの対応を検討されている3組のご相談者からも新規面談のご予約を頂きました。リースバックは延命措置ではない!このブログで何度も私は記述させて頂いております。

 

今でもその考えは変わっておりません。ところが最近、この大きな落とし穴に落ちてしまった後に当社へご相談に来られる方が急増しておりますので、今日はこのリースバックに関して陥りやすい落とし穴についてお話しようと思います。

 

まず一つ目■リースバックをすることは新たに借金をすることの覚悟が必要であること・・・ご親戚の方、又は当社でご紹介する不動産投資会社に買って頂くスキームであることを忘れてはいけません。

 

所有して頂いている期間は毎月の賃料が発生します。まずは、その賃料の支払い原資をどうやって調達するのか?を検討しなければなりません。

 

住宅ローンを滞納当初と何が変わるのか!お身内に協力してもらう(お身内に既に社会人になっている方がいるのであれば可能ですよね。)

 

■1年~3年後にどうやって買い戻すのか?当然にここまで予定を立ててリースバックをするべきです。

 

最近では毎月の賃料支払いを安く設定している業者さんもいるようですが、所有期間は原則3ヶ月~半年が上限にしているなど、リースバックスキームの入口で相談者の将来を完全に無視した対応が目立ちます又そのような方々からのご相談が増えております。

 

将来的な買い戻しのスキームをきちんと提案してくれる業者さんいお任せすることをお勧めします。所有期間は最低でも3年の幅がある買主さんが望ましいです。

 

つまり金銭的に本当に余裕のある買主さん(リースバック協力者)であることを見極める必要があります。

 

■リースバック後の毎月の賃料は決して安くない!事実ですのでここへ書こうと思います。一般的には利回り計算で7%~10%の毎月の賃料支払いで投資家さんとの合意が多く見受けられます。

 

これ以下での利回り賃料であれば、そこは一度疑ってみてください。ボランティア団体でない限りまず、ありえません。

 

■最終的な判断は自分で決断すること!お子さんの学区を変更したくない!周辺のお知り合いと離れたくない!住み慣れた自宅を手放したくない!など自宅の売却となると重要な問題が数多く降りかかってきます。

 

私が非常に怖いなと懸念するのは、無理な賃料を払ってご家族の士気が低下してしまうことです。借金の問題って結局、気持ちなんです。気持ちが低下している状態での事業再生・任意売却の成就は絶対にありません。

 

リースバックでの対応を開始する際には、当社は入念な打ち合わせをご相談者とさせて頂きます。当然に無理のある賃料支払いスキームでは絶対に実施致しません。

 

ご家族の二次破綻を防ぐためです。まあ、ご親戚などにまとまったお金を持ってらっしゃる方がいてすぐにポンと大金を出してくださるような方がいれば、万事うまくいくんですけどね。

 

なかなか現実はそうはいかいものです。そのようなご親戚の方がいらっしゃって九死に一生を得たご相談者は今までの私の経験上、数えるくらいです。

 

くよくよせずに、元気を出して現実を受け止めること!アセットアシストコンサルタント独自のリースバックスキームは9月と10月で4組の方のお手伝いをさせて頂きます。是非、一度ご相談ください。

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

任意売却ブログ~任意売却の現場から~今を斬る!

任意売却の現場から~住宅ローンが払えない!寺子屋塾

「銀行(債権者)への交渉ができない任意売却業者という名の不動産屋さん」

こんにちは。朝晩は、かなり蒸し暑さがなくなってきましたね。このタイミングで利根川水系のダムの貯水率が減少しているとのことで11年ぶりの取水制限が開始されるようですね。

 

暑さ対策の次は節水と我々が住む日本という国は日々の生活を普通に送るために皆が努力しなければいけない素敵な国だなと改めて思います。

 

さて、昨日は昼過ぎに東京都江東区にお住まいのご相談者からお問い合わせを頂きました。ご相談者がおっしゃるには、

 

■8ヶ月ほど前から某事情で住宅ローンを滞納

 

■5ヶ月ほど前からインターネットで見つけた任意売却業者さんへ売却を依頼

 

■しかしながらまったくご案内が入らない状況がずーっと続いている

 

■唯一1件入ったご案内は、不動産業者が購入するための案内だった

 

