トップ > 個人のお客様 > 住宅ローンでお悩みの方 > 住宅ローン寺子屋塾

住宅ローンの支払いが苦しい!支払い延滞を続けてしまうと・・・

住宅ローンあなたが住宅ローンや不動産担保ローンの返済を延滞し、そのまま何もしないでいると、やがて債権者(借り入れ先)が担保不動産の競売申立てを行うことになります。
競売になれば、自宅はあなたの意志と関係なく売却されてしまいます。一番高く入札した人が購入の権利を得て、売却金額に関係なく代金はすべて借金の返済に充てられます。
最近では一般の方も競売入札に参加する傾向が顕著であり、入札価格も不動産によっては相場価格で落札されるケースも多くなっています。しかしながら、一般的には相場価格より安価な価格ででしか落札されないことが多数を占め、結論として多くの借金を抱えながら自宅を手離さなければなりません。


住宅金融支援機構の住宅ローンが払えない!

    

住宅ローンお気軽にご相談ください・一般の方はご相談無料
■住宅金融支援機構(取扱い窓口となった銀行支店等や委託されている回収会社含む)から督促状や催告書が届いた
■債権管理回収会社から書類が届いた(移行・譲渡・委託など)
■生活することで精一杯、住宅ローン支払いが苦しい
■固定資産税を延滞しており、差押がされてしまった
■マンション管理費等の延滞をしており、気軽に外出ができないなど・・・


競売か任意売却か、どちらを選びますか?

    

競売のデメリットと任意売却のメリット

  • ●新聞やインターネットサイトで情報が公開されるため、隣近所に知られてしまう
    絶対の秘密厳守で対応するのが当社の方針です。 事情を知れらることはありません
  • ●公開された情報を元に不動産業者や投資家が昼夜問わず自宅周辺を徘徊したり、訪問されるケースもあります
    当社が前面に立って対応致しますので、見知らぬ人間の訪問を受けることはありません
  • ●市場価格よりも安く落札されてしまうので自宅を売却した後も多くの債務が残る
    相場価格での売却が見込める一般エンドユーザー様を中心にご紹介させて頂いております
  • ●落札者独断のスケジュールで退去期限を決められてしまうので次のお住まいの選定や引越し準備など時間的に余裕が無い
    売買契約前にお引渡しの時期について、買主様も交えじっくりと打ち合わせさせて頂きます。次のお住まいのことやお引越しも当社でご紹介できます
  • ●ご自宅を手放した後の残債務の返済についての交渉が困難
    任意売却により債権者に対して誠意を見せた結果、交渉次第では残債務の支払いを無理なく返済できる
  • ●お引越しや次のお住まいの選定、お子さんの学校区のことなど心理的な不安が大きい
    次のお住まいを決めてからのお引渡しとなります。新しい生活へ向けて前向きに準備を進めることができます

ご相談からお引渡しまで


お引越し準備の期間は十分とれるように心がけております


相談から引越しまで


     

▲ページトップ

個人のお客様
法人のお客様
緊急告知 住宅ローン リースバック