■9月末で買主さんが現れないようであれば、競売開始決定をすると銀行から通達があったとのこと

深刻ですね。

そのままの勢いで、何か打開策があればお聞きしたいと夜にご来社頂きました。お暑い中、大変お疲れ様でした。

 

ご相談者が来社される前に今現在の相場や流通性を調べてみましたが、明らかに相場を無視した価格設定になっていることに驚きました。

 

私は十数年前に江東区内の不動産業者に勤務していた経験があるので、このマンションはよく知っているつもりです。地域では有名な大規模マンションで、周辺の新築マンションラッシュが原因で単価こそ下がりましたが管理の行き届いている売れ線の中古マンションです。

 

でも何故、相場を無視した価格設定のまま5ヶ月も経過してしまったのか?疑問です。

 

ご来社されたご相談者のお話を詳しくお聞きしているうちに、原因がわかりました。

 

■幾度となく任意売却を担当されている業者さんへ「価格を下げて売却したらどうですか?」と提案はされているみたいですが、担当から返ってくる言葉は「銀行担当者がダメだと言っている」との一点張りだそうです。

こんな銀行担当者は見たことないですけどね。通常は売却を開始して3ヶ月ほど経過すると売出価格の見直しを必ずしてくれます。

 

住宅金融支援機構の住宅ローンの際には期限ごとにきっちりと連絡をしてきてくださいますよ。今回は銀行の住宅ローンですが、銀行担当者も担当によりマチマチです。担当業者の方から積極的に動いていく姿勢は必要不可欠です。

 

とにかく、不安でしょうがないというこのご相談者。売却活動の報告もこの5ヶ月間、まったくしてこないそうです。専任媒介を締結されていますから、所有者への報告義務があるんですけどね・・・

 

当社としては、まずこの業者さんへ一度出向いてでもして今どういった売却活動をしているのかを確認する必要があるとお話させて頂きました。

 

それと、ご相談者にはまず第一に安心を提供しなければならない任意売却業者がご相談者に不安を与えてどうするんだ!という憤りを感じました。

 

一度、マンション買取業者さんのご案内が入ったみたいですが、任意売却物件を右から左に業者さんへ買い取って頂くスキームは今はなかなか通用しません。

 

担当業者がほぼ怠慢状態であることが推測されます。酷い話です。おそらく、債権者である銀行担当者との詳細な売却活動の報告や価格の交渉もやっていないでしょう。これでは競売で落札されるのを待つだけです。怒

 

競売開始決定がされたとしても管轄の裁判所によって幅はありますが、入札期間の開始まで約3ヶ月~6ヶ月は時間があります。

 

任意売却との同時並行で売却活動を実施していくことも殆どの債権者が認めてくださいますとお伝えしました。まずは、担当業者さんへ現状の確認をしてみてくださいと最後にお伝えしてお帰りになられました・・・・・・と言うブログで締めようと思ったのですが、このブログを書いている最中に昨日のご相談者から連絡が入りました。

 

業者さんを訪問して問い詰めたら「減額の交渉はしたけれどもダメだった」「銀行には逆らえません」「どうもすいませんでした」とのことで、支援をお断りしてきたそうです。

 

任意売却業者さんが債権者(銀行)主導の任意売却を手伝ってはいけませんね。

 

絶対に成就しません。明日の予定を大幅に変更して、明日午前10時にご相談者と銀行へ出向くことになりました。腕の見せどころですね!必ず大成就させます。

 

今日はこの辺で。

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

任意売却の現場から~住宅ローンが払えない!寺子屋塾

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却ブログ~任意売却の現場から~今を斬る!

「挨拶ができない社長さん」

こんにちは。まだまだ日中は暑いですけども、朝方と夜は蒸し暑さが和らいできているような気がする今日このごろです。実務的な話が続いておりますので、今日は話題を変えようと思います。

 

先日に古くからの友人が勤務する会社を訪問しました。この友人は勤務先で専務を任されているのですが、会社の資金繰りが非常に苦しい!銀行への返済もギリギリで大変困っているとのことだったので訪問させて頂きました。

 

社員数は全部で35名の中小企業です。友人の頼みもあって、私が会社へ訪問することになりました。2時間ぐらいを目安に社長さんをはじめ、全役員の方々とお話をさせて頂こうと思っておりましたが、オフィスに入った瞬間に私は凍りつきました。

 

遠目に社長さんらしき方をお見受けしましたので、アセットアシストコンサルタントの野呂と申します、本日はどうぞよろしくお願い致します!

 

と大きな声でご挨拶させて頂きました。・・・・・・・・・・・・・・・・何も言葉を返さない先方の社長さん・・・・・・・

 

 

ん?社長さんではないのかな?この方は。いや!オフィスの中で一番大きいデスクに座っているこの方が社長さんに間違いないはずです。

 

横で苦笑を浮かべる私の友人。社長さんは私を無視してデスクの上で何やら作業をされています。そのまま友人に応接へ通され、お茶が出てきました。あの人は社長さんじゃないの?

 

友人への私の問いに、「いや、人見知りするタイプなんだよ」・・・・・おいおいおい!3歳児じゃないいんだぞ!(笑)

 

 

応接に入ってきてからも、終始に渡り上から目線の社長さん。煙ったい感じで私を見ています。月次と日繰の資金繰り表を拝見させて頂きましたが、売上に対して明らかに給与を取りすぎている社長さん。

 

現預金残高も全く安定してません。使途不明な振込もたっぷりです。これが原因か。そりゃコンサルタントなんか入れたくないはず。こんな人間では挨拶なんかできませんし、逆に挨拶もされませんね。

 

ビジネスパーソンとして一番の根幹にある、挨拶。これができないようであれば、ビジネスフィールドには入って来て欲しくないですね。

 

この会社の支援は当然にお断りしました。実力ある専務さん中心に、コミュニティーを展開していくことをご提案させて頂きました。

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

任意売却ブログ~任意売却の現場から~今を斬る!

任意売却 任意売却ブログ リースバック 経営破綻 消費税増税メリット 住宅ローン滞納 住宅ローンが払えない 野呂一哉

任意売却の現場から~野呂社長ブログ~千葉県で住宅ローンが払えない!寺子屋塾

「任意売却の現場から~信念を持って売却活動をしていますか?」

こんにちは。まだまだ暑いですね。それでも空気感は秋に近づいている感はありますが、やっぱり蒸し暑いですね。

 

昨日は昼過ぎに東京都中央区内のご相談者宅を訪問させて頂いて、その後は決済を控えた債権者をご相談者と訪問。夕方からは千葉市内の新規ご相談者の自宅を訪問させて頂きました。なかなかアクティヴな一日でした。

 

 

ちょうど一週間ほど前に当社へお問い合わせ頂いた千葉市内のご相談者。既に競売開始決定はされておりまして、連日に渡り任意売却業者さんからのDMや直接訪問を受けていたようです。

 

経験上、直接訪問する立場での仕事をやったこともあるんですが、これもなかなか大変なものです。私の知り合い業者の社長さんも根っからの任意売却業者さんでして、東京23区を中心に配当要求を閲覧して一件一件訪問して、一人でも多くの方を救いたい!と日々がんばっておられる方がいらっしゃいます。

 

超ベテランの方ですが、専任媒介取得率もかなり高く成約率も非常に高いです。私も見習わなければならないところがたくさんあります。

 

今は不動産の売却活動はインターネットサイトでのご紹介が柱となっています。もちろん当社や当社提携の不動産業者も一緒です。先日にこの社長さんと久々にお食事に行かせて頂く機会がありました。

 

そこでの話ですが、インターネットだけで集客している不動産仲介営業マンは数字が悪いそうです。何故でしょう?私も疑問に思いました。その社長さん曰く、売主様や買主様に熱が伝わらないんだそうです。逆にそう言った営業マンが少なくなってきているともお話いただきました。

 

やっぱり夜通し自分で作ったチラシを刷って自分で歩いて自分で撒く、そして現地で販売会をやって買主さんに必死さと熱を伝えるんだよ!

 

必死に土日の案内のために汗をかく!これをやらなきゃ!なるほど、ふと十数年前に不動産仲介営業をやっていたことを思い出しました。

 

同じようなことを先輩にも言われましたね。この社長さんも元々は某大手不動産会社の本店の所長さんですから、お話されている姿も迫力があります。

 

おかげさまで千葉県内にお住まいの住宅ローン滞納によって自宅の売却を銀行から迫られているご相談者からのお問い合わせも圧倒的に増加しております。私もご相談者と債権者に熱を伝えられるようにまだまだ精進が必要です。今日はこの辺で。

 

任意売却の現場から~野呂社長ブログ~千葉県で住宅ローンが払えない!寺子屋塾

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

任意売却の現場から~野呂社長ブログ~千葉県で住宅ローンが払えない!寺子屋塾

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 事業再生の現場から~安心を手に入れろ!お金なんかに殺させない!~

普段あんまりテレビドラマを見ないのですが、最近気になるテレビ番組で水曜日の10時からやっている『トッカン』というテレビドラマがあります。

 

国税の徴収官が主役のドラマです。昔、『マルサの女』という映画がありましたが、脱税を摘発する痛快さのこの映画と視点が違っていておもしろいです。

 

本当に苦しくて納税できない人に視点を当てたり、弱者に視点をあててドラマ仕立てにしているところに注目しています。

 

納税をきちんとしないことは国民の義務として許される事ではないのですが、税金を払わない事と、払えない事とは大きな違いがあると思っています。

 

事業をしていれば、売上が減少することもあります。また、返品や事故等で、支払いや赤字が発生し、その支払いをしなれば事業が継続出来ないような事態に直面する事もあります。

 

資金繰りが厳しくなる事態は、ちょっとした状況の変化で訪れます。

 

また、中小企業は資産や事業規模が小さい事から、融資を受けるにも困難な事が多々あります。最近では、リスケ(返済条件変更)中で新たな融資が受けられないという状況にある方も多いと思います。

 

そんな中で、税金の納税資金が大きな負担になり、納税通知の期限にまとまった資金が手元に無い何て事は大いに起こりうる事です。

 

特に今注目の消費税は、まとまった納税資金を必要とする場合が多いです。

 

売り上げがたって入金した時に、預かり消費税としてきちんと確保して使わないように管理するのが理想かもしれません。

 

しかし、現実は、資金繰りの中でその対応は無理ではないでしょうか。売り上げが落ちている中であれば、なおさらです。

 

それなら、消費税だけ修正申告するという方法もあるでしょうが、それにしても資金繰りが厳しくなっていれば効果の程がどれくらいあるものか・・・

 

納税はしなければなりませんが、厳しい状況であれば、納税方法は相談に行き。現状を説明して分納にしてもらう交渉をすべきでしょう。

 

資金繰りの厳しさに会社継続を諦めてしまえば、支払わなくて済むとういうメリット以上に、全ての資産を失ったり、生活の糧である収入を途絶えさせる事になってしまいます。

 

諦めないで相談して頂きたいと思います。

 

ドラマの中で主人公の女の子が、夫婦でやっているプラスチック製造加工の中小企業に消費税の滞納を徴収しに行きます。

 

しかし、工場は事業はしているものの受注が殆どない状況です。そんな時に、起死回生の受注があるも、滞納が取引先に知れて、キャンセルさせられてしまいます。

 

思い悩んだ夫婦は、その自宅兼工場で自殺を図ります。

 

そこに主人公の国税徴収官の女の子が来て、自殺を止めて、泣きながら必死で言います。

『お金なんかに殺されないで!何とかなりますから!』

 

しびれました。

 

資金繰りが厳しくて挫けそうになっても、必ず道はあります。その場面では本人では冷静に考えられなくなっていると思います。

だからこそ、私たちが居ます。

 

その対処方法を経験の積み重ねから相談にのり、共に解決に向けて一緒に立ち向かいます。

 

安心を手に入れてください。ご自身の為にも、ご家族の為にも。 私達がお金なんかに殺させません!

 

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

事業再生の現場から~安心を手に入れろ!お金なんかに殺させない!~

任意売却ブログ~任意売却の現場から~今を斬る!

「任意売却ブログ:ご自宅の売却が終わったご相談者の本音」

こんにちは。昨日は久々の雨模様となりました。夜に銀座までご相談者のお店を訪問させて頂きました。先々月にご自宅の売却を終えたご相談者です。

 

任意売却のストレスが無くなったことにより、約1ヶ月ぶりにお会いしましたが非常にお元気でした。ようやく自分の事業に専念できます!

 

8月は売上も良かったし!この言葉は私も本当に嬉しかったです。任意売却については何もかもが初めてのことで毎日不安でした・・・というお言葉も頂きました。

 

当然ですよね、初めてのことですから。ご自宅の売却が終わり、これからこのご相談者が経営されている会社の中身を整理していきます。

 

金融機関対応と弊社専属税理士を介入させた税務コンサルがいよいよ来週から始まります。ここから事業再生の始まりです。

 

まだまだ長いお付き合いになります。昨日、このご相談者の口から出た言葉を私は一生忘れないと思います。

 

「結局、気持ちの問題なんですよね!借金って」

 

 

「もっと早くあなた達に出会ってればなぁ」

 

 

債権者手動の任意売却、事業再生は再生とは言わないことを本ブログでも煩いくらいに申し上げてきました。

 

当然のことです。しかし金融機関への返済はしなければならない、納税もしなければならないですよね?当社もその返済と納税を成就させながら再生していきます。

 

債務者(あなた)主導の事業再生をご提案しているからです。今日はこの辺で。

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

任意売却 任意売却ブログ リースバック 経営破綻 消費税増税メリット 住宅ローン滞納 住宅ローンが払えない 野呂一哉

任意売却ブログ~任意売却の現場から~今を斬る!

任意売却の現場から~野呂社長ブログ~千葉県で住宅ローンが払えない!寺子屋塾

「任意売却の現場から~長年暮らした自宅を手放す時」

みなさん、こんにちは。昨日は千葉県成田市内のご相談者の自宅を訪問しました。来週の火曜日に買主様へお引渡しが決まっており、昨日はお引越しでございました。

 

バブル期には千葉県内に6店舗のコンビニをオープンさせ、時代に乗ってどこまでも・・・・・稼ぎ続けるはずでしたが。競合他社との競り合い、店舗の無差別出店など飽和状態となったコンビニ業界において6店舗の経営は時代に合わなくなったようです。

 

法人名義での債務の対応は落ち着きを見せましたが、バブル絶頂の時代に建築したコンビニ御殿は今や所有し続けるには負担が大きい。成田市内でも高額所得者層が数多く居住されるエリア、見た目はどこも豪邸です。

 

リースバックでのスキームもこれだけの豪邸となると毎月の賃料負担が重荷です。ご自宅を手放す苦汁のご決断をされたのはちょうど2ヶ月前でした。

 

当社でご提案したのはギリギリのラインでのリースバックを断念して、唯一黒字店舗として残ったコンビニの経営に専念していただく事です。

 

法人名義の債務のコンサルタントを当社で担当させて頂きながら、今度は奥様名義でお好きな家を購入することを目標とされてみては?

 

お引越し作業も終盤を迎え、あとはダンボール数個となった時点で奥様がそっと涙を流されておりました。それを見て数回うなずくご相談者ご本人。

 

不本意な売却であること重々承知してはおりますが、この瞬間が私にとって一番切ない瞬間でもあります。けれども無理してリースバックで対応していたら・・・生活費の殆どを賃料負担することになります。

 

これは絶対に避けなければなりません。よくある質問として銀行に控除経費として引越し代が認められるケースが多々あります。一般的には20万円~30万円が相場でしょうか。

 

殆どのケースで次の賃貸物件を借りるための経費は考慮されておりません、あくまでも引越し屋さんへお支払いする料金であり売却した自宅からお引越し先までの荷物の運搬料だけのことです。

 

今までの経験上、引越し先の契約料金までを控除経費として認めて頂いたのは数回です。例えば、ご相談者が高齢で身寄りもなくどうしても介護施設への入居が必要であり、その入居費用を認めてくださったなど特殊なケースもございますが、殆どのケースで認められません。

 

じゃあどなたが負担しなければならないか!それはご相談者本人です。非常に厳しいですね。最近は、条件付きで仲介手数料の中から幾らかをご相談者へお引越し代として渡してくださる業者さんがいらっしゃるとお聞きします。

 

この業界での社会貢献度の高さを認識されている業者さんだと存じます。もちろん、当社も考え方は一緒です。ご自宅の売却でお引越し代を控除経費として承認されなかった場合、当社でも同様の対応をさせて頂いております。

 

ね?仲介手数料目当ての会社じゃこんなことできませんでしょ?

今日はこの辺で。

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png

任意売却の現場から~野呂社長ブログ~千葉県で住宅ローンが払えない!寺子屋塾

「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